[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.02 秘めた力


 焼けるような痛みが走った。
 瞬間、空間に広がった新たなる赤い色。
 何かが肉の中に入り込んでくる強烈な違和感と、続けて沸き起こってきた灼熱感。
「つぅ……っ!」
 呻き声をあげる。
 刺されたと思った。
 鉄さびた匂いが鼻をつく。同時に顎の下に触れる少女の髪から、やわらかな花の香りもした。
 アンバランスだ。
 鉄錆の匂いと、花の匂いは不釣合いすぎる。
『時は全てを醜くしてしまうから』
 ――声。
「久樹っ!」
 続けて、聞きなれた声が聞こえる。
 腹にあった灼熱感が遠ざかった。緋色の肌襦袢の少女の感覚が薄くなり、変わりに額に手が添えられる。少しだけ冷たい、覚えのある感触だ。
「そ……う…こ?」
 声を出すと、視界を染めた真紅も消えた。光りが瞼を焼き、まぶしさに眉をしかめる。我慢して目を開けると、ぼんやりとした幼馴染の輪郭を捉えて、久樹は安堵した。
「爽子」
 改めて声を出す。眩しさに慣れて、辺りがはっきりと見えるようになる。様子を確認するために視線を流し、久樹は硬直した。
 側に他人の気配があった。首筋に触れる何かがある。それは胸に飛び込んできた少女の髪をリアルに思い起こさせるもので、背筋が凍った。
 おそるおそる視線を向ける。
 やわらかな印象の紅茶色がそこにあった。黒絹のようだった少女の髪ではないが、間違いなく誰かの髪の毛だ。
 久樹の首と肩の間の隙間に誰かが顔を寄せていた。色白の頬に赤みがさしている。長い睫毛が時折震え、わずかに開いた桜色の唇があどけない寝息を立てていた。
 可憐な女の子だ。
 久樹の血の気が一気に冷めた。勢い良く立ちあがり、顔を寄せていた為にのけぞった爽子の前で激しく首を振る。
「違うっ!! これは違うぞ!」
「何が違うの? それにそんなに首を振って疲れない?」
 慌てている彼に爽子は困惑する。久樹は憤慨した表情で両手を広げた。
「なにって、そりゃ焦るだろ! 爽子、この状況はなんだ! なんだって俺の隣で女の子が寝てるんだよ!」
「女の子って誰のこと?」
「決まってるだろ!」
 ベッドから転がり落ちながら、先ほどまで居た場所に視線を向ける。爽子が視線を向けたところで、笑い声と共にカーテンが引かれる音がした。
「久樹さん。それ女の子じゃないですよ。ちゃんと観察すれば分かる」
 皮肉な表情を浮かべた智帆の登場に、爽子はようやく久樹が焦っている理由を理解した。おかしくなって、口元を抑えて笑い出す。
「やだ、久樹。何を弁解してるのかと思ったら!」
 爽子は更に笑いを深める。久樹は不機嫌な顔で、置かれている現状を確かめるように視線を投げた。
 見たことのある場所だ。
 白いカーテンで区切られた空間。隣には窓がある。お腹を抑えて笑う爽子の隣には、眼鏡の少年。その奥には薬品棚がある。
「――保健室か?」
「そうですよ」
 しれっと答えた智帆の顔を、久樹はもう一度確認した。ようやく満開の桜の下に座っていた少年達の片割れだったことを思い出す。
「……あ、ああ! たしか智帆、だっけか」
 久樹はポンッと手を打った。
 秦智帆は肯き、久樹を仰天させた少女を指差す。
「じゃあ、それは?」
「ん? ……あれ? これって確か」
 落ちついて観察して、ようやく少女ではないことに久樹は気付いた。智帆と一緒にいた、女顔は気にしないけが身長は気にする大江静夜だ。
「人の弟をソレだのコレだの言うな」
 いきなり響いた不機嫌な声。
 爽子が小さな悲鳴を上げ、智帆は肩をすくめる。不機嫌な声の主は、智帆の背後に仁王立ちしていた。漆黒の髪に切れ長の眼差し。真一文字に結んだ唇が、融通のきかない頑固さを現しているように見える。
「あんた誰だ?」
 圧倒されて、久樹は気の抜けた声で尋ねた。
 漆黒の髪の主はちらりと久樹を見てから、ふんっ、とそっぽを向く。やれやれと智帆が息をついた。
「そこに寝てる静夜の双子の片割れで、大江雄夜だよ」
「双子?」
 久樹は真剣に雄夜と静夜を見比べた。
 雄夜は和風の顔立ちと凛々しい雰囲気の為に、若武者と表現するのがぴったりだ。静夜は砂糖菓子のように甘い夢見るフランス人形のように見える。――とてもではないが、双子には見えない。
 一分近く沈黙を続けた後、久樹は笑い出した。
