[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.01 秘めた力


「静夜っ!」
 川中将斗を小脇に抱えて走ってきた大江雄夜は、ベンチに座る双子の片割れをすぐに見つけた。
 斎藤爽子は上空を指差して絶句している。
 焼けた桜の樹。
 たった一つ残された異変の証。
「雄夜。来たんだ」
 鬼の形相で駆け寄ってくる雄夜に、秦智帆はのんびりと声をかけた。無口なくせに、眼が雄弁すぎるほど「何があった」と問いかけている。
「双子なのに、庇護欲がやたらと強くて兄貴面されるのは嫌なもんかもな」
 智帆はのんびりと呟く。雄夜が一歩間合いを詰めた。
「何が言いたい」
「別になんにも。静夜は寝てるだけだよ」
 ゆるやかに首を振り、智帆は両手を頭の上で組んで一歩下がった。開いた場所に入り込み、雄夜は片割れの様子を確認する。火傷と擦り傷があるが、眠っているだけだった。
「安心したか?」
 雄夜がほっとした瞬間を狙って、智帆が馬鹿にした声で尋ねる。
 智帆は桜を見上げて硬直している爽子を視界に納めていた。一時的な放心状態にあるらしい。「さて」と智帆は首を傾げる。
「どうやってごまかすかな。静夜は”壊れた”という事実を封印し、正常な状態に見せかけることしか出来ないからな。しかも無機物に限るときてるし」
 物言わぬ桜の樹は有機物だ。静夜は桜の壊れた事実を、封印できない。
 首を傾げる智帆の背後で、中島巧と川中将斗は大江雄夜を先導してきた式神の水の蒼花を眺めていた。陽光に反射してきらきらと光る竜の蒼い鱗は神秘的で美しい。だが子供たちは口々に、犬猫か鳥の方が良かったと声を上げている。
 風の白花と並んで大人しい性格の水の蒼花は、身勝手な子供たちを相手せず、雄夜を見つめていた。相手にされず唇を尖らせた巧が、ふと智帆をみやる。
「なぁ、智帆にぃ」
「却下」
 詳しい内容を話し出す前に智帆が拒絶した。巧が目を点にする。
「いきなり却下っ!? 智帆にぃ、俺はちょっと質問しようとしただけだぞっ」
「今思案中なんだよ」
「そんなの見れば分かるよ。でもさぁ、子供の質問に大人は答えてやるべきだって思わねぇ?」
「安心してくれ。俺はまだ未成年で、高校生で、子供だよ」
「小学生にとっては高校生は大人なの! なぁなぁ、ケチらないで教えてくれよ。前からずっと不思議だったんだ。壊れた事実を封印するって、一体などういうことなんだ?」
 顔全体に疑問を浮かべる巧の隣で、俺も教えて欲しいと将斗が手を挙げた。
 いかにも面倒そうな表情で、智帆は片手で眼鏡のフレームを押さえる。
「子供ってのは図々しいよ。なら説明するけどな、なぜそうなるのかとは聞くなよ。お前らだって、大地を操り、光ある場所が見える理由なんて知らないだろ?」
「そういえば」
「知らない」
 初等部の子供たちは顔を見合わせて、声を唱和させる。智帆は舗装されたアスファルトを軽く蹴った。
「静夜は水を操る。俺が風を使うのと同じようなものだな。静夜の力は、外部からの衝撃を防いだり、衝撃を封じる事も出来るわけだ」
 アスファルトの路面に、地面が隆起した名残は一つもない。それでもじっと見つめている仕草に、巧と将斗は目をこらした。
「あれ?」
 先に将斗が首を傾げる。慌てた仕種で従兄弟の腕を掴み、路面の一角を指差した。
「巧、なんかさ、あそこ線ができてないか?」
「そう言われてみると、確かに。あれぇ? 待てよ? あの線の部分って、俺が爽子さんのトコに行こうとして道を作ったところだ」
「じゃあ、アスファルトが割れた場所ってことかー」
「そうなるよな」
 怪訝な表情を浮かべた二人の前で、智帆はゆっくりと歩き出す。
 先には斉藤爽子と織田久樹がいる。
