[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.04 舞姫


 地の底から響いたと感じさせる爆発音がする前、大江雄夜は保健室にいた。秦智帆に携帯電話で呼び出されて来たのだが、訪ねる相手が不在で困惑する。
 居るのは保健医の大江康太だけで、彼は丁度白い雑巾を手に窓の桟を拭いていた。綺麗好きな男なのだ。
 息を吹きかけて桟を磨き続ける康太は、雄夜に気付いていない。仕方なく中に入り、低く「康太兄さん」と声をかけた。大袈裟に肩を震わせて彼は振り向く。
「あれ! ユウ君じゃないか」
 顔から驚きが消えて、にこやかな笑顔に切り替わる。康太は親しげに年下の甥の手を取った。
「良いところに来てくれたよ。立ってないで、そこに座ったらどうかな」
「俺は留守番をしに来たんじゃない」
 椅子に誘導しようとする康太に、雄夜が答える。大袈裟に眼を見開いて、保健医は肩をすくめた。
「やっぱり、ユウ君としーちゃんは兄弟なんだね。今更だけど実感したよ」
「実感するのは構わない。その変わり、ユウ君とかしーちゃんとか呼ぶな」
 心底不愉快そうに雄夜は顔を歪める。そしらぬ顔で、そうそうと康太は言葉を続けた。
「智帆くんも君達に通じる性格をしているよ。類は友を呼ぶというのは、真理かもしれないね。どれくらい友人同士が似るのか、統計でも取ってみようか。ユウ君も知りたいだろう?」
 穏やかに康太は同意を求める。
 雄夜の希望は完全に無視されていた。無言で叔父の保健医を力いっぱい睨む。怖い怖いと康太は肩をすくめた。
「ユウ君の目は、元々が吊り眼だからね。そうやって睨まれていると、脅迫されている気になるよ。小さい頃の君は無愛想だけど可愛かったんだけどなぁ。誰もが君達の前で足を止めていたものだよ」
 過去をうっとりと振り返りながら、康太の足がそろそろと保健室の入り口を目指す。目ざとく気付いて、雄夜はおもむろにケーキの入った箱を顔面に突き付けた。
 箱の表面に印刷された店名を目で追って、康太の目が輝く。
「ミストラルのケーキだね!」 
 素晴らしいよユウ君、ミストラルのケーキは絶品だよねと口走りながら康太は両手で大事そうに箱を受け取る。いそいそと開け始める子供のような仕草に、雄夜は息を付いた。
「レアチーズとティラミスは巧と将斗のだ。他のは全部康太兄さんにやる。だから答えろ。静夜は何処だ?」
「しーちゃんなら智帆君と一緒に」
 雑巾で磨いていた窓辺に康太は体を向けた。保健室は一階の角部屋にある。窓の外に地面が見えた。
「そこから出掛けて行ってしまったよ。窓から飛び越えるなんて、はしたないよね。しーちゃんなんて自己紹介でもしてもらわないと少年に見えないから、通行人がドキドキしちゃうんじゃないかって心配なんだよね。いっそ、可憐な仕草でも覚えたらどうかと思うよ」
「静夜が可憐になったら俺が困る」
 ぞっとした顔で雄夜は首を振った。
「ユウ君は可愛いもの苦手だもんなあ」
 暖かい声で言いつつ、開いたケーキの中に桃のタルトと苺のミルフィーユを発見して歓声をあげる。雄夜は保健医を無視して窓辺により、左右を探った。
「しーちゃんと智帆君なら、水鳳館の方に走っていったみたいだよ。かなり切羽詰っているみたいだったよ」
「切羽詰った?」
 ぴくりと眉が吊りあがる。ひどく怖い顔になったのだが、康太は頓着しない。
「しまった。折角のミストラルのケーキなのに紅茶を切らしていたんだ。お茶ならあるけれど、やっぱり紅茶だよね。ああ、困ったなぁ」
「ティーパックが薬品棚に入ってるだろう」
「あれ、ユウ君詳しいね。もしかして時々、あそこからティーパックが無くなるのってユウ君が犯人かい?」
