[第一話 サクラ咲く]

前頁  目次  後頁
No.04 散る櫻花


 風に運ばれた桜の花びらが目の前をかすめた。
「奇妙だ」
 走っていた足を大江雄夜は急に止める。漆黒の瞳が、端が黒ずんで変色した花びらを見つけていた。落ちてきた元を探して空を見上げる。
 桜が満開だ。二週間後に咲くと予報されている桜。――狂い咲きの桜は、美しさよりも肌を泡立たせる薄ら寒さを人に与える。
「炎?」
 細く白い煙が、空をたなびいている。
 注視していると、美しく咲いていた一枚の花びらが突如変色を始めた。白い煙が生まれ、細く空に持ちあがっていく。燃えているのだ。火は確認出来ない。だが、桜の花びらは一枚ずつ燃やされていた。
 ひどく奇妙だ。
「雄夜にぃっ!」
 遅れて校門を飛び出した中島巧と川中将斗が声を上げる。雄夜は子供らをちらりと確認してから、無言のまま再び歩き出した。
 将斗が慌てて後を追う。巧は足を止めて、雄夜が見ていたものを確認した。
 足元を敷き詰める桜の花びらと、空を埋め尽くす花びら。そして、空に首をもたげている白く細い煙。
「燃えてる?」
 巧が視線を戻すと、大江雄夜が白鳳学園駅へと向かっていく後姿が見えた。煙がどこまで続くのか、確認しているのかもしれない。巧は追うべきかを悩んでから、雄夜とは逆の方向に走り出した。
 一部が燃えてしまった花びらは、道路の上を点点と続いている。飛び出してきたばかりの校門に辿りついて、巧はぴたりと足を止めた。
 桜の花びらが途切れている。
 校門の中を見ると、一部が燃えてしまった桜の花びらが続いていた。
「花びらを燃やしている、何かが曲がった?」
 燃やすといえば火だ。けれど、巧は今まで火は知覚していない。校門の中の桜にも、火がついている様子はなかった。
 見えない火が、道を曲がったのだろうか?
「あれ?」
 地面と、校門の中の桜を見つめ続けて疲れた首を、二・三度ばかり左右に傾ける。
「満開、だから変な桜。咲いていないのが正常なんだよな? あれ、じゃあ、あっちが正常?」
 ぽかんと口をあける。
 白梅館から共同施設である白鳳館に出て、中央通路を通って校門まで来た。その間の桜は全て満開だったので、白鳳学園内の桜は全部開花したと思っていた。
 だが、考えを改める必要があった。
 ――咲いていない。
 白鳳学園を出て、駅に向かう側の桜は開花しているが、逆方向の桜は蕾のままで、一つも咲いてい。
 巧は大きく深呼吸をし、野球帽のつばを直した。小さくなった雄夜と従兄弟の川中将斗の背に向かって「雄夜にぃ! 将斗っ!」と大声を出す。
 ダッシュで走り出した。
 変だ。変過ぎる。
 何かが凄く――奇妙だ。
「桜、あっちの桜が咲いてねぇよ!」
 巧の大声が届いて、雄夜は振り返った。走ってくる小さな姿に肯き、片手を上げる。
 そちらに行くから、止まっていろという合図だ。傍らの将斗は空を見上げていた顔を動かして、雄夜を見る。
 中島巧は、駅側でない通路の桜は咲いていないと言った。駅に続く方角の満開の桜は、学園の塀が終わったところで終わっている。
「なあなあ、雄夜兄ちゃん。桜、ここで終わってるぞ」
「ここから先は、イチョウ並木だ」
「そっか。あれってイチョウなんだ。もしあれが桜だったら、咲いてたのかな?」
「知らん」
 無愛想に答える。
 将斗を邪険にしているのではなく、彼は何も考察していなかった。得た情報を検討するのは、双子の片割れか智帆がやるべきだと雄夜は考えている。
「他の場所の桜は咲いているのかどうか」
 詳細な開花情報は必要だろう。財布の中から、掌にすっぽりと入る程度の朱糸で飾られた札を取り出す。
 そのまま、徐に右手を目の高さまで持ち上げた。
「あっ! あ!!」
 遠くで、巧が大きく声を上げた。待ってろと言われたくせに、慌てて駆け寄ってくる。眼鏡の下の将斗の目が、興奮にきらきらと輝いた。
 持ちあげた右手から、ゆうるりと光りが膨れ上がる。次第に光りは赤みを帯び、質感を得て、大江雄夜の手の上に影が落ちた。重い何かが持ち上げられ、空を掻く気配。風が揺らぐ。
「朱花」
 ――ここに。
