[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.02 緋色の残像


 指を持ち上げ、里奈は「なんなのよ」と先程に似た言葉を繰り返した。茫然とした瞳は、非現実的な光景に釘付けにされている。
 里奈は、四月一日から正式な学生課員として働き始める。今は四月前の春休みなので、本来出勤する必要はなかった。だが、自主的に学生課に現れ、雑用を手伝っていたのだ。
 轟音が響いた時も、里奈は学生課にいた。
 ――なにが起きたのだろう?
 好奇心が胸を締めて、里奈は立ちあがった。幼馴染を連れた斎藤爽子が来た時に少し休憩を取って以来、休んでいない。ならば休憩がてら、様子を見に行こうと思いたったのだ。
 里奈が突然姿を現わしたのは、こういう理由だった。
 彼女の佇む位置からは、土の壁に足元を覆われた緋色の娘の足先は見えない。
 それでも娘が空に浮いていると里奈は思った。
 娘の頭の位置が高すぎる。娘を囲っている土壁が足場になっているのかもしれないが、何故か里奈は娘が浮いていると確信していた。
 鋭い眼差しで、雄夜は里奈を凝視する。静夜も闖入者を確認していたが、戦慄が走って振り返った。
 あどけなく緋色の娘が笑っている。
 不気味さが抜け落ちていた。驚いた静夜の目の前で、緋色の娘の輪郭が崩れる。
 まるで空気の中に消えていくようだった。
 輪郭はさらに希薄になり、離散し、そして緋色の靄だけを残してゆく。
「何が……」
 目の前の光景から目を離せないまま呟く。一つ、ある事に思い至って息を呑んだ。
 先程の緋色の娘の笑みには、安堵が含まれていた気がする。なら、一体何に安心したのか?
 今娘が恐れるのは、邪気である己を滅殺出来る炎と、封じてしまう水だろう。
 ならば、水と炎から逃れる術を見付けたのか?
 本能が静夜に警戒を促している。目の前で緋色の靄は集結して球体を作りだした。赤い光りを点滅させ、狂ったような回転を始める。
 まるで消防車の赤いライトだ。
 息が止まりそうな焦りが胸をつく。とにかく防御せねばと静夜は焦った。顔をあげて片割れを探す。雄夜は立ち尽くしている里奈を睨んでいた。
 手が届く距離ではない。
 走り出そうとした足がもつれた。焦りの為に早く打つドクドクという鼓動が、静夜の不安をさらに掻き立てる。体が重い。長距離を、短距離のペース配分で何度も走ってしまった後のようだ。
「雄夜っ」
 かろうじて細い声が喉から出る。雄夜が反応して振り向いた。残っている力を振り絞って、静夜はもう一度声を上げる。
「こっちにっ!」
 音量のない声を補うために、手で招いた。
 雄夜はすぐに走りだし、合流すると同時に静夜は伏せろと地面を指差す。迷わず指示に従った片割れの背に、静夜は覆い被さった。
 体力が限界を迎えた以上は、防御化におくエリアを少しでも小さくしておかねばならない。
 緋色の光球が、放たれた矢の勢いで空を駈けた。
 静夜に衝突する寸前で、かろうじて水の結界が発動する。邪気の光球と、静夜の水は鍔迫り合いをする剣と剣のように、激しくせめぎ合った。
 静夜の心臓がドクンと跳ねる。
 伏せている雄夜が、動こうとするので首を振った。
 攻防は突然に終わり、結界に弾かれた光球が、三日月の軌道を描きながら前進する。
 くらくらする頭を持ち上げて、静夜は見た。
 絶句して立ち尽くしたままの本多里奈に向かって、光球が進んでいる。緋色の光球は、彼女の目にも映るらしい。大きく開いた瞳に、恐怖の色がはっきりと宿っていた。
 里奈は、光球に背を向けて逃げ出そうとする。だが慌てたせいなのか、小石につまづいて、前のめりに転んだ。立ちあがろうとする里奈の背に、無情な光球は牙をむいて飛びかかった。
 ――あれでは逃げれない。
 静夜は思った。
 彼女はとばっちりを食ったのだ。あれは、自分達に向かって放たれた攻撃だったというのに。そんな事を考える彼の目の前で。
 光球は里奈の中に吸い込まれていった。
 里奈の体が、電気をあてられたかのようにビクリと跳ねる。それからゆっくりと倒れていった。