「俺は珈琲しか飲まない」
「そうだ。そうだったね。でもねユウ君。やっぱりいいケーキには、ちゃんと葉から入れた紅茶があうんだよ。あの膨らみと奥行きのある香りがたまらないんだよね。あれ、ユウ君。どうして窓枠に足を乗せようとしているのかな。入り口があるんだから、出るならそっちにして欲しいよ。磨いたばっかりなんだし。聞いてるかい、ユウ君」
「聞いていない」
「聞いてない人は返事をしないんだよ、ユウ君」
「うるさい」
 一言で言い捨てて、雄夜は意識を集中した。静かな動きで財布にいれた札を手にする。「蒼花」と呟くと、きらきらとした光りを発して小型の竜が現れた。お伽話で描かれる水神に似ているが、小さい為に青い色の蛇に見える。
「水の気配を追え」
 ひどいなユウ君と愚痴る康太の声を意図的に無視し、短く命じる。
 一卵性双生児には不思議な力があるという。だが、雄夜と静夜は二卵性なので、残念ながら双子の神秘を体験したことはない。
 だが、生れ落ちたときから式神が雄夜を守っていたように、静夜は水に守られていた。だから水の属性を持つ式神、竜型の蒼花は静夜の場所を探すことが出来る。
 不可思議な光彩を持つ瞳を蒼花は空中に向けた。御意と答えると、水が持つ清らかな質感が雄夜の周囲に満ちる。鼓動のように強く光りを脈打たせ、蒼花は勢いよく動き出す。追って窓を飛び越えて、雄夜は振動を感じた。
 誰かの力が発揮されたときに感じる、空気の振動だった。大地が猛り、水が弾け、風が吹きつける気配。「静夜!?」と叫んだ声に被さって、激しい爆発音が響いた。
 ずしんと、腹の底から響くような音。
「なんだい、今のっ!」
 水の蒼花を見ることが出来ない大江康太は、爆発音に血相を変えた。応急処置を施せる診療具が入った鞄を取って、走り出そうとする。背に雄夜の声が打った。
「窓から外に出ろ。こっちの方が早いっ。白梅館と水鳳館の間の道路だ!」
 康太が体の向きを変えた時には、すでに雄夜の姿は遠くになっていた。


「いっ……つ」
 痛みをこらえる声を絞り出して、大江静夜は両手を地面につけて上体を起こした。腕の下には二人の人物の顔があり、めいめい複雑な表情を浮かべている。
 静夜の腕の下で、斉藤爽子は混乱したまま、今し方の出来事を反芻していた。
 緋色の肌襦袢を纏った少女。白すぎた肌。降り注ぐ花びらと、割れた大地。空中に浮き上がった岩石と爆発。
「ばく……はつ?」
 調子の外れた自分自身の声を聞きとめて、爽子は急に我に帰った。脳が活動し、最期に見た光景を思い出される。
「……久樹?」
 幼馴染の青年は、岩石に押しつぶされる寸前だった。助けに走ろうとした背を突き飛ばされた直後に響いた爆発音。彼はその後一体どうなったのか。
 嫌な想像が胸を締める。反応して激しく鼓動がはねた。
「どいてっ」
 無我夢中で、上体を起こした少年を押しのけた。少年がバランスを崩して横転する音がする。彼が知り合いのような気がしたが、今は気にも止まらなかった。
 うつぶせに倒れた久樹を見つけた。彼の隣に膝をつき、脈を確認しようと指を伸ばそうとする少年がいる。
「触らないでっ!!」
 咄嗟に爽子は悲痛な声を上げていた。
 少年が振り向く。揺れたココアブラウンの髪と、垂れた目に、爽子は少年が秦智帆だと気付いた。少年は爽子の友人だ。怖がる必要はない。だが指を差し伸べる仕草が、久樹の首を締め上げた娘の指先とだぶってしまう。
「爽子さん?」
 怪訝そうな智帆の声。ごめんと心の中で繰り返しながら首を振る。
「お願い、触らないで」
 懇願を爽子は重ねた。智帆は手を引いて、ゆっくりと口を開く。
「久樹さんなら、大丈夫だよ。だから爽子さんは安心していい」
「……無事?」
