[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.04 秘めた力


「良く認識できました。普通こんな馬鹿みたいな能力を認める人間がなんていないんだけどな」
 智帆は光りを宿していた手を下ろし腕を組んだ。
 久樹と爽子は呆気に取られている。
「改めて自己紹介をするよ。爽子さんが白梅館に越して来てからの知り合いである俺ら五人は、全員普通の奴なら理解できない能力を持ってる」
 智帆は視線を巧と将斗に投げた。
 従兄弟同士は顔を見合わせ、揃って久樹と爽子の前に並ぶ。
「地面が隆起して巧の為の道を作ったのは、巧が大地の力を少し操れるからさ。視界がきかない桜吹雪の中で迷わなかったのは将斗の力だ。将斗は光り差す場所を見るとことが出来る」
 智帆の言葉に、巧が照れたように頭をかいた。将斗は「ちょっと大切な人とかの危険信号とかに反応して、見えるようになるんだー」と補足説明する。
「大切な人?」
 爽子が尋ねると、将斗は誇らしげに肯いた。
「だって、爽子姉ちゃん優しいし。俺は大好きだよ」
 爽やかな少年の言葉に、爽子は目を細めてありがとうと答える。あっ!と叫んで、巧は眉を吊り上げた。
「将斗、抜け駆けすんなよっ!!」
「力について説明しただけだろー」
「うう。ズルイぞ。俺だって爽子さんのことが……」
 好きなのに、と続く言葉を飲み込み巧は口を閉ざす。好意の感情は、こんなにも簡単に口にして良いものではないと思ったのだ。
 子供達の会話で少し場が和んだ。とはいえ問題が解決したわけではない。久樹は眉をしかめ、智帆を睨み続けた。
「それで、一体何が言いたいんだ?」
 久樹が知りたいのは、桜の開花や謎の少女の出現が、自分たちに関係していると智帆が考える根拠だった。彼らが奇妙な力を持っているのは理解したが、そんなことに興味はない。
 智帆は久樹の怒気をいなすように肩をすくめ、眼鏡をわざと掛けなおした。
「俺は風を操る。雄夜と静夜の双子は式神と水を使うよ。式神ってのは、火水風地の力を持ってる動物って考えていいだろうな。爽子さんが見た青い蛇ってのが、竜の形をした式神の蒼花だよ。朱花もそれだ」
「お前は何が言いたいだよっ!」
 久樹が怒声をあげた。智帆はそれでも動じない。
「言いたいのはさ。俺らの能力っていうのは、あんまり一般の人たちは気付けないってことだよ」
「はぁ?」 
 間の抜けた声。爽子は幼馴染の隣に戻り、激しく首を振る。
「気付けないも何もないんじゃない? だってあんなに大きな蛇とか、智帆君の緑色の光とか。派手すぎて目立つわ」
「そうだよ。もしそういう現象があったら、目立つんだ。凄い噂になるだろうな。こんなにも狭い学園内では特に」
「――そうね。そうだと思うけど」
 爽子の返事が低くなる。気弱になりだした兆候なので、久樹が怪訝な視線を投げた。
「爽子?」
「私、この学園内で変な力を持った人がいるって噂聞いたことないの。聞いたことがあるのは、物が壊れやすいってことくらい」
「でも爽子が寮に来たのは最近のことだろ? 噂になってても、知らないだけじゃないか?」
「私は確かに最近寮に来たけど、ずっとここの学生だったわ。去年だったら、私は高等部の三年で、智帆君たちは高等部の一年。噂になってたら、耳に入ったわよ」
 少し怒ったような口調で答えて、爽子は考え込む。似た噂を耳に挟んだことがなかったか、それを考えているのだ。智帆が苦笑した。
「無駄だよ、爽子さん。噂になんてなってないんだ。その物が壊れやすいっての、俺達に関する噂ではあるけど」
「え?」
 学園内でやけに物が壊れるようになったのは、織田久樹が転校してから三ヶ月後に発生し始めた現象だった。
 新品のピアノが、購入から三ヶ月で老朽化してしまう。補強してあった校門のコンクリートが腐食する。校庭の運動道具が錆びることもあった。
 物を朽ちさせる幽霊がいると、白鳳学園内では噂になっている。
 爽子の腕を、巧が引いた。
「静夜にぃの能力に関係してるんだよ。爽子さんも見たろ? 起きた爆発の痕跡がなくなったのをさ」
「見たわ。でもどうして静夜君に関係するの? 智帆くんが静夜くんは水を操るって言ったけど」
 爽子は垂れ目の少年を見やる。小生意気な表情で智帆は肯いた。巧はんとな、と言って両手を頭の後ろに回した。
「俺もさっき説明して貰ったばっかりだからなぁ。上手く言えねぇんだけどさ、静夜にぃは衝撃を跳ね返したり、無機物が受けた傷跡を”なかったこと”に見えるように出来るんだって」
「衝撃を跳ね返したり、傷跡をなかったように見せる? だとすると、爆発に巻き込まれたのに怪我しなかったのと、周りが何時もと変わらなかったのは静夜くんの仕業なの?」
「そうだよ。何時もと変わらないってのは見かけだけって事だけどさ。本当はぼろぼろだから、早い段階で壊れちまうんだって」
 巧と爽子が続ける会話を、久樹が苛苛した様子で留めた。それを見ていた智帆が苦い表情になる。
「本当にせっかちだな。久樹さんって」
「昔から口より手が出るのが早いって言われてたさ」
「平和解決出来ないのを自慢するなって」
 満面笑顔で切り返して、智帆は咳払いをした。
「怒ってんのは、なんだか不利な気がしてきたからだろう? 俺達の力は噂になっていない。何故かといえば簡単だよ。――見えないんだ」