 智帆を目で追いかける途中で、視界に入った織田久樹を巧は睨んだ。特に含むところを持っていない将斗は、爽子が座る辺りの路面の色に目を奪われる。
 周囲がはっきりとくすんでいた。
 ぽっかりと丸く広がったくすみは、急激に老朽化した印象を与える色だった。
「巧。あれってなんだと思うよー」
 上ずった従兄弟の声に、久樹を睨むのを中断して巧も目を凝らす。
 色がくすみ、今にも風化を始めそうに見える路面は、先ほど最も激しく破壊された場所だった。アスファルトはめくれ、岩石が持ちあがり、果ては爆発している。
「――壊れた名残?」
 眉をしかめて、巧は一つ思い出した。
 静夜が壊れた事実を封印できることを知って、巧は以前壊れたものを治してくれと頼んだことがある。けれど静夜は首を振り「破壊された事実を封印することと、直すことは意味が違う」と言った。
 その時は腹立たしいばかりで、意味が分からなかった。だが実際に壊れた事実が封印された対象を目にして、なんとなく解ったような気がする。
「なぁ、智帆にぃ。壊れたもんは、結局壊れたままってことか?」
 巧の言葉に、智帆がにやりと唇を歪める。
「まあな。ようするに目くらましみたいなものなんだよ。壊れたものを治したのではなくて、壊れていないように見せかけている。それだけだ」
 理解してから尋ねれば、智帆の返事は優しくなる。巧は悪童の印象を他人に与える大きな瞳をくるりと動かし、肯いた。
 将斗は意味がわかんねーと肩をすくめる。
「あのさ、あそこって結局壊れたままなわけ。水の封印は、静夜にぃが言ったとおり、治すわけじゃねぇんだ」
「別に壊れてるってほどには見えないけどなー」
 理解しない将斗の頭を強く小突いて、巧は大股で歩く。じゃりっと、靴底が何かをすりつぶした音がする。スニーカーを持ち上げると、アスファルトが一部が靴底についているのが見えた。
「智帆にぃ、正常に見えてるものが、壊れている元の姿に戻るのって早いのか?」
 壊れている事実が変わらないなら、何時までも正常な状態が続くわけがない。
 核心をついた巧の質問に、智帆は快さそうな表情を浮かべた。
「静夜がどの程度の力を使ったによるけどな、一ヶ月の間には随時元に戻っていくと考えていい。そうだろ、雄夜?」
 会話に入ってこない大江雄夜に声をかける。無愛想な顔で振り向いて、雄夜は肯いた。
「少しずつだがな」
「だそうだよ、巧。将斗はまだ解らないみたいだな」
 智帆が眼がねの下の目を向けると、同じく眼がねの下の目を将斗は偉そうに細めた。
「俺、考えるのって全部他人におまかせすることにしてんだ」
「……。脳が退化するぞ」
「大丈夫だよ。ゲームする時に使ってるから」
 胸をそらして川中将斗は威張る。智帆は返答を控えて口をつぐみ、眠る静夜を見やった。
 被害を受けた場所を正常な状態に見せかける水の封印。――これから部分的に壊れて行き、人の手による補修が入り、そしてまた壊れていくだろう。
 誰も、全てが同時期に壊れたとは思うまい。
 壊れた事実を封印するのは、異常事態を、異常だと気付かせないための手段だった。
 ――桜の樹はどうしようもない。
 智帆は説明する言葉を見つけられないまま、爽子の側に寄った。
 人型の影が側に落ちたことで、空に固定されていた爽子の瞳が智帆を認識する。「智帆君」と、どこか上の空の声を彼女は上げた。
「さっきね。あのね、確かにね」
 爽子は指を持ち上げて、桜の樹を指す。
「爆発したの。ううん、それだけじゃないわ。アスファルトもめくれあがって」
 ここまで囁いて、爽子は体を震わせた。恐怖が蘇ったのだろう。眉をしかめ、膝の上で意識を失っている久樹の腕を持ち上げて抱きしめる。
