[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.01 舞姫


 共同施設である白鳳館に入る扉を、慌てた仕草で秦智帆が開けた。長期休暇期間は自動ドアの電源は落とされている。扉は手で開ける必要があった。
 建物の中は、織田久樹と斎藤爽子から全く見えなくなる。静夜は中に入るとすぐに、廊下にうずくまった。左手を眼の高さにあげる。
 火傷をした個所は火ぶくれし、皮膚の色が変色していた。痛みから火傷が軽くないと思っていたが、想像以上の怪我の有り様に静夜は悲痛な声を漏らす。
「……いっつぅーー…」
 呻き声に近いそれに、智帆は友人を見下ろした。
「なんだ、本当は無茶苦茶痛かったのかよ」
 静夜の返事はない。気にせずに言葉を続ける。
「やせ我慢もそこまで行くと特技だぞ。今後は、特技欄に書いとけよ」
 言葉は冷たいのだが、表情は気遣わしげだった。智帆は静夜の隣に膝を付き、掲げるようにしている手に視線を流す。火ぶくれした箇所が破れて、血と透明な液体が流れ出ていた。なんとなく、自分の手も痛くなった気がして智帆は指をさする。
「静夜、康太先生ここに呼ぶか?」
「いいよ。自分で歩いて行ける」
 康太とは、白鳳学園の保健医をまとめる統括養護教師の名前だ。
「智帆、康太兄さん呼ぶより雄夜を呼んどいてくれないかな。炎、決定みたいだし」
 痛みを耐える静夜の表情に、懸念する色が加わった。智帆が目をすがめる。
「やっぱりそれが答えになるんだろうな」
「炎じゃなければいいって思った。でもそう考えないと、僕に対してあそこまでの反応が出た理由が分からなくなってしまう。炎と対極に位置し、敵対反応を示される対象。それが僕だし」
 織田久樹に触れようとした瞬間、痛みが双方に走ったのだ。反発しあうかのように。久樹は軽い痛みで済んだが、静夜は火傷を負った。爽子が口にした静電気で説明出来ることではないだろう。
 智帆は携帯電話を取り出し、短縮ダイヤルを押した。スリーコール以内に大江雄夜が出る。白鳳館の保健室に来てくれと告げ、短い言葉をやりとりをして切った。
「すぐ来るってさ。そうだ。静夜、雄夜が火傷は冷やしてるのかって聞いてたぞ」
 携帯電話を戻しながら智帆が伝える。静夜は突然、気分を害した表情を浮かべた。
「なぁ、智帆。双子ってさ、兄とか弟とかの区分っていらないと思わない?」
「はあ? いきなり何言い出すんだよ」
「いいから。どう思う?」
 意外と真剣な友人の表情に、智帆は改まった表情で思案する。
「双子は生まれた日が一緒だからな。兄と弟とを線引きするのは、年月の違いによって成長の差が発生するからだろう。ならば成長の差がない双子を、兄だの弟だのと区別する必要はないんじゃないか」
「僕もそう思っているんだけどね」
 吐息交じりに呟いて、立ち上がる支えを求めて右手を壁に置いた。智帆が気付いて差し伸べた手を素直に取る。
「周囲はさ、やけに気にするんだよね。どっちが兄で、どっちが弟なのかって。兄や姉は、弟や妹を守るものだって決めつけているからかもしれない」
「なぁるほど。雄夜が結構兄貴風吹かせることがあるから、静夜は面白くないわけだ」
 大江静夜は、他者に庇護欲を持たせるような容姿をしている。可憐と形容して良いだろう。だが、可憐でか弱くみえるのは容姿だけだ。静夜の人間としての強さを充分理解している智帆は、彼を守ろうと思ったことが一度もない。
 けれど双子である雄夜が、静夜を弟として守ろうとするのだ。
「後で雄夜に、火傷の心配なんて一々されたくないって言っとけよ。それにしても、弟扱いされるのってそんなに嫌なものか?」
「嫌だよ」
 静夜は即答した。
「双子として折角生まれてきたのにさ。兄とか弟とか区別されて、保護なんてされていたくない。どうせなら対等で居たいって思うのは、変かな?」
「変ってことはないだろうけどな」
 双子も色々と大変だなと呟いて、智帆は取った友人の手を引っ張り上げた。身長差がある為、幾分か下にある静夜の眼を見やる。
「火傷を冷やしたのか、という心配は余計だってのは事実だろうな。水でどうにか出来ることを、静夜がやってないわけがない」
