[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.03 秘めた力


 大江雄夜と大江静夜が本物の双子であったショックから抜けきれずに、織田久樹はまだ呆気に取られていた。気分転換を図ろうと首を振る。落ち着きが戻ってくると、今しがた経験した異常への疑問と、現在保健室にいる疑問が持ち上がってくる。
「なぁ」
 久樹の改まった声に、爽子は双子が出ていった扉を見ていた視線を移した。
「爽子。桜の花と、あの女はどうなった? そんでもって、俺はどうしてここにいる?」
「ここに居るのは、倒れた久樹を、駆けつけてくれた康太先生が運んでくれたから。……ねぇ、久樹。久樹は、何があったと思ってる?」
「俺か? ……そうだな」
 二人の会話は歯切れが悪い。
 秦智帆は、一歩下がって壁に寄り掛かり目をつぶった。会話に口を挟まないという意思表示だ。
 斉藤爽子は、特異能力の持ち主しか見ることが出来ない大江雄夜の式神を目撃した。大江静夜の水と異常な対立反応を示した織田久樹も、式神がいれば見えるだろう。
 けれど二人が”特異現象”に慣れているように智帆には見えなかった。彼らは異常をどう認識するのか。それは智帆にとって興味深い事柄だ。
 久樹は爽子の問いを、脳裏で再生する。
 ――何があったと思っている?
 答えるのが難しい質問だった。
 改めて、何が起きたのかを思い出してみる。
 秦智帆と大江静夜と分かれた後に白梅館を目指し、大学部水鳳館が横手に来た。その時に体に何かが触れたと思ったのだ。それで足を見てくれと爽子に頼んだ。
 溢れ出したのは桜の花びらだった。
 二人して驚愕している間に、ざわめきが周囲を包み込んだ。突如桜が開花を始め、空を薄桃色に染め始めたのだ。
 そして娘が現れた。
 緋色の肌襦袢を身にまとい、少女でありながら妖艶に赤く塗り潰した唇をした娘だ。
「桜が咲いたんだ。それから、赤い肌襦袢の女の子が出てきたよな」
「うん」
 表情一つ浮かべていなかった娘。
「やたらと不気味で、嫌な予感がしやがったから。俺らは走り出した」
 人口密度が減った白鳳学園内では、助けが通りかかる可能性はかなり低い。だから確実に人がいる場所に向かった方が得策で、走りだしたのだ。
 桜は二人を追跡した。
 大量の花びらを落として、二人を桜に埋めようとする。吹きつけるのは進行を妨げる暴風。感情を見せず、敵意も見せず。無表情のまま追って来るのは緋色の娘。
「俺らはどんどん花びらに埋められていって。んで、追い着かれた」
 背に触れた娘の感触。
 体重は感じなかった。けれど背全体に娘が覆い被さって来たのがはっきりと思いだされる。
 久樹は背後の娘が両手を伸ばしてきた瞬間を思いだして、震えた。
 あれはひどく白い手だった。
 からかうように、手は伸ばした指先をからめあって遊んでいた。そろりとそろりと指先は動き出し、首筋に辿り着いてしまう。と同時に、指は猛烈な勢いで首を締めてきたのだ。
「あれ?」
 首筋をさすりながら、久樹は眉をしかめた。
 ここまでの記憶は完璧だ。だが、その後のことが良く思い出せない。一体自分は何を感じ、何を抗い、何をしていたのだろうか?
