[第一話 サクラ咲く]

前頁  目次  後頁
No.02 散る櫻花


 春休みの期間中は帰省する生徒が多い。
 けれど帰省は強制ではない為、寮の一つ白梅館十階には、四つの部屋の住人が残っていた。
「爽子さん、無事に幼馴染に再会したかな」
 天気が良いからと、窓に干した布団に寄りかかって懐く。ずるずると下に落ちていきそうな勢いで、紅茶色の髪と目をした大江静夜が呟いた。
「手紙を送りつけてきたのは先方だし。拒否権があるのは爽子さんさ。だったら会えていると考えるのが無難だろ。それより静夜、布団に懐いてんなよ。落ちるぞ」
 ケトルをキッチンで握り締めながら、眼鏡越しに部屋を確認した秦智帆が声を飛ばす。静夜はのんびりと首を振った。
「落ちても、下の窓に着地するから大丈夫じゃないかな」
「冷静に考えれば、建物から弧を描くように落下する場合、下の窓に着地する可能性は低いだろうな。大体窓の隙間なんて、猫ぐらいしか入らないぞ」
 親切なのか馬鹿にしているのか、判別のつけ難い親切さで智帆は説明する。静夜は聞き流して、さらに体重を布団にかけた。
 二人の会話に、背後の引き戸が開く。鋭い顔立ちの大江雄夜が姿を見せて、無愛想な顔つきで腕を組んだ。雄夜は静夜の二卵性双生児の片割れだ。
「静夜、やめろ。冗談抜きにお前なら落ちる」
 驚いた顔で静夜は振り向いた。
「あれ? 雄夜何時からそこに居た?」
「今朝の四時からだ」
「なんだって、そんな時間まで外に?」
「犬の散歩を頼まれた。犬が満足しなかったからずっと走っていた」
「――犬が満足するまで走りまわっていたわけ? 雄夜、それって馬鹿っぽいよ」
「犬は楽しそうだった」
「そりゃあ楽しいと思うよ。確か雄夜が時々犬の散歩を頼まれるのって、老夫婦にだろ? 普段は思いきり走れないもんね。だからって、朝の四時まで行くことないと思うんだけどな」
 肩を竦めて、静夜は反論されて無言で怒る片割れを置いてキッチンへと向かう。
「よしっ! 改心の出来だ!」
 タイミングよく智帆が高揚した声を上げた。
「なに、昼飯完成?」
 尋ねる静夜に、ばっちりと智帆が親指を付きたてる。仕方なしに雄夜もキッチンに出て来てきた。
 騒々しい音が、近くで響く。
「なんでお前が先に入ろうとすんだよ! 俺はお前の為にドアあけたんじゃねぇぞ! 将斗!」
「一々うるさいんだよ、巧! 俺の為にドアを開けるなんて名誉だぞ、名誉!」
「なにが名誉だ。てめぇの為にドアを開けるなんて、一生の不覚って奴だぜ!」
 声変わり前の声が騒いでいる。
 雄夜と智帆は肩を竦めて、玄関側に立っていた静夜に合図した。歩き出して、ダークブラウンの扉に手を掛ける。
「おかえり」
 声は優しいが、同世代の少女達が羨む紅茶色の大きな瞳は剣呑な色をたたえていた。
「最近は、他人の家の玄関で騒いで良いってことになったのかな。ところでそんなに元気が良いなら、一食抜いても元気なんだろうね」
 にこやかな顔で、食事抜きにすると脅迫している。騒いでいた初等部六年生になる野球帽を被った中島巧と、眼鏡を掛けた川中将斗は、慌てて頭を下げた。
「ごめんなさい」
 謝罪の息がぴたりと合う。
 計五名。全て白梅館の住人だ。
 1001号室の秦智帆と、1003号室の大江雄夜、静夜の双子は、四月から高等部二年A組に属する。1010号室の川中将斗、中島巧は従兄弟同士で、六年C組に入る予定の生徒だ。
 様々な理由を付けて帰省していない五名は、長期休暇の度に顔を付き合わせていた。それで年齢は違っていたが興味を持って、今では頻繁に集まるようにしている。
「ねぇ、智帆にぃ。本当にメシ作れてんの?」
「もう腹が減って減って仕方ないんだけど」
 今日の食事当番は秦智帆だ。
 巧と将人は口々に言って、急いで椅子に座る。テーブルの上には、何故か昼飯の代わりに銀色の丸い蓋が乗せられていた。
「今日のは凄いと言っていいだろう。なにせ芸術的と表現して良い食べ物だからな」
 偉そうに解説しながら、智帆は取っ手に指を置く。視線が時折腕時計に向けられていた。雄夜が顎をしゃくる。
「芸術的な食べ物がカップラーメンだったら、俺は智帆を一生軽蔑する」
「……。普段は口数が少ない癖に、言ってくれるな。それに、何故カップラーメンで一生軽蔑されなくちゃいけない。雄夜」
 雄夜を睨みつけた智帆の鼻面の前に、いきなり静夜が指を付きつけて左右に振った。
「雄夜は僕の双子だからね。口数は少なくっても、過激なことを考えているのは保証するよ」
「陰険な双子なんて最悪だ。俺はお前たちの両親に同情するぞ」
「暇しなくて良いって思って欲しいな」
 軽やかな静夜の返事に、智帆はふふんと威張る。
「文句はこれを見てから言え。カップラーメンではない。これは、カップうどんだ!」
 湯気と共に姿を現すカップうどん。
 一同は同時に深い溜息をついた。
「普通のご飯が食べたい」
 欠食児童の中島巧が情けない声を出す。
 長期休暇中は、共同施設の店は休業してしまう。居残りする生徒は、自炊する必要があった。
「文句があるなら食うべからずだ。しかしだ。幾ら男ばかりだからといって、お前ら全員の生活能力が欠乏してなくてもいいのにな」