「おいおいっ! 幾らなんでも、そんな嘘には騙されないぞ。似ても似つかないじゃないか。それに二か三は年が離れてるだろっ!」
 騙されないぞと続けて笑う久樹を、大江雄夜は殺気を込めて睨む。余程腹が立ったのだろう。智帆と爽子を押しのけると、いきなり静夜を背負い上げた。
「おい、雄夜。どこに行くんだよ」
 言外に行くなと言っている智帆の前で、雄夜は僅かに首を振る。
「知らん。お前が一人でやれ。俺は部屋に戻る。最初から戻るつもりだったんだ」
 織田久樹と大江静夜が一つのベッドに転がされたのは、異変の起きた場所に現われた統括保健医の大江康太が原因だった。保健室に運んだ後、「シーツを変えたばかりだから、ベッドは一つだけ使ってくれ」と言ったのだ。
 雄夜は静夜を連れて帰ろうとした。だが爽子がそれを止めた。
 異変があったのだ。
 現れた少女と、桜の花びら。隆起した大地、突然起きた爆発音。けれど異変は消えてしまった。焦げた桜の樹だけを残して。
 爽子は智帆だけでなく、静夜と巧も消えた異変について何か知っていると思っている。巧が走って来た時に大地は隆起し、静夜が伏せろと言った後に異変が消えた。
 巧は保健室に集まる前に、姿を消してしまった。だからこそ、静夜からは話しを聞いておきたかったのだ。突然に眠り、目覚めない理由も。
 爽子の懇願に、彼女が食事を良く作ってくれることに恩義を感じていた雄夜は、保健室に残った。
 だが無遠慮な久樹の一言で、堪忍袋の尾が切れたのだ。
 笑い続ける久樹の横を通りすぎざま「お前は嫌いだ」と言い放つ。目を丸くした久樹を無視し、さっさと部屋を出て行った。静夜はそれでも寝ている。
「雄夜君を怒らせちゃったわ」
「後を引くだろうな。雄夜は根に持つタイプだから」
 口々に言う爽子と智帆の言葉を聞きながら、久樹は首を傾げて扉を指差す。
「あれ、本当に双子なのか?」
「そうよ。正真正銘の双子」
「信じられねぇな」 
 突然の桜の開花に謎の少女。夢見た不気味な光景について、久樹も色々と考えていた。だが今の彼はただ呆気に取られて、
「全く似てない双子って、なんか詐欺にあった気分だ」
 と、呟く。


 保健室に辿りつく手前で別行動を取った中島巧と川中将斗は、桜が咲いた場所を探して走りまわっていた。
 智帆に、桜を確認してこいと耳打ちされた為だ。
 正門から白鳳館へと続く道を走り、右手に折れる。原因不明の大きな音が響いたポイントである水鳳館と白梅館の間の道を目指す。
「なー、巧! ストップ!」
 将斗が足を止めて声を上げる。巧は足踏みをしながら振り向いた。
「あれ、なんか変じゃないか?」
 巧に背を向けて、後方を示す。
 白鳳館から右に曲がれば、大学部水鳳館に辿りつく。逆に左に曲がると、高等部風鳳館に続くのだ。
 将斗が伸ばした風鳳館へと続く道だ。指の先にも桜の樹がある。
「変? なにがだよ」
 大きな瞳をくるりと動かして、巧は尋ねる。将斗はもどかしそうな顔で「だから、変なんだよ」と訴えた。
 眼鏡をかけている将斗は、巧よりも思慮深そうに見える。だが実際は考えるのが苦手で、直感に頼った言動を良く取った。それに慣れている巧は、首を傾げて悩む。
「なんかって言われてもなぁ。桜だろ。桜は沢山咲いちまって……あれ?」
 水鳳館に続く道の桜は満開だった。
 風鳳館に続く道の桜は咲いていない。
「あれ? あれぇ? ちょっと待てよ、水鳳館に続く沿道の桜だって一体いつ咲いたんだぁ?」
 巧が困惑した声をあげる。爽子を助けるために走った時には、沿道の桜は咲いていなかった気がした。
 困惑する従兄弟の声に、将斗は両手を打つ。
「たしか、文句を言いながら康太せんせーが爽子姉ちゃんの兄ちゃん運んだ時も咲いてなかったぞ」
「別にあの男は爽子さん”の”ってワケじゃねぇぞ、将斗」
「だって爽子姉ちゃん凄い心配そうだったろ。きっと恋人同士だよ」
 不機嫌な巧に、将斗はニヤニヤとした笑いを浮かべて反論する。巧は反撃につまって言葉を飲み、「爽子さんは恋人じゃねぇって言ったぞ」と辛うじて言った。
 重い沈黙の後、二人は桜の下に走った。
 桜の花は美しく咲いている。記憶をひっくり返してみると、意識のない二人を白鳳館に連れて行く時、周囲の木立がざわめいていた事が思い出された。
 桜は駅から学園へと進む道の側だけ咲いていた。白鳳館から水鳳館に進み、白梅館を目指す沿道でも咲いている。
 まるで場所を選んでいるような咲き方ではないか?