「……思い出せねぇな」
「久樹?」
 呼びかけられて、久樹は爽子をみつめる。長い前髪を二本のピンで止めた幼馴染の表情は真剣で、ひどく心配そうだった。
「ああ、そういやぁ爽子の悲鳴が聞こえたんだ」
 ようやく一つ思い出した。それを取っ掛かりにして、記憶を更に手繰り寄せようとする。
 胸元をかきむしりたい苦しさがあった。意識は頼りなく遠ざかり、空気への飢餓感が胸を焦がした瞬間もあった。そしてなによりも熱かったのだ。
「熱い?」
 そうだ。
「爽子、あの時熱いって思わなかったか?」
 眉を寄せて尋ねる。爽子は首を振った。
「私は熱いとは思わなかった。ただね」
「ただ?」
「小さい火が見えたの」
 爽子は目を細めた。
 あの時目の前で舞い上がった土煙は、久樹の姿を急速に隠していった。空気が濃縮され重くなった感覚。直後に目前で炎が揺れる。
「炎が見えたと思った後のことは、私にも良く分からないの。後ろから近づいてくる声があって、気付いた時には突き飛ばされていたから。私の所に駆け付けて来てくれていた巧君と一緒に」
 巧はまっすぐに駆けて来た。盛り上がった地面の上を。
「え?」
 ひっかかりを覚えて、爽子が眉をひそんめる。
 まるで巧の為に地面が道を作ったようではないか? それに思いだしてみると、激しい土煙が沸きおこり、岩石が久樹を押しつぶそうとしたのは、巧が叫んだ直後だ。
「……なにか変だわ」
「どうしたよ?」
 中島巧が駆け寄ってきた光景も、岩石が持ちあがった光景も見ていない久樹には、爽子が何を訝しむのかが分からない。爽子は手で幼馴染を制し、振りかえって沈黙を守っている智帆を睨んだ。
「ねえ、智帆君。ちょっと聞いていい?」
「構わないよ、爽子さん」
 閉ざしていた瞳を僅かに開いて、智帆が答える。
「巧君は私を助けに来てくれたわ。でも、あそこは走れるような場所じゃなかった。どこに誰かがいるのかさえ、見えないような場所でもあったの。なのに巧君は走って来たのよ。……巧君の足元にだけ、盛り上がった地面があったから!」
「そう。なんか不思議な状況だな」
「ごまかさないでよ」
 白々しい声を出す智帆にめげず、爽子は勇気を絞りだすように拳を握った。
「巧君は私を止めたわ。でも私は久樹を助けに行きたかった。そしたら巧君は、そうよ『成功するか分からない』って言って……」
 ――震えろ!!! と、手を激しく打ち鳴らして少年は叫んだ。
 混乱しすぎて忘れていた出来事が、次々と爽子の中で順序立てて蘇ってくる。
「大きな岩が久樹に襲い掛かろうとした。どうしたら良いか分からなかった。ただ側に行きたくって。そしたら伏せろって声がして。……気付いたら私と巧君は突き飛ばされていた」
 突然、恐怖を与えられたかのように爽子の瞳が震える。
 久樹は爽子が興奮する理由を知らない。だが切羽詰まった様子なのは見れば分かるので、手を伸ばし支えるように彼女の肩を抱いた。
 爽子はびくりと震えて、瞳を泳がせる。頼りになる相手だと認識している久樹の瞳に行き着いて、彼女は少し微笑んだ。
 ――大丈夫だ。
 これは思い出している出来事で、今起きている異変ではないのだから。怖いことはない。
「今なら分かるわ。あの時、私と巧君に声をかけて突き飛ばしてきたのは静夜君だった。私、貴方の声も聞いたのよ」
「なんて言ってた? 俺は」
「竜巻って。言ったのよ」
 智帆の声を聞いた後のことは、全く覚えていない。
 気付いた時には、異常な光景は全て消えていた。見なれた、普段通りの景色に戻っていたのだ。――あの焦げた桜の木を除いて。
「ねぇ、どういうこと? 智帆君達は一体何をしたの?」
「ちょっと待った。俺達のせいって事にされても困るんだよ」
 低く智帆は呟くと、お手上げのポーズを取る。壁に預けていた背を離し、二人の前に進んで肩をすくめた。
「最初に言っておくけど、爽子さんが思っているようなことは何一つしてないよ」
「してないって……」