 お湯を沸かして注いだだけで、生活能力欠乏から智帆本人を除外している。静夜が振り向いた。
「ちゃっかり、自分を除外しないことだよ。それに僕は掃除は得意だよ」
 大江兄弟の家に集まっているのは、この家以外はとても他人が入れるような状態にないからだ。だが静夜の反論に、余裕の表情で智帆は答える。
「料理に恐ろしく時間がかかって実用性がないだろ」
「掃除も出来ない智帆に言われる筋合いないね」
 睨み合う二人を無視して、雄夜は黙々と箸を進めていた。カップラーメンなら一生軽蔑するが、カップうどんなら妥協するらしい。初等部の二人組みも、腹が膨れるならまだマシだと、素直に食べている。
「爽子さん早く帰ってこないかなぁ」
 巧がぼやくので、将斗は万感の思いで肯いた。
 斎藤爽子が1011号室に入居したのは二週間前の事だ。帰省ラッシュの中入居してきた爽子に興味を覚えた五人が、引越しを手伝って以来交流が始まっている。
「ところでさ」
 インスタント食品が苦手な静夜は、智帆に謝ってから朝食用のコーンフレークを突ついている。
「なんだ?」
「桜が満開になっているんだよね」
「桜の開花はまだ先だ」
 双子の片割れはカップうどんに集中していて、身も蓋もない返答をする。整った顔に憤りを添え、静夜は雄夜の顔を無理矢理窓の方角に向けた。
「常識を聞いているわけじゃないよ、雄夜。眼を開いて、ちゃんと見れば良い」
 ――桜が舞う。
「なんだと? 俺が帰ってきた時には開花していなかった」
「僕がさっき外を見ているときも、咲いていなかったよ」
 厳しく呟いて、静夜は立ちあがった。智帆はゆっくりと腕時計を確認する。
「爽子さんが幼馴染と待ち合わせした時間、十二時だと言っていたよな?」
「そうそう。だから爽子姉ちゃん、今日は昼作れないって言ったんだ」
 川中将斗が、テーブルの上のロールパンを勝手に食べながら答える。従兄弟の行動を睨んで、巧は首を傾げた。
「確か、幼馴染が早く着くかもしれないからって、待ち合わせより一時間早く行くって言ってたよ」
 子供たちの言葉に、静夜が紙にペンを走らせる。
「爽子さんが家を出たのが十一時。約束は十二時ごろ。僕が外を見ていたのが、十二時を少し過ぎたころだった」
「十二時二分だな。俺が最高芸術品であるカップうどんを作るべく、貴重な三分を計り始めたのは正午になると同時だった。完成するちょっと前に、キッチン来ていただろ?」
 やけに細かい智帆の言葉を、静夜は紙に書き加えて更に尋ねる。
「巧と将斗が家を出たのは?」
「十二時過ぎたなーと思ったから廊下に出たよ。でも細かい時間なんて覚えてねぇ。将斗は?」
「忘れた」
 面目なさそうな中島巧と、川中将斗の頭に、雄夜がいきなり両手を置いた。
「智帆が異常なんだ。気にするな」
 異常呼ばわりされて、智帆は反論せずに苦笑した。静夜は話しの腰を折るんじゃないと、双子の片割れを睨む。
「智帆、僕が二度目に外を見た時間は?」
「十二時十五分」
「じゃあ一番確実なのは、十二時二分から十二時十五分までの十三分間に桜は満開になったって事になる」
 達筆な字で、最後に紙に時間を記した。
 十三分。
 この僅かな時間に、次々と開花する桜。
「異常か?」
 立ちあがって、出かける素振りを見せる静夜に雄夜が尋ねる。
「これが異常って言葉で表現しちゃいけなかったら、なんて言うべきだろう」
「分かった」
 短く答えると、雄夜は先に玄関に向かった。
 初等部組は、雄夜をひどく気に入っている。自然に立ちあがり、巧と将斗も玄関に急ぐ。一人行動を起こしてない智帆が、部屋の窓に取りついて厳しい顔をしていた。
 静夜は智帆の態度を訝しがりもせず、紅茶色の眼を細める。
「智帆、風は?」
「止まっている」
 首を振り答え、智帆も尋ねる。
「水は?」
「怯えているみたいだよ」
 廊下を走る雄夜達の足音が響き、すぐに消えた。極端に人が減った白梅館が、簡単に静寂に支配されるのを二人は思い出す。
「――炎だ」
 智帆が鋭く呟く。
「炎じゃなければいいけどね」
 静夜はゆるやかに首を振った。



 桜が散る。
 狂おしいまでの鮮やかさで、桜は散る。
「夢なの」
 娘がうっとりと呟いた。
 唇に、偽者の赤を引こうとしている。小指の先で貝殻につめた紅を取って、唇の輪郭線よりも大きく引く。
 ひどく、不安定なあでやかさ。
 少女の唇に、大人の紅が乗る。
「全てを今のままに留めるの」
 楽しいと笑って、少女はくるくると緋色の裳裾を風に揺らせて舞う。
 風に散る花びらのように。
「誰かに分かるかしら? この美しさが。誰かが理解できるかしら。この崇高さが」
 桜の花びらがしきつめる、足元は白。
「染めるの。白い花びらを、赤く染め上げるの。時が人を醜くする前に。時が人を不透明にしてしまう前に」
 娘は舞う。
「この手で、この刃で」
 一部分だけ艶かしい、紅を差した唇で娘は呟く。
「殺してあげる」

前頁  目次  後頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.