「選んでる?」
 感じたことを口に出して、巧がきょとんとした。続けてはっとした顔になり、いきなり走り出す。
「巧っ!」
 慌てて将斗が名を呼んだ。
「白梅館に戻るぞ、将斗っ!」
「忘れ物でもしたのかー?」
「違うっ! 桜だよ。桜が咲いている場所が気になんだ!」
「場所?」
 将斗は巧の真意を理解していないが、走り出して後を追う。
 大地が隆起し、爆発が起き、風が起こした竜巻に奔流され、傷跡を封じられた道を走り抜ける。自宅のある白梅館に飛び込んで、ホールを突っ切った。
 エレベーターを待ったが、生憎二台とも上の階に行っていた。待ち時間に苛立って走り出そうとする巧を、将斗が引っ掴んで止める。
「エレベーター待ってた方が早いって!」
「だって来てねぇじゃんか!」
「ばーか! 階段あがっているうちに抜かれるっての。ほら、来た!」
 開いた扉の中に人はいない。 
 先に将斗が入って、条件反射で十階を押す。続けて巧が入るのを見計らって、気忙しく扉を閉めた。静かな音と浮遊感がして、エレベータが上昇する。
「そういやぁ、十階でいいのか?」
「いい」
「ところで、何見んの?」
 興味ありそうな顔で将斗が尋ねた。巧はまだ分かってないのかと呆れ顔で、咳払いをする。
「あの桜の咲き方ってさ、なんかこう駅からこの白梅館を目指す奴の道順と同じだって思わねぇ? 将斗」
「そういやぁ、そうかもなー。でもな、共同施設の白鳳館の周りも咲いてただろ? 駅からこの白梅館に行くだけだったらあそこは寄らないぞ? 第一、この白梅館の周りの桜は咲いてなかった」
 将斗と巧が生活している白梅館の周りにも、桜は植えられている。それらの桜に異常はなかった。
 その指摘こそが巧の狙いだった。ニヤリと笑う。
「だからこそさぁ。一人ピッタリの奴がいるんだよ。今までこんな事、起きたこともなかった。だから今迄ここにはいなかった奴だ。んでもって白鳳館に用事があって、白梅館への途中までは来てた奴だ!」
「なんか巧、やけに嬉しそうだな」
「そんな事ねぇぞ。別に。だけど一人しかいねぇだろ。条件にぴったりな奴って!」
「そっかなー。うーん、言われてみればそうかな」
「だろっ! だろだろ! じゃあ誰だっ!」
 ひどく嬉しそうに顔を輝かせて巧が尋ねる。将斗は首を傾げ、
「分かんねー」
 と首を振った。ずるりと巧が足を滑らせる。抗議しようとしたが十階についたので、飛び出して部屋へと走った。学園内部が見渡せるのは、廊下ではなく部屋の窓からだ。
 乱暴に靴を脱ぎ、床に散らばっている漫画やらゲームやらを越えて窓に飛びつく。カーテンを開けて、室内に舞い込む光に目を細めながら叫んだ。
「思った通りだっ!!」
 桜は巧が考えたとおりの場所で咲いていた。
 駅から正門に続く学園側。学園正門から中に入る道の両脇と、白鳳館入り口付近。それから水鳳館から白梅館へと続く道の途中まで。
「あいつで決まりだろっ。爽子さんの幼馴染。桜が咲いたのは、あの男が学園内で歩いた場所でだけ咲いてるんだっ!」
 自信に満ちた表情で、巧は断言した。


 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.