 助けを求めているのか、それとも久樹を守ろうとしているのか。それは智帆にはわからないことだった。
「爽子姉ちゃん。大丈夫か?」
 心配そうな声で将斗が尋ねる。巧も駆け寄って、爽子の肩に手を置いた。爽子の瞳が動いて、前方を見やる。眠っている静夜の隣に立つ、雄夜が見える方向だった。
 茫然としていた爽子の瞳が、急激にあるモノを捕らえる。
 抱きしめていた久樹の手を離した。アスファルトの上に腕が落ちた音に首をすくめる。けれど目はしっかりと、一点を捕らえていた。
「蛇っ!!」
「――蛇?」
 至近距離で叫ばれた智帆が、眉を寄せながら復唱する。視線の先にいる雄夜が、切れ長の瞳を見開いた。
「蛇だと?」
 鱗を太陽光に反射させている蒼花がいる。竜型だが、蛇に見えないこともない。
「――まさか…」
 大きな瞳を巧が見開いた。将斗は忙しくまばたきを繰り返す。
「なにやっているの! 毒蛇かもしれないのよ、早く逃げてっ! 私、長くてにょろっとしたモノって駄目っ!」
 爽子の悲痛な叫びに、智帆は額に手を当てて天を仰いだ。
「爽子さん。一つ聞いていい?」
「なにを?」
「その蛇って何色?」
「青いの。しかも大きいのよ。……青いってことは青大将!? どうしようっ」
「なるほど。じゃあ、ちゃんと説明しても良いって事だ」
「何の話し? それよりも」
「大丈夫だよ。爽子さん。あれは蛇じゃない」
 智帆は体を斜めにして雄夜の方を向いた。物言いたげな視線と視線が空中でぶつかる。
 雄夜は手をかざし、水の蒼花に戻るように命じた。「御意」と答えると、光りの渦と共に札の形に戻った。
 後には雄夜の手の中に戻った青い札が残るだけ。
「……今の、何?」
 驚く爽子に、智帆は悪戯っぽい視線を向ける。
「あとで説明するよ」
「どうして後なの?」
「理由?」
 尋ね返す智帆の声にかぶさって、こちらに向かってくる足音が響いた。
「ユウ君!! しーちゃん! ああ、そこにいるのは智帆君に、タッ君と、まぁ君だね!」
 続けて響いた声に智帆は肩をすくめ、
「邪魔が入るからだよ」
 と言った。
 

 久樹は夢を見ていた。
 ひどく深い色の紅を身にまとって、少女が佇んでいる。
『殺さなくてはならないの』
 少女が言った。
 どちらかといえば、あどけない顔立ちの少女だ。体の造りは華奢で、女特有の丸みもまだ殆どない。
『全ては醜くなっていくわ』
 少女は言葉を続ける。
 佇んでいる久樹の返事を待っているようには見えなかった。両手を胸の前にもっていき、訴えるようにしながら――その実誰にも訴えていないように見える。
 声をかけたくなった。
 何故殺さねばならないのか。
 何故醜くなっていくと断言するのか。
 桜が舞っていた。
 ひらり、ひらりと花びらが散って、うっすらと平らではない地面を埋めて行く。
 綺麗だった。
 凄まじい勢いで埋め尽くそうとしてきた桜の花びらと違って、綺麗だった。
 久樹は首を傾げ、視線を足元に落とす。
 うっすらと埋めている桜の花。
 言葉を続ける少女の元に近付くにつれて、紅くなっていく花びらの床。
 アカだ。
『言ったでしょう。殺すのよ』
 きらりと視界の先で光った銀色。
 紅い。足元が赤い。花びらが、埋めていく。落ちてくる花びらを次々と紅く染め抜いていく色。平らではない地面。
「――っ!」
 久樹が息を呑む。
 少女は銀色の光りを手に走り出してくる。避けねばと思った。避けなければ、あの銀色によって同じ目にあってしまう。
 ――同じ目。
 いびつな床を埋め尽くすモノ。
 首。首。首。
 一面を埋め尽くす、生首の山。

 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.