 可聴音ではない返事。直接脳に響いてきた意志を、受け手が声として認識しているのだ。
「伏巳区の中で、桜が咲いている個所がないか確認してこい」
 ――畏まりました。
 再び空を力強く掻く気配がして、ばさりと音がする。
 薄い影が地面に落ちる。青を敷き詰めた空の下に、真紅の色彩が現われる。鳥。太陽光を受けながら、燦然と輝く炎をまとう鳥だ。
 炎の朱花。
 それが飛び去る鳥の名前だった。
 式神は、大江雄夜が誕生した時から傍らにあった。合計四つで、それぞれ名を炎の朱花、風の白花、大地の橙花、水の蒼花という。実体を持たぬが、確かに側にあり続けたのだ。
 雄夜が成長してから、それらは小さな札に姿を変えて眠るようになった。命じられた時にだけ姿を現し、使役される。
 陰陽道に出てくる式神に似ていると、雄夜は勝手に思った。だから四つの存在をまとめて式神と呼んでいる。
 雄夜が式神の存在を疑った事はない。
 眼に見えているものを否定することは出来なかった。けれどある日、雄夜は式神が殆どの人間には見えないことに気づいた。
 両親は式神に語りかける雄夜を、一人芝居をしていると思っていた。友人たちは独り言が多い奴だと認識していた。
 式神を誰も認識しない環境におかれて、幻覚かと思わずに済んだのは、静夜のおかげだった。双子の片割れの目には、式神が見えたのだ。
 舗装された道路を、勢いよく運動靴で蹴りながら走って、中島巧が声を張り上げる。
「ずるいぞ!! 雄夜にぃ、なんだって俺には見えなくて、将斗には見えるところで朱花を出すんだよ! 俺だって見たいのに!」
 巧の声は心底悔しげだ。
 逆に川中将斗は、満足した顔で朱花が消えていった空を見上げている。
「綺麗だよなー、朱花。一度頭撫でてみたい」
「火傷するぞ」
 雄夜の拒絶の言葉は、将斗の耳に届いていない。
 中島巧と川中将斗は動物が大好きで、ペットを飼っている他人が羨ましくて仕方がない。だから散歩中の犬がいれば見つめて、闊歩する猫には手を伸ばして声をかけたりする。
 大江雄夜の式神は、鳥、狼、猫、竜の形をしている。
 二人が喜ばないわけがなかった。
 それは、以前どうせ誰も見えないと思って雄夜が出していた式神を、巧と将斗が目撃し、大歓声を上げた時から変わっていなかった。
 中島巧と川中将斗には朱花が見える。歓声をあげた子供達の側で、あの時智帆も「派手な鳥」と呟いたのだ。
 二人にしか見えていなかったものが、いきなり五人に見えるものとなった。この一件も手伝って、五人は仲良くなっていった。
「戻る」
 無愛想に告げて、雄夜は将斗の腕を掴んで歩き出した。地団太を踏んで悔しがっている巧の隣までくると、子供の背を軽く押す。
「桜、か」
 白鳳学園内のある一定の場所でしか、開花していない可能性を、ぼんやりと雄夜は考えていた。
 
 
 少し冷めた珈琲は舌に優しい。口腔内に広がる苦みが、意識にかかった白い靄を打ち消す気がした。
「もう大丈夫なの?」
 爽子が久樹の顔を覗き込む。心配そうな幼馴染に、悪ガキのような笑みを向けて久樹はベンチから立ち上がった。
「大丈夫だよ。そろそろ、部屋でも拝みに行くとするかな」
 随分と気楽な言葉だ。爽子は心配をかけさせたくせにと悪態を付く。スカートを軽くはたいて立ち上がった。
「智帆君、静夜君、私たち白梅館に行くわ。……あら?」
 二人の少年は、声を低めてこそこそと話しをしていた。爽子の知る二人は、知人の目の前であからさまに内緒話をするような人間ではない。少し奇妙だ。
「どうかしたの?」
「いや、特になんでもないよ。爽子さん」
 爽子の問いを、智帆は白々しい声でかわす。何故か体を爽子の方に一歩進めて、大江静夜を自分の背に隠れるようにした。
「なんでもないって感じじゃないんだけど?」
「あれ? 爽子さん、俺らの会話が気になるわけだ?」
 意地の悪い表情を智帆が作る。一歩下がった位置で、静夜が微笑んだ。爽子は二人の態度が癇に障って、少年たちを睨みつける。
「ねえ、二人とも」
 挑戦的な声。何を言い出すのかな、と興味津々の態で少年達は爽子を見守る。