「してないさ。俺らは、爽子さん達を助けただけだ」
 反論を許さぬ強さで言い切り、智帆は手を持ち上げた。久樹が咄嗟に爽子を背後に庇う。「殴ろうとしてるんじゃないぞ」と憮然とした声で言って、智帆は目を伏せた。
 癖毛の髪がさらりと揺れる。
 保健室の窓は締め切られている。空調は他人の髪を揺らすほど強くない。風が動く状態ではなかった。
 突然発生した風の流れに、久樹はふと白鳳館の学生課で、襟足に風を感じたことを思い出す。強烈な悪寒を感じ、意識が弾けそうになったこともだ。
 あの時は、真っ白に染まった視界の中で桜が散った。
「――あ?」
 間の抜けた声をこぼす。
 白くなった視界の中に散った桜の光景は、水鳳館の横手で出会った異常にそっくりだ。
 ――そして、今感じている風。
「……智帆。お前……」
 知らず声が低くなる。眼差しが鋭くなったのを見て取って、智帆は少し目を開いて皮肉な視線を投げる。
「爽子さんだけに留まらず、久樹さんまで怖い顔になってきたな。なにか思いついたって所かな」
 人の悪い表情で呟く智帆の襟元を、久樹は掴み上げた。鋭さを増す瞳と瞳がぶつかる。背後に庇われている爽子が口を挟もうとした瞬間、威勢の良い音と共に扉が開いた。
「智帆にぃに何してんだよっ!」
 赤みがかった茶色の髪が、威勢の良い声と同じように跳ねる。声の主は脱兎の勢いで室内に入ってくると、智帆の襟元を掴む久樹の足を思いきりよく蹴った。
「いってっ!!」
 蹴ってきた足はスパイク付きの靴を履いていた。うずくまった久樹の後ろで、爽子が目を丸くする。
「巧君!?」
 侵入者は、野球帽と釣り目がやんちゃな中島巧だったのだ。巧の突進を一部始終入り口から見ていた川中将斗が、久樹に同情的な眼差しを向ける。
「あれ、痛いよなー」
 足をすりむいてんのかな? と暢気に呟きつつ中に入って、将斗は扉を閉めた。
 ごくろうさんと智帆は巧の頭を軽く叩く。
「巧、首尾はどうだった?」
「ばっちり! 多分、智帆にぃが考えている通りだぜ!」
 ふんぞり返って巧は威張る。誉めて貰うのが大好きな単純さが、智帆にはひどくおかしい。
 彼等の会話を耳に留めながら、爽子は久樹の怪我の有無を手早く確認した。特に怪我はない。「大丈夫」と軽く告げて、元気な巧に向きなおる。
「巧君。私、巧君に尋ねたいことがあるの」
 憧れの爽子に真っ直ぐな眼差しを向けられて、巧は狼狽して赤くなった。
「ちょっと待った。先にそっちに聞かないで欲しいな。案外爽子さんは策士だな。弱点をつく方法を把握してんだからな。ま、ようやく少しは説明に出来る材料が揃ったんだ。少しくらいは説明するよ」
 智帆は魅力的な笑みを浮かべ、小学生の肩を引いて爽子から離した。巧は残念そうにまばたきをし、上目づかいで智帆を見上げる。
「智帆にぃ?」
「報告」
「了解っ! んと、まず桜が咲いてた場所なんだけど。雄夜にぃの朱花の報告だと、白鳳学園内でだけ満開になってるってさ。な、将斗」
「だな。ケーキ買ってこっちに来てる間に、雄夜兄ちゃんが教えてくれた。だから確かだよ」
 朱花の報告という言葉に、ようやく立ちあがった久樹が「誰だ?」と爽子に尋ねた。首を振り、心当たりがないことを告げる。
「朱花についてはあとで説明するから、まぁ待ってなよ」
 タイミング良く智帆が口を挟む。報告の続きを促して、巧の背を軽く叩いた。
「白鳳学園内で咲いている桜も、位置が限られていたよ。えっと、学園駅から正門に続く沿道の桜と、白鳳館までの道の両脇。白鳳館入り口のあたり。あとは水鳳館の横まで」
「あとな、智帆兄ちゃん。言い忘れてたけど、桜の花びらは微妙に焦げてるんだぜー」
「焦げてる?」
 これは初耳だったので、智帆は驚いた顔で発言者の将斗を見やった。そうなんだよっ!と巧も手を打つ。
「燃やされたみたいにさ。桜の花びらの淵が焦げてたんだ」
「――なぁるほど」
 納得した表情になる智帆を、爽子が焦れて睨む。
