[第一話 サクラ咲く]

前頁  目次  後頁
No.03 散る櫻花


 持参した書類を学生課の課員に渡した。お待ち下さいと告げられて、久樹はカウンターに肘を付いて待つ。こげ茶の髪が目にかかって、乱暴にかき上げた。
 学園が長期休暇に入れば、学生課の仕事は軽減する。窓の奥に並ぶ席は、三分の一程度も埋まっていなかった。
 襟足に冷たさが触れる。
 春とは名ばかりの冷たい外気が流れ込んできたのだろう。久樹は視線を巡らせ、開いている窓を探す。
 学生課の窓は、採光と景観を重視して作られていた。アルミサッシの窓枠に嵌め込んだガラスを、サドルを回転させて開閉する。だが、窓は全てぴたりと閉まったままだった。
「空調か?」
 外気が原因でないなら冷房が原因だと単純に考え、空調機に向かって手をかざす。指先に触れた穏やかな空気の流れ。そこに冷たさはない。
「はて?」
 冷たさは気のせいだったのだろうか。久樹は首を傾げ、意見を求めたくなって幼馴染の姿を探す。斎藤爽子は課員が出入り口として使う扉の前で、知り合いらしい女性と会話をしていた。
「織田さん、この受領書にサインをして下さい」
 声が耳を打つ。久樹は我に返り、差し出された受領書にペンを走らせた。
「これでいいで――っ?」
 確認の為に口にした言葉を飲み込む。
 強烈な悪寒が走った。肌が粟立ち、全身の筋肉が緊張に強張る。
 体に走った異変を久樹が完全に理解するより早く、視界が白く塗り潰された。貧血で意識を失う寸前に似ている。
 ――桜が散る。
 白くなった視界で、桜が散る。
 足が震えた。バランスが崩れて床に膝から落ちる。けたたましい音が響いて、窓口の課員が「織田さん!?」と叫んだ。
 呼ばれる名前が部屋を反響する。
 久樹の耳の中で、音は耳鳴りになった。ひどく不愉快な音。内からの音には効果がないのに耳を塞ぐ。――まだ、網膜で桜が散っていた。
「久樹!」
 織田久樹の突然の異変に、斎藤爽子は声を上げて駆け寄る。歯を打ち鳴らす久樹の肩に手を置いた。
「そ、うこ」
 温もりが流れ込んでくると、内側から響く耳鳴りが僅かに静まる。
 ワラにも縋る思いで、久樹は七分袖のブラウスから覗く爽子の腕を力任せに掴んだ。久樹の心の中に、またか、と思う気持ちがはっきりと生まれる。
 突然の寒気、耳鳴り、意識が白濁していく感覚。全ては未経験の出来事ではない。
「久樹、しっかりして!」
 緊張した爽子の声が、耳鳴りを押しのけて響く。
 押さえつけた腕の下で、爽子の血管が激しく脈打っているのを久樹は感じた。生きている証であり、現実がそこにあることを伝えてくれる鼓動。
「斎藤さん、彼は大丈夫?」
 先程まで爽子と会話をしていた、学生課員の本多里奈が尋ねて来る。今年白鳳学園大学部を卒業したばかりの若い女性で、学園に就職することが決まっている。
「大丈夫です。昔から、貧血を起こすことがあって。何時ものことですから、気にしないで下さい」
 爽子は厳しい声で答えて、矢継ぎ早に言葉を続ける。里奈に質問する隙を与えたくなかった。
「本多さん。すみませんが、彼の生徒証明カードを取ってくれませんか? このまま部屋で休ませようと思いますから」
「え、ええ。良いけれど。でも、一人で大丈夫なの?」
 里奈が爽子と会話するようになって二年になる。今迄、こんな態度を取られたことはなかった為に混乱していた。爽子は理奈に対して心の中で謝りながらも、態度は改めない。
 ――知っていた。
 久樹は体の変調を”またか”と考えた。爽子は彼が過去に変調を来たした事を思い出す。
 変調の原因は病気ではない。
 子供の頃から、久樹は突如寒気を訴えたり、高熱を発したり、白目を剥いて意識を失ってしまうことがしばしばあった。