 意味深な智帆の言葉に、静夜は薄く笑った。そろそろと火傷を負った左手を持ち上げる。
 二人の視線がぶつかる指先の位置で、青い色彩が揺れていた。智帆は戯れに手を伸ばし、青く揺れる個所に触れた。
 すぐに冷たさが指先を包み、離すと、肌を伝って水が落ちて行く。
 青い色彩は、水の塊だったのだ。
「炎と相性が悪いっていえば、水だよな」
 指先から流れ落ちた水滴を見つめながら、智帆が呟く。
「相性がいいのは風なんじゃない?」
「それもそうだ」
 くつくつと、喉を鳴らして智帆は笑った。二人が佇む足元を、緩やかに風が流れて行く。扉と窓が閉まったままの館内では、本来発生しない流れだった。
「煽られて炎が大きくなっていく手伝いをさせられるのは、俺は好きじゃない」
 言い終えると同時に、智帆は指先を軽く振った。流れていた風が止まる。
 水と、風。それが、何故か二人の側にあった。
「応急処置はばっちりな訳だからな。とっとと康太先生に、抗生剤入りの軟膏を塗って貰ってガーゼでも貼れよ。その方が治りは早いだろ」
「治りがけってさ、痒くなるから嫌なんだよね。そうだ、雄夜にケーキ買って来いって伝えた?」
「ばっちり。抜かりはない」
 あまり深い意味を持たなさそうな静夜の言葉に答えて、二人は廊下を歩き出した。
 

 ざっ、という小気味良い音を発してカーテンが左右に引かれた。さんさんとした陽光が大きな窓から差し込んで来て、柔和な眼差しを彼は細める。
「いい天気ですね」
 青年は呟くと、うきうきとした動きで歩き出した。白で統一された室内は寒々しい印象を与えかねないのだが、窓辺やテーブルに配置された草花が優しさを与えている。
 部屋の中は、本棚と、机と、円卓が一つある。壁側には薬品棚と、カーテンにで仕切られたベッドが四つ並んでいた。
 白鳳学園の共同施設、白鳳館にある保健室だ。
「康太先生、そういえばアレは見ましたかの?」
 窓際のベッドの上から声がする。康太先生と呼ばれた青年は振り向いて、細めると線のようになってしまう眼で笑った。
 大江康太。今年二十九歳になる養護教諭で、大江兄弟の叔父にあたる青年だ。
「なにをですか?」
 のんびりとした声で答えると、大きな歩幅でベッドサイドへと歩く。本来病人が休むベッドの上で、老夫婦がちんまりと正座していた。
「ここに来る途中で、そりゃあめんこい娘さんが舞っておるのを見たのですよ」
 にこにこと笑いながら、老夫人が缶を差し出してくる。中には硬い醤油煎餅が入っているのを知っているので、康太はやんわりと首を振った。
「ああ、また忘れてしまっていました。康太先生は、甘いものが大好きで、辛いものが苦手でいらっしゃいましたな」
「煎餅が辛いと言ったお人は初めてであったと、二人で驚いていたのだった」
 夫妻はにこやかに会話を続ける。康太はすみませんと笑顔で言いながら、首を傾げた。
「ところで、娘さんというのはどちらで?」
「桜並木の下で見ましたのじゃ」
「それで、どのような娘さんだったのですか?」
 尋ねながら、康太はベッドに腰掛ける。長話になりそうな予感に老夫婦は嬉しそうに微笑んで、ほら、と外を指差した。
「校門近くの桜並木の下で。白粉に紅を差した娘さんが、くるくると緋色の肌襦袢のままで舞っておったのですよ」
「肌襦袢のままで? ……着物において、肌襦袢というのは下着のようなものではなかったですか?」
「そうとも言えるかの」
「娘さん、羽織る着物を盗まれて困っているのでしょうかね?」
「困ったら舞うかのう?」
 尋ねた言葉に、逆に尋ねられて康太は口をつぐむ。しばらくして、着物を盗まれたら、舞っている場合じゃなかったですねと答えた。
「不思議な娘さんでしたのじゃ。まるで人のようには見えませんでな」
「桜の精かと思いましたよ。なにせ、この時期に桜が満開になっていますからね」
「――え?」
 細い目を精一杯見開いて、康太が絶句する。老夫妻は仲良く首を傾げて、青年を見つめた。
「ああ! 本当だ。桜が満開になってますよ! 驚いたなぁ」