「ああ。たんこぶが出来てたけど、それほど問題はないと思うし。念のために冷やしておいた方がいいとは思うけどな」
 爽子の興奮状態を鎮めようと、智帆はゆったりとした口調で話しかける。一歩下がって、彼女の為の場所を開けた。
 固い地面にうつぶせになっている久樹が痛そうだった。側によって体を反転させ、頭を自らの膝の上に乗せてやる。黒く煤けた顔を手でこするが、逆に汚れてしまった。――爽子の手もかなり煤けている。
 ハンカチを入れた鞄は何処にいったのだろう。今だ混乱状態で冷静な判断を下せないまま、空ろに考えて爽子は顔を上げる。
 視線の先では、丁度爽子が先程まで居た場所に、秦智帆が佇んでいた。隣にはバツが悪そうにだんまりを決め込んでいる中島巧が居る。彼は仰向けに倒れている少年の隣で膝を付いていた。
「静夜にぃ、大丈夫? なぁなぁ、怪我した?」
 睨み降ろしてくる智帆の視線に恐怖して、巧は上を見ないようにしている。智帆は無言のまま、拳を持ち上げて思いきりよく下に降ろした。鈍い音と一緒に、巧が呻く。
「ろくに制御も出来ないくせにな。一人の時に使うなと言っただろ」
 秦智帆は斎藤爽子の視線に気付いていた。聞き耳を立てているだろう事もだ。
 けれど爽子が混乱状態にあると判断した智帆は、会話が聞かれるのを防ごうとはしなかった。どうせ聞いていても、爽子には理解できないだろう。
 巧は叩かれた頭を手でさすり、顔を上げて智帆を弱く睨んだ。
「だ、だってさぁ。智帆にぃ、爽子さんが助けてって言ったんだぞ。ほっとけないじゃないか」
「格好良いところを見せようって思ってもな。失敗したら情けないだけだ」
 ふん、と言葉を吐き捨てて智帆は巧を横に押しやる。
 巧の前に倒れていた大江静夜は、紅茶色の瞳を極限まで細めていた。起きあがる気配はなく、智帆は腰を落とすと静夜に手を伸ばす。
「どっか怪我したか?」
「さっきのでは特に。ただ突き飛ばしたときにガーゼが取れたかな。一番痛いのは火傷した指と、さっき転がされたときに打った背骨の辺り」
「派手にひっくり返されていたもんな。さしずめ、今のお前は置きあがれない亀か?」
「亀ほど体重は重くないつもりなんだけどな。ああ、もう眩しくて」
 色素が極端に薄い静夜の瞳は、鋭い光りに弱い。本気で辛そうなのが不憫に映ったのか、智帆は軽く静夜の手を掴んで引っ張り上げる。
 静夜の体は力を失っていた。自力で座るのも不可能で、智帆は引き上げた友人の腕を掴んだままにする。
 大江静夜、秦智帆、中島巧の三名は、不可思議な能力を使用すると体力を消費してしまうのだ。消費の度合いは使用した効力の大きさに比例する。静夜の脱力具合からいって、かなり大きな能力を使用したことが伺えた。
「で、巧。追求が逃れられたと思ってるんじゃないぞ。お前がヘマをするから、派手にやる必要が生じたんだ。せめて静夜を支えとけ」
 低く智帆に命令されて、巧は「ひえっ」と口走った。もう一度拳が降りてくる気配がしたので迅速に動き、静夜の背後に立って支えになる。
「さっきの話しの続きだけどな。巧。爽子さんが助けてって言ったら、何してもいいのか? 制御も出来ない力を使って、挙げ句の果てに暴走させて、何もかもを破壊してしまうのが望みか?」
 智帆の眼は温和そうに見える垂れ目だが、今の視線にはやけに迫力がある。
「壊したいなんて思ってねぇぞ! だって、助けてやりたかったし!」
「で、現実は? 助けられたのか?」
「助けられなかった」
 畳み掛けられて、元気が売りの少年は意気消沈して頭を垂れた。
 支えられている静夜が笑った。
「被害が出たら、辛いのって巧だからさ。そうなったらマズイと思って、智帆は心配してるんだよ。反省したなら、それでもういいさ。必要以上に落ち込む必要はないと思うしね。そうだろ、智帆?」