 当然心配する周囲は、久樹を病院に運んだ。山のような検査が行われたが、異常は一つも発見されなかったのだ。困った医者は、ストレスを与えてくる外因から、変調を来たすことで拒絶しているのだろうと告げた。
 おかげで、久樹は親以外の大人達に”大袈裟な子供”というレッテルを貼られてしまった。近所の子供たちは、久樹を嘘吐きだと面白がって罵倒する。
 爽子はそれが悔しくて、罵倒してくる相手に何時も泣きながら食って掛かったものだった。
「久樹の心が弱いんじゃない」
 爽子は何度もそう言った。なにか原因があるのだと、信じている。
 少しだけ原因が見つかりにくくて、発見出来ないでいるだけなのだ。絶対に。
 だから爽子は、久樹の変調について尋ねられるのが嫌いになった。
「具合がこのまま悪くなるようでしたら、保健医の大江先生にお願いして来て貰いますから。大丈夫です」
 更に厳しく言い切って、爽子は久樹に「行こう」と声を掛ける。意識は保っている久樹は、幼馴染の助けを借りて立ち上がった。
 理奈が慌てて、織田久樹の生徒証明カードを爽子に手渡す。
「すみません」
 爽子は丁寧に礼を述べて、学生課の外に出る。廊下を右に進めば、すぐに屋外だ。
「久樹、寒い?」
「……大丈夫だよ」
 爽子の言葉に、久樹は低く答えた。
 久樹は自分自身に呆れていた。精神的なものが原因だと説明された変調が、再び起きたことが情けなくて仕方ない。
「久樹のせいなんかじゃないんだから!」
 爽子は怒った声で言った。久樹を座らせようと思って桜並木の方角を見やる。ベンチが置いてあるからなのだが、そこに見慣れた人影が二つ座っていた。
 白梅館の同じ階の住人であり、親しくしている少年達だ。ココアブラウンの髪に垂れ眼で眼鏡をかけた秦智帆と、紅茶色の髪と眼をした女の子のような顔の大江静夜。
「爽子さん」
 進路を変えようとしたが、先に智帆に気づかれた。軽く手を挙げて名前を呼んでくる。静夜も長袖のブラウスの中に手を引っ込めたまま、細い缶を持った状態で顔をあげた。
「智帆君、静夜君」
 脱兎のごとく逃げ出すのは、最早不可能だった。爽子は仕方なしに返事をする。
 学生課員の本多理奈は、言葉を畳み掛ければ圧倒されるタイプだが、智帆と静夜は違う。二人とも知りたいことがあれば、強引な態度で尋ねてくる。少々厄介だ。
 選りによって二人に出くわすなんて、と心で愚痴る爽子の気持ちも知らずに、智帆が歩み寄って来た。
「その人が爽子さんの幼馴染? 女の人なのかと思ってたら、男だったんだ。こりゃあ巧が荒れるな」
 ふむ、と顎を撫でながら智帆が呟く。初等部組の片割れ、中島巧が爽子に恋していることを智帆は知っている。久樹を見れば、かなり騒ぎ立てるだろう。
 爽子に支えられながら立っている久樹は、幼馴染に親しげに話し掛ける少年達に視線を向けた。視線に気づいた静夜が、逆に久樹を観察し返す。
「なんかその人、寝不足っぽいね。やっぱり、人は十時には寝ないと駄目だと思うよ。ちゃんと寝てないから、どこでも構わず居眠りしたくなるんだよ」
 頓狂なことを静夜が言い出す。笑いを殺して智帆が肩を竦めた。
「静夜。この世の中、十時に寝る高校男児なんてお前しかいないぞ。巧と将斗だって十一時までは起きている。大体、そんな時間に寝たらネットに繋ぐことも出来ない」
「いいんだよ、僕はあんまり興味がないから」
「アナログ派だよな、静夜って。結構使えるくせに、非合理的だ」
「僕は朝に本を読むのが好きなんだよ」
 子供のように唇を尖らせて静夜が答える。
 斉藤爽子と織田久樹の存在を無視した態度だが、ベンチに座り直そうとはしなかった。ようするに好意で座れと態度で示している。爽子は久樹を促してベンチに座った。どうせ逃げられないのなら、好意は受け取っておいたほうが得策だ。