「そういう風にしてると、まるで恋人同士ね。静夜くんって、ちょっと柔らかい表情をすると、女の子にしか見えなくなるもの」
 突然の切り口に、静夜が軽く眼を見張った。
「あれ、そう来る? 大丈夫だよ、爽子さん。だって女の子に見えるからといって、いつの間にか本物の女の子になってたなんて話しは聞いたことがないしね」
 笑顔のままで少年は答えた。智帆は眼鏡の位置を直しながら首を振る。
「第一、恋人同士に見えるって点なら俺らより爽子さん達に軍配が上がるよ。なにせ、恋人を通り越して、夫婦に見える程だものな」
「ふ、夫婦!?」
 爽子は赤くなって言葉を失った。
 傍観していた織田久樹は、口喧嘩で無敵を誇っていた爽子がやり込められる姿に、感嘆していた。
「お前ら凄いな。爽子をやり込めるなんて」
 久樹の言葉に、それってどういう意味よと爽子が小声で文句をつける。返事をせずに、久樹は体の向きを変えて、少年達の前に立った。
 智帆が肩をすくめる。
「お褒めに預かり光栄至極。そうそう、引っ越しは後で手伝いますけど、先に俺らだけでも自己紹介しておくとしますか。俺は秦智帆。こいつが、女顔は気にしないけど身長は気にして毎日牛乳飲んでる大江静夜」
「そっちは「目がどんどん良くなる」とか「一週間で近眼とさようなら」とかの題名の本を買い込んでる秦智帆」
 目が笑っていない偽者の笑顔で少年達が口々に言う。久樹は可笑しくなって笑い出した。
「なんか面白い奴らだな。俺は織田久樹。爽子とは生まれた時からの幼馴染だよ。そうそう、俺のことは久樹って呼んでくれ。織田さんって呼ばれると、背中がむずがゆくなる」
「じゃあ、久樹さんって呼ぼうかな」
 静夜が困った声で呟く。
「それも照れるよな。まあ好きにしてくれていいけど。俺はどう呼べばいい?」
「みんな名前で呼ぶんで。静夜とか智帆って呼び捨てにして下さい」
「分かった。で、一つ質問があるんだけどいいか?」
 改まった久樹の質問に、二人は肯いた。
「牛乳と本の効果の程は?」
 ニヤリと笑って久樹が問う。智帆と静夜が凍りついた。
「――それは」
「えっと」
 言葉が詰まっている。反撃可能ポイントに気付いて、爽子は威勢良く背筋をピンと張った。
「効果は出てないって、雄夜君が言ってたわよ」
「雄夜の奴。自分がちょっと背が高くて視力もいいままだからって」
 拗ねた声で言って、静夜はくるりと久樹と爽子に背を向ける。子供っぽい態度が可愛く思えて、身長はまだ伸びる可能性もあるよと爽子が慰めた。智帆はコンタクトは苦手なんだよなぁと天を仰ぐ。
 久樹は握手を求めて手を伸ばした。
「改めて、よろしくな」
 智帆は笑顔で答えて、伸ばされた手を握る。背を向けていた静夜は顔だけ振り向かせて、肯いた。
「じゃあ、私達は白梅館に戻ってるわ。あとで引越しの手伝い、お願いね」
 爽子が両手で拝む。
「了解。俺らちょっと用事があるんで、また後で」
 智帆はひらりと手を上げて、静夜と二人で白鳳館へと歩いていった。久樹はしばらく、先刻まで自分たちが居た建物に消えていく少年達の背を見送る。
「そういえばな、爽子。あの静電気、痛かったの俺だけじゃなかったかもな」
「どうして、久樹?」
「あの後ずっと、静夜の方は手を隠してだろ?」
「そうだった?」
 首を傾げた爽子の額を、久樹が軽く小突く。それ程の問題でもないかと呟いて、歩き出して足を止めた。
 レンガ調の歩道に、色が落ちている。
「なんだ?」
 ――ぽたぽたと落ちていた赤黒い染み。
「どうしたの?」
「そこ、赤くないか?」
 久樹の言葉に、爽子はまばたきをした。
「本当ね。絵の具かしら?」
「いや」
 久樹は赤黒い染みに、絵の具ではないモノを連想をした。けれどその想像は不吉な気がして、口をつぐむ。
 ――血に見えた。
 不吉な想像を消す為に、強く首を振る。
 咲き誇った桜の散り花が、雨のように二人の体に降り注ぐ。一枚、二枚。そして花びらは、道の上に落ちた赤黒い染みを埋め尽くして――消した。

竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.