 悪戯っぽい視線を静夜が向ける。ふい、と首を横にやって智帆は怒ったように腕を組んだ。
「まあな」
「うう、静夜にぃ、優しい」
 涙を潤ませて、巧は背後から静夜に抱き着いた。感動しているのだ。だが、静夜は少女のように可憐な瞳を細め、「でもね」と低く呟く。
「二度目はないから」
「ぐっ!」
 静夜の断言に巧が硬直する。「飴と鞭の見事な使用方法だな」と智帆は感心した。
「……で、でも、でもさ!! 二度目はないっていわれても、やっぱり目の前で危なくなった人がいてさ。もしかしたら助けられるかもしんない、って思ったら。俺、使わないって約束できねぇよ」
「だろうね。確かに無理な約束だと思うよ」
「だったら、静夜にぃ。二度目はないなんて怖いこと言うなよぉ」
 首にまとわりついてくる巧の腕を、静夜は宥めるように軽く叩く。
「巧は大地の力を借りて重力を操る。でもまだ完全な制御は出来ていないよね。大きな力を使おうとすると、大地が持っている攻撃的な欲求が増幅されて、結果暴走する。でも確か、軽い願いだったら暴走はしないんだろう?」
「しないよ。少し位なら、簡単にきいてくれる」
「だったら次回からは時間稼ぎをすること。巧が危機になれば、将斗が気付く。将斗が見たものは、雄夜の式神たちが受信できる。そしたら、誰かしら助けにくるさ」
「でもさ」
 納得出来ない憤りを、言葉でぶつけようとする巧を智帆が制した。眼がいい加減にしろと怒っている。仕方なしに巧は黙り、智帆は息を落とした。
「それでも使いたい時がきたら、被害が出る結果を承知しておくんだな。それが出来ないなら、助けを待つ。いいか?」
「……分かった」
 言われた言葉を理解して、ようやく巧は肯く。智帆と静夜を見やって目線だけで笑い、改めて周囲を見渡した。
「それにしても、随分と奮発して能力を使ったな」
「まさかあの状態のまま、ほっとくわけいかないし」
 答えて、巧に支えられた状態で少し肩を竦める。先程よりもやけに仕種が億劫そうで、智帆は屈んだままくるりと静夜に背を向けた。
「なんだよ?」
「あっちのベンチの方が座りやすいだろ。今にも眠りそうだからな。先に移動させといてやるよ」
 智帆の言葉に、静夜は情けない表情になる。
 体力を消耗した後、体が求めてくるものは個人で違う。智帆と巧は大食らいになるが、静夜はやたらと眠くなるのだ。
「情けない。水を呼んだらさ……眠くなるだなんて」
「呼んだからじゃなくて、かなりの体力を消費する能力を使ったからだろう」
「まあね」
 半分眠っているような声。
 巧も手伝って、静夜を智帆の背に乗せた。軽々と背負うと、立ちあがって右手にあるベンチを目指す。
 少年達の動きを、斉藤爽子は織田久樹を膝に乗せたまま見守っていた。
「ベンチ?」
 見えたものに違和感を覚えて口に出す。
 ベンチがあった。あれは割れたアスファルトと、持ち上がった岩石に飛ばされたはずだ。奇妙に思って、視線を膝の上の久樹に落とす。自然、彼が倒れている地面が目に入った。
 道路は綺麗に舗装されている。
「は?」
 違和感が爽子の中で弾ける。
 ベンチがあるわけがなかった。地面が舗装された道路であるわけもなかった。
「土煙は? 桜吹雪は? ……爆発は?」
 ない。
 異常が起きた現実を知らせるものが消えている。
「う……そよ……」
 異変の証を求める。道路を見て、左右の景色を見て、最後に空を見上げて息を飲んだ。
「……桜が」
 桜の木は黒く焼けこげていた。

 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.