 久樹はベンチに座れてようやく人心地付いた。落着けば、幼馴染に肩を支えられているのが気恥ずかしくなって、「もう大丈夫だ」とぶっきらぼうに言い放つ。襲い掛かって来た変調は、ようやく回復の兆しが見えた。
 久樹と爽子の二人を見て、くすりと大江静夜が笑う。
「そうだ。良かったら、これ飲みませんか?」
 袖に隠した指で熱そうに持っていた、細い缶を久樹の前に差し出した。銘柄がコーヒーだったので、爽子が驚く。
「静夜君、コーヒー苦手なんじゃなかった? それに真冬でも冷たいのしか飲まないって言っていた気が」
「それがね、爽子さん。さっき自販機で確かにアイスの紅茶を押したのに、出てきたのはそれだったんだ。文句を言いたかったけれど、店は閉まってるし。捨てるわけにもいかないから、持っていたんだ」
 心底拗ねた声で静夜が言う。智帆がからりと笑った。
「だから機嫌が悪いんだよ、こいつ。だから遠慮無く貰ってくれたほうが助かるわけ。俺もあんまりコーヒー好きじゃないし」
「雄夜がいればね、渡すんだけど」
「出かけてて、いないしな」
 智帆と静夜は、また二人で話し始める。
 久樹は少年達が年上の爽子に対して敬語を使わないので、不愉快な表情を浮かべた。爽子が敏感に気づいて、首を横に振る。
「私が敬語をやめてって願い倒したのよ。なんかこう、敬語使われるのがむず痒くって。中々止めてくれなくって、苦労したの」
 言外に、敬語について反応するのは止めてくれと爽子が願う。
 久樹はより不機嫌になった。
「こいつらと、仲いいのか?」
「そうね、仲はいいわよ。引っ越し手伝ってくれて、助かっちゃったし。久樹の部屋の引越しも、手伝ってってお願いしてあるわ。他にも居るから、後でまとめて自己紹介しちゃおうね」
「引越しなんて、自分一人でやるさ」
 面白くなさそうな声で久樹が否定する。何いってるのよと爽子は苦笑した。
「人数は多いほうがはかどるじゃない。第一」
 悪戯な眼差しを、爽子は顔色が普段の色に戻ってきた久樹に向ける。
「弟みたいなものよ、みんな」
 爽子の瞳は、やたらと楽しそうだった。久樹は手玉に取られた気持ちになって鼻白んでから「まあ、いいか」と言った。
 ――風が吹く。
 ごう、と音を立てて、小さな竜巻が路上に生まれた。
 桜の花びらを舞い上げて、空に舞い散る。立っている二人の足元を掠め、座っている二人の首筋を掠め、天へと昇った。
 一枚、可憐な花びらが織田久樹の頭の上に残る。
「花びらが」
 大江静夜が気づいて、ごく自然な仕種で花びらを払おうと指を伸ばす。白い指先がこげ茶の髪に触れた瞬間、火花が生じた。追いかけて鋭い音が響く。
「――てぇ!」
 目を見開いて、久樹が額を押えてのけぞった。
 大江静夜は手を引っ込め、息を呑む。
「――今の……」
 掴んだ場所が白くなるほど強く、指先を押える。紅茶の瞳に鋭さが宿っていた。智帆が静夜の変化に敏感に気づいて、友人を自分の背後に押しやって二人の視線から隠す。
 爽子は少年達の動きは見落として、のけぞった久樹の額に手を伸ばした。
「今の静電気、凄い音がしたわ」
 痛かった?と首を傾げて尋ねる幼馴染に、当たり前だと久樹が声を荒げる。
 二人が単純に驚いていることを確認して、智帆は静夜に視線をやった。
「静夜、今の」
「――智帆、間違いないかもしれない」
 そっと答えて、指先を視線の高さまで持ち上げる。
 白かった指先が、熟れた果実のように真っ赤になっていた。皮膚の上に水泡が生まれ、破れた箇所からは血が流れている。間違いない。火傷だ。
 桜がひらひらと舞い下りる。
 風は流れていない。けれど、空を舞う桜の花びらは、すべて織田久樹と斉藤爽子の二人の側へと集まって行く。
「……炎」
 少年達に走る緊張に気づかずに、久樹と爽子は他愛ない会話を続けていた。
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.