 しばしの沈黙の後、ぽんっ、と両手を打つ。先生はのんびり屋さんですねと老夫妻が笑い出したところで、がらりと保健室の扉が開いた。
「康太先生、いますか?」
 声に気付いて、康太は振り向く。癖のあるココアブラウンの髪を見つけて、いきなりきらきらと眼を輝かせた。
「なんて良いところに来てくれたんだ、智帆君。扉のところで立っていないで、ほら、中に入るといいよ」
 大きな歩幅で歩いて来て、康太は智帆の腕を掴んで引き寄せようとする。その反応を察していたのか、ひょいと智帆は下がり、逆に静夜の背を押した。
「あれ? しーちゃんじゃないか」
 きょとんとする康太の前に、静夜は無言で火傷をした手を突き出した。長身の康太は大仰に驚いて、声をあげる。
「どうしたんだい!? そんなに酷い火傷! しーちゃんに何かあったら、私は兄さんになんてお詫びすればいいか分からないよ!」
 兄さんとは、静夜と雄夜の父親の事だ。
「詫びなくていいから、治療してよ、康太兄さん」
「そうかい? 詫びなくて良い? これは内緒にしていて良いってことかな?」
「いいよ。僕が勝手に火傷したことで、康太兄さんが父さんに謝ることなんてない」
 きっぱりと言いきると、康太は安心した顔になる。私は兄さんが実はちょっと苦手でね、と内緒話のように耳打ちしてから、静夜の手を取って椅子に座らせた。
 器用な手つきで消毒し、薬を塗りながら、静夜と隣で立っている智帆を康太は見やる。
「ところでね、しーちゃん、智帆くん。桜が満開になっているんだよ」
「知っています。それで、何か気付いたことでもありました?」
 痛みに薬から逃げ出そうとしている静夜を、笑顔で押さえつけている康太に、智帆が尋ねる。
「なんでも緋色の肌襦袢で舞っている娘さんを、ベッドに座っている夫妻が見たらしいんだ。困ったものだよね、肌襦袢っていえば下着だよ。下着で外を踊っている娘さんなんて、変態さんを喜ばすだけじゃないか。だからちょっと外を見てきたいと思ったんだよ」
 わざわざ喜ばすようなことをしなくてもいいのにねえと続けながら、康太は軟膏を塗り、ガーゼを貼って行く。
 ようやく人心地ついた静夜が、恨めしそうに叔父を下から睨みつけた。
「満開の桜の下で舞う娘。桜は桃色。娘さんは緋色の肌襦袢。桃色といえば桃。緋色といえば赤。赤といえば苺」
「ああ! なんでそんな私の思考をトレースできるんだい、しーちゃん!? 実はテレパシストだったとでもいうのかな。そんなことがばれたら、研究されちゃうよ」
「――一体誰に…」
「うーん。そうだな、私にかな?」
「却下。僕らは康太兄さんがケーキ屋に走るまで留守番しているつもりはないからね。雄夜たちもすぐにくるし。ちょっとあっちのベッド借りるからね」
 外見だけは花のように可憐な笑顔を見せて、静夜は治療用具が並ぶ机の前の丸椅子を立った。すみませんね、と智帆は言ってひらひらと手を振る。
「ひどいじゃないか、しーちゃん、智帆君。私はてっきり、私がケーキを買いに行くまでの間お留守番をしてくれるものだと」
「先生、わしらはそろそろお暇します」
 一人悲嘆にくれる康太に、ベッドから降りた夫妻が話しかける。もう帰られるんですか、寂しいなぁと呟く若い保健医に会釈して、二人は入り口へと歩いていった。
「そういえば。あの娘さんは、話しかけようとすると霧のように消えてしまいましたよ」
 静夜と智帆は足を止めた。康太が老夫妻に、どういうことですか?と尋ねるので、耳を澄ませる。
「それがね、様子を尋ねようとして近寄ったらいきなり桜が吹雪いて。眼を閉じて、開けたときには娘さんはもういなかったんだよ」
「嘘ではないぞ。わしら以外にも、見たと言っておった子供らも居た。断じてボケてはおらん」
「ええ。お二人がボケていたら、私なんてボケボケ魔人になってしまいますからね。信じますよ。それにしても、消えた、ねぇ」
 首を傾げて真剣に悩む康太の前で、老夫妻はふかぶかと頭を下げて去っていく。智帆と静夜は眉をしかめて、顔を見合わせていた。
 前頁 | 目次 | 次頁

竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.