 そして、静夜の意識もブラックアウトした。 


 やはり、炎だと決めつけられても納得できない。
 智帆に畳み掛けられ、圧倒されて、一度は納得した。だが落ち着きを取り戻してみると、簡単に納得して良いことではないと久樹は思い治す。
 小憎たらしいほどに、智帆は澄ました顔をしていた。
 反論するに相応しい言葉を探したとき、がたんと大きな音が保健室の中に響く。音は、椅子が床に転がった音だった。
「将斗くん!?」
 川中将斗が椅子から落ちていた。べったりと床に座り込み、小刻みに震えている。
「巧! 智帆兄ちゃんっ!」
 瞳は明後日の方向を凝視していた。何か恐ろしいものを見た顔で、切羽詰った声をあげる。
 中島巧は強く将斗の肩を掴んだ。
 びくりと、何故か巧までが顔色を変える。智帆は澄ました表情を収めると、久樹を押しのけた。
「何を見てる? 将斗」
「炎が!! 凄い勢いで襲いかかってるんだ。蒼花と白花がいるのに、なんか押されてるんだ! 変な女がいるっ!」
 必死に訴えて将斗は悲鳴を飲みこんだ。唇が「危ない」という言葉の形に動き、怯えた仕草で目をぎゅっと瞑る。
 智帆は安心させるように将斗の肩を叩き、低く問うた。
「場所は何処だ」
「えっと。多分、さっきの桜のところ」
「分かった。お前達はここで待ってろよ」
 迅速に立ち上がると、智帆は窓際に駈けた。先ほど桜の花びらが飛び込んできた窓枠に足をかけ、外に飛び出す。
「智帆にぃ!」
 巧は慌てて窓枠まで走った。動揺する従兄弟を置き去りにするつもりはなく、体を乗り出して去っていく後姿を見送る。
「大丈夫かな」
 巧の声が懸念を抱くように低い。
 突然の出来事に呆気に取られていた爽子は、その不安そうな声に、初めて緊張を覚えた。久樹の隣から離れて、巧の背に手を置く。
「ねぇ、何があったの?」
「……ん、と」
 説明するか否かを悩む素振りをみせる少年を、真っ直ぐに爽子は見つめた。
「巧君の言うこと、信じるわ。だから教えて欲しいの」
「……分かった。あのさ、将斗がさっき叫んだろ?」
「炎が凄い勢いで襲いかかっている、だったわよね」
「説明したけどさ。将斗は遠くを見ること出来んだよ。見えるのは、大抵知り合いが切羽詰ってて、助けを求めている時が多いんだ」
「助け?」
 やっぱり助けを求めてる時が、一番必死じゃん?と言って、巧は震える将斗を見やる。
「今、将斗が見てんのは、誰かが炎に襲われている光景。蒼花と白花がいるって言った。蒼花と白花は、雄夜にぃの式神だよ」
「危機に落ちているのって雄夜くんなの?」
「それだけじゃない。雄夜にぃがいるなら、静夜にぃも一緒だ」
「でも、静夜くんが一緒なら……」
 大丈夫じゃない?と続く言葉を濁らせて、爽子は首を傾げる。なにせ久樹が発生させたという爆発から、爽子たちを守ったのは静夜だ。炎に襲われても、心配の必要はないように思える。
 巧は激しく首を振った。
「駄目だっ! 全然大丈夫なんかじゃねぇよ! だって、静夜にぃはさっきの爆発を防ぐのと、後始末ですっごく力を使っちまったんだ。だから体力を消耗して、寝ちまった。今、目が覚めるわけがない!」
「え!?」
 少年の悲痛な叫びに爽子は顔色を変える。巧は彼女の横をすり抜けて、思いつめた顔で久樹を睨んだ。
「あんただっ!」
 怒りながら、泣き出してしまいそうな顔。
 久樹は面食らって言葉を失う。
 将斗は床に座ったまま、じっと何かを見つめ続けていた。その顔から緊張と恐怖は消えていない。まだ危機の光景を見ているのだ。
「ちょっと待てよ。なんで俺につっかかる?」
 大人気ない厳しい声で、久樹は反論する。巧は負けずに久樹を睨みつづけた。
「智帆にぃが言ったろ。炎は周囲に大きな影響を及ぼし、肉体を持たない存在に力を与えることも出来るって。あの女っ、あれは絶対に人なんかじゃない!」
「人じゃないだって? おいおい、いい加減にしろよな。人じゃないなら、あれは何だ?」
 威圧的に高い位置から巧を見下げる。