「智帆君。一人で納得してないで。なんの意味があるっていうの? 桜の咲いた場所に」
「分からないかな、爽子さん。久樹さんの方は、ちょっとピンと来てるみたいだけどな」
「え?」
 瞬きをして、爽子は傍らの久樹を見上げた。あまり真剣な顔をしない彼が、ひどく厳しい顔になっている。
「久樹?」
「爽子。その桜が咲いてるポイントだけどな」
「うん」
「俺達が通ってきた場所じゃないか?」
「え?」
 爽子の顔色が曇る。
 駅前で待ち合わせをした。二人で白鳳学園を目指し、桜に驚きながら正門をくぐる。最後に学生課のある白鳳館の中に入った。
 全て桜の咲いたポイントを網羅している。
 声を失った爽子の前で、さらに久樹は歩んだ経路を思いだす。学生課を出たあとは寮である白梅館を目指して、水鳳館の横へと進んだ。
 そしてあの異常に出会ったのだ。
「いや、待てよ。白鳳館から水鳳館沿いまでは、桜は咲いてなかったぜ?」
 なにか怪しい部分の多い智帆が、あろうことか桜の異常開花に関係しているのは自分達のほうだと考えている事に久樹は気付いている。
 だが関係しているのなら、白鳳館から水鳳館までの沿道の桜も咲いていてしかるべきなのだ。
「なら、私達が通ってきた場所が咲いたの、単なる偶然よね」
 勝ち気さを取り戻した爽子が強く言う。
「智帆君だって見たでしょ。久樹と、静夜くんを運んで来た時、水鳳館と白鳳館を繋ぐ道の桜は咲いていなかったことくらい」
 智帆に両肩を持たれている巧が、爽子の言葉にひどくすまなさそうな顔になった。助けを求めるように、ちらりと従兄弟の将斗を見やる。
「なんだよー、巧」
 意地悪な返事をして、将斗は視線を受け流した。だが何ともいえない表情ですねている巧の姿に、やれやれと息を付く。
「爽子姉ちゃんの不利になること、言いたがらないんだもんなー。巧の奴。あのね、姉ちゃん達。そこの桜咲いてたよ」
「え?」
「だから咲いてたんだってば。さっき、俺と巧いなかっただろー? あれって、桜がどうなったか見に行ってたんだ。智帆兄ちゃんがさ、絶対咲いてるはずだっていうからさー」
 桜は咲いていた。
 織田久樹と斎藤爽子の通った道のりを正確にトレースして、開花していたのだ。
「ちょっと待てよ。そんなのって、有り得るのか?」
「有り得るんだよ。で、これに対しての見解は如何に?」
 小学生二人に喋らせていた智帆が、動揺する久樹に問い掛ける。そしていきなり彼が持ち上げた拳が、突如光りを放ち始めた。
「なんだぁ?」
 緑色に脈打つ光り。
 続けて、静まっていた智帆の髪が再び揺れる。巧と将斗の髪も揺れ、最後に久樹と爽子の髪が舞いあがった。
 ――風。
 弱い風ではない。
 髪をあおる強き風だ。
「なに!?」
 乱れる髪を咄嗟に押さえて、爽子は気付く。
「久樹。この風、変よっ」
「何がだ!!」
 爽子の瞳は保健室の内部を見つめていたが、久樹の瞳は緑色の光りを発する智帆の拳を睨んでいた。
「だって、風に揺られているのって私達だけよ!!」
 久樹の服を掴み、窓辺にかかったカーテンを指差す。強く風が吹いているのだ。本来なら狂ったようにはためくはずだ。
 けれどカーテンは静かに佇んだまま。
 謎の光りを宿して、智帆が笑っている。
「まさか……!」
 ごくりと唾を飲み込んだ。
 有り得ないことだ。
 なのにそれしか考えられない。
 智帆の目があざけるように揺れる。まさかともう一度呟いて、久樹は勢いよく手を広げた。
「この風を起こしてるの、お前なのか!?」
 叫びを受けて、智帆は少し顔を歪ませた。それがあざ笑っているように久樹には見える。
「本気でそう思えるか?」
「思えたんだよ!!」
 腹立たしげに怒鳴る。智帆は今度こそはっきりと笑った。
「当たり」
 智帆が言いきる。
 光が消えた。そして風が止む。
 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.