 最後の囁きを、智帆はやけにゆっくりと口にした。
 噂になって当然だろうに、噂にならない智帆達の力。
 目にした派手な光景が網膜に蘇ってくる。緑色の光りと共に、風を起こした智帆。爽子が目撃したのは大きな青い蛇。衝撃を封じ込めたのは大江静夜の能力。
 ――見えたのだ。はっきりと。
「そんな事、あるわけがない」
 ごくりと唾を飲み込み、乾いた声で久樹は否定する。
「有り得るんだよ。俺達が能力を使う際に発する光や、雄夜の式神は、同じような能力を持っている奴にしか見えないんだ。だから噂にはならない」
「ちょっと待って。私、特別なことなんて何も出来ないのよ。特殊な能力を持っているって言われても困るわ」
 爽子が久樹の隣で立腹した声を上げる。
 智帆は首を振った。
「能力を持っている人間の誰もが、能力を発現させているとは限らないんだ。潜在したまま一生表に出てこない奴も居る。爽子さんはそうなんじゃないかな。ただ、久樹さんの能力は前に出てきてると考えていいと思う」
「どうして?」 
 納得できない爽子の表情を見計らって、会話から遠ざかっていた巧が前に出た。
「爽子さん。あの気持ちのわりぃ女がそこの男の首を締めた後、爆発が起きたろ?」
「――ちょっと待て。そういえば爆発ってなんだ? なんの話しだよ」
 ようやく爽子に話しかけられたにも関わらず、久樹に割って入られて巧は唇を尖らせる。爽子は久樹を見上げた。
「説明しなかった? 私」
「してねぇよ」
「説明したつもりになってたわ。あのね、火が見えたと思った時に、私は静夜君に突き飛ばされていたの。次には智帆君も来て。何が起きるのかと思った直後には、爆発が起きたの」
「爽子の近くで起きたのか?」
 目を見張り、久樹は改めて爽子の様子を観察した。心配しているのが分かるので、爽子は手を振って大丈夫だと意思表示する。
「体は何ともないわ。巧君がさっき言ってたでしょ? 静夜君は衝撃を跳ね返したりすることが出来るって。それで助けてくれたみたいだから」
「……俺らに危害を与えようとしたわけじゃないって事か」
 誰かに責任をなすりつけたがっているような久樹の言動に、今まで沈黙していた川中将斗が眉をつりあげた。巧が怒鳴る前に、今は自分に言わせろと前に出てる。
「お前、本当は俺らよりガキだろっ! 爽子さんが悲鳴をあげてたから、俺に見えたんだよ。だから巧が走ったんだ。智帆兄ちゃんも、静夜兄ちゃんも助けに行ったんじゃねーか!! さっきから聞いてれば、他人のせいにばっかしやがって!」
 癇癪を起こして怒鳴る。隣の巧が耳を塞ぐほどの大声だったので、久樹は驚いた。智帆が将斗を宥める。
「将斗。怒るなって」
「だってさー。腹たつよ」
「まぁな。腹が立つのは否定しない。ところで久樹さんさ、先程意識が途切れる前に熱いって感じたって言ってただろ?」
「ああ」
 とりあえず久樹は肯定する。
 空になる記憶の手前で、熱くなる瞬間を感じたのは事実だった。否定する理由はない。
「多分、久樹さんが秘めてる力は炎だよ」
「炎?」
「かなり攻撃的な能力なんだよ、炎はさ。爆発を起こすなんて朝メシ前だ」
「ちょっと待てよ。俺は熱いって確かに感じたさ。だからといって、何故俺が炎の力を持っていると決めることが出来る?」
「炎だと思わせる顕著な現象があったからな」
「ならそれを教えて見せろ。今のままだったら、俺は納得しない」
「往生際の悪いことで」
「そうやって今までやってきたんだ。往生際が悪いってのは、俺にとっては誉め言葉だよ」
 智帆より先に皮肉な笑みを久樹が浮かべる。少し意外そうな顔で、垂れ目の少年は腕を組んだ。
「一番”炎”だと思わせたのは、久樹さんが爆発に巻き込まれたのに、全くの無傷だったことかな」
「静夜が衝撃を防いだんだろ?」
「そうなんだけどな。静夜は久樹さんのことは防御下におけなかったって言ったよ。だったら何故、久樹さんは爆発の中で無傷でいられたのか? 変だろ? それで思い出した。風は俺に怪我をさせず、水は静夜に危害を与えない。大地は巧を、光りは将斗を、式神は雄夜を守る。だから爆発を起こしたのが久樹さんの秘めた力”炎”であったなら、怪我してないことは説明がつく。炎は炎の持ち主を守るからな」
 なめらかな智帆の声を聞きながら、久樹は反論を口にすることが出来ず沈黙する。
「炎は直接的な攻撃力が高いだけでなく、周囲に強い影響力を持つのが特徴だ。周囲の人間をやけに攻撃的にさせたり、肉体を持たない存在に力を与えたり。植物や自然現象に働きかけて、異常な成長や開花、局地的な異常気象まで起こさせたりする」
「異常開花?」
「満開になった桜の花びらは、焼け焦げたような跡があるものが多かった」
 智帆は窓辺へと歩を進めた。閉め切った窓のロックをはずし、勢いよく開く。心地よい春の風と共に、満開になった桜の花びらが飛び込んできた。
 ゆるやかにそれは室内を舞って、はらりと久樹の足元に落ちる。
「爽子。俺、なのか?」
「……分からない。でも」
 唖然とした声を出しながら、二人は舞い込んできた桜の花びらを睨む。
 炎だと主張する智帆の応援をするように。炎の影響を受けて咲いたのだと見せつけるかのように。
 ――花びらの淵は、見事に焼け焦げていた。
 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.