 唇を噛んだ巧のひどく悔しそうな表情に、爽子はハッとして二人の間に割って入った。急いで少年を背後に庇う。
「やめて! 久樹っ」
「爽子?」
「人なのか、人じゃないかなんて、ここで議論したって答えはでないわ。だって本物が目の前にいないんだから!」
「当たり前だろ、爽子。大体今考えてみたら、緋色の娘が見えたのだって、揃って白昼夢でも見ただけかもしれないしな」
 馬鹿馬鹿しいと吐き捨て、久樹は肩をすくめる。
 爽子に庇われた巧が、目を剥いて激怒した。
「ふざけんなよっ! 責任逃れもいい加減にしろってんだ! 大体お前なんて、あの女と同じくらい加害者だぞ! 爆発を起こしたのはあんただし、あの女に炎の能力を与えちまったのだって、あんただ!」
「なに言ってんだか。それにな、俺は実はライターもマッチも怖いんだ。火が苦手なんだよ。そんな俺が、炎の能力を持ってるわけがない」
 いい加減にしてくれと久樹が二人に背を向けた。いかにも面倒そうな動きで歩き出し、保健室を出ようとする。爽子は一歩前に出た。
「久樹」
「うるせーぞ、爽子。お前もそんな子供の妄想なんかに付き合ってないで、白梅館に行こうぜ」
「嫌」
 短く否定する。
 久樹が驚いて振り向く。視界に入った幼馴染の顔には、はっきりとした怒りが浮かんでいた。
 爽子は久樹と異なり、爆発の瞬間を目の当たりにしている。静夜や智帆に守られた自覚もあった。だからこそ、現実離れした話を、現実として受け止める土台が心の中に出来ている。
「私、確かめに行くわ。あの緋色の肌襦袢の子が、人なのか、人じゃないのか。――久樹が力を与えてしまった存在なのかどうか」
「ちょっと待てよ、爽子。お前まで、俺が炎だって考えるのか?」
 すぅ、と久樹の声が下る。本気で怒り出す手前の兆候であることは、幼馴染の爽子には分かる。だが一歩も引かずに、真っ直ぐな瞳で彼の目を見返した。
「辻褄があうわ。荒唐無稽な話だって、否定するほうが間違ってる」
「そういう問題じゃないだろっ」
「落ち着いてよ、久樹。なにも私、久樹を責めてるわけじゃない。でもね、信じられないで済ませられないでしょ? 本当なのか、嘘なのか、それは私たちが見極めなくちゃ」
 真剣な声と、眼差し。久樹は息を呑み、それからゆっくりと吐き出す。
「――ったく」
「止めても無駄よ、久樹。私が頑固なことぐらい、知ってるでしょ?」
「知ってるよ。ああ、嫌になるくらいにな。頑固な奴。――分かったよ」
 苦笑を浮かべながら爽子に折れると、久樹は巧の前に立った。
「悪かったな。正直なところ、なんか言い包められたみたいなのがシャクに触ってさ。つい意固地になった。という訳で、俺らはちょっと見に行って来るよ」
「――はぁ?」
 別に仲直りの感動的な反応を期待していたわけではないが、ここまで気の抜けた返事がくるとは思っていなかったので、久樹は肩を落とした。
「いや、だからさ。ちょっと様子をな」
「……あんたって、馬鹿なのか?」
「あのなぁ」
「だってそうだろ? なぁ、俺達の話し聞いてたか? あんたの力は、肉体を持たない存在――邪気に力を与えるんだぞ。あんたが行ったら、助けるどころか、もっと被害が大きくなっちまうじゃんか」
 不機嫌な顔になって、小さな体で巧は腕を組む。まだ炎だと認め切ったわけじゃないぞと、久樹は往生際悪く考えながら、ふと気付いた。
「邪気ってなんだ? それは初耳だぞ」
「そりゃそうだよ。さっき智帆にぃ言ってなかったし」
「教えろよ。爽子だって知りたいだろ?」
 巧の態度を見ていて、少年が爽子に淡い恋心を抱いていると久樹は気付いていた。自分一人の意見ではないことにすれば、口を割らせるのは簡単だろう。
 爽子が肯くと、案の定巧は口を開いた。
「邪気ってのはさ、智帆にぃや静夜にぃが言ってたけど、人の心の塊なんだって。普通は心の中にあるんだけど、それが時々外に出て、残っちまうことがある」
 説明するのが難しいのだろう。巧は一旦言葉を切ると、言葉を選ぶために少し考え込んだ。
「人が沢山いる所は、その分沢山の感情が飛び交うから、外に出ちまう心も多い。それが少しずつ集まって、大きくなったのを、俺達は邪気って呼んでるんだ」
「――邪気ねぇ」
「なんだよ、その不満そうな顔っ。説明しろって言ったの、お前だからな!」
 納得しきれていない久樹の表情と、きょとんとしている爽子の表情を交互に見てから、巧が悔しげに声を荒げる。
 降参のポーズで両手を上げて、久樹は指摘を試みた。
「いや、だってそれって単なる人の心だろ? それが固まったのがあるからって、なんで邪って意味の名前にしなくちゃならないんだ?」
「そんなん、簡単だよ。だって良くないもん。あれ」
「良くない?」
「大きな邪気がいる場所は、ひどく嫌ーな感じになっちまうんだ。人の性格が暗くなっちまったり、木が枯れたりさ。邪気の中でも強い力を持ってるのは、実体化して、悪さしたりもする」
「実体化? ってことは、あの女が人間じゃないって言ったのは、お前らの言う邪気が人間の形してるんだと思ったからか?」
「そうだよ。察し悪いな、あんた」
 だから様子を見に行くなんて考えんなよと言い捨てて、巧は将斗の隣に行ってしゃがみ込む。
「大丈夫か? な、今何が見えてる?」
 将斗は、見ている光景を巧に伝達することがある。先ほど、巧が将斗の肩に手を置いた瞬間がそうだった。
「……巧、女が光になった」
「光り?」
 不思議そうな声に、将斗は視線を動かして巧を見る。眼鏡の位置を治す仕草は、目の前の光景を普通に見ていることを証明していた。
「雄夜兄ちゃんの様子が変になって来てさ。で、マズイと思ってたら静夜兄ちゃんが起きて。ああ、これで少しは大丈夫かもって思ったら。なんか普通の女の人が現れてさ」
「女の人が? で?」
「兄ちゃん達が振り向いて女の人を見てる隙に、あの変な女が赤い色の空気になったんだよ。空気は集まって、点滅する光の球になって。兄ちゃん達に襲いかって」
「それで、どうなった?」
 恐る恐る、巧が尋ねる。
 将斗は力なく首を振った。
「見えなくなった。最後の最後が。なぁ、巧。様子、見に行こうぜ」
 先ほどまで見せていた怯えの表情を消して、将斗が立ち上がる。巧は難しい顔をした。
「智帆にぃはさ、ここに居ろって言ったぞ」
「なんだよっ。巧だって気になってる癖に。一人だけ良い子ぶんなよなー! 行きたいんだろーー」
「うっ」
 図星をさされて、座ったままの体勢で巧は息を呑む。ニヤリと将斗は笑い、手を伸ばした。二人肯いて立ちあがり、保健室の出口に向かおうとして絶句する。
「は?」
 久樹と爽子がドアを開けて待っていた。
「さ。行くか」
 怪しいほどに爽やかな笑みを久樹が浮かべる。
「なにやってんの。って、わわっ!」
 呆れた顔で年長者を指差した巧の腕を、爽子が取った。なんだぁ? と口走る将斗の腕は、久樹が掴む。
「というわけで、出発!」
 高らかに告げ、二人は子供たちの手を引いたまま有無を言わさずに走り出した。
「ああ!! だ、ダメだっていってんだろ! 爽子さんはともかく、あんたは行っちゃダメなんだよっ!」
「そう言われてもな。変な状態が起きてる中、俺たち二人きりにされても困るしな。なあ、爽子も残されるのは怖いだろ?」
「そうね。やっぱり、少し知ってる人が側にいてくれないと」
 手を取っている少年に、魅力的な笑顔を向ける。絶句して赤くなった巧を、将斗がいきなり高く笑い飛ばした。
「巧の負けーっ! ま、いいじゃん。向こうについてなんかあったら、智帆兄ちゃんと巧でどうにかすりゃいーし」
「あ、あのなぁ! 将斗っ! そんなに簡単な問題か!? 第一、雄夜にぃと静夜にぃがどうなってるか分かんねぇんだぞ!」
「そうだけどさ。でも、爽子姉ちゃん怖いっていってるぞー?」
 なー、と将斗は爽子に問い掛ける。澄まして頷く爽子を見て、巧は言葉を失って口をパクパクした後、強く手を振り払った。
「畜生っ! 何があっても知らねぇからな!! ちゃんと俺の側にいろよなっ!」
 完全にヤケになって叫ぶと、今度は一行の先頭に立ち、巧は走り出して行った。
 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.