[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.01 桜花乱舞

 静夜の様子に居たたまれなくなり、外に出た雄夜は気分転換に犬を散歩させていた。白鳳学園の側に住む老夫妻が飼っているシベリアンハスキーで、スイというオス犬だ。
 厳しくしつけられているスイは、散歩紐を強く引くようなことは普段しない。その犬が、突如前に走り出た。
 雄夜も敏感に顔を上げる。
 ――邪気の気配があった。
 ねっとりと、湿度の高い六月の空気に似た感触だ。それが肌に触れてくる。不快感に眉をひそめ、雄夜はとある建物を睨んだ。
 大学部水鳳館。
 その東側の三階の窓が、緋色に染め抜かれていた。
「邪気」
 呟く雄夜の瞳が剣呑に輝く。
 アスファルトを蹴って走り出すと、スイも勢いよく飛びだした。
 水鳳館の外門の下をスイは潜り抜ける。雄夜は持ち前の運動神経と長身を利用して、門を飛び越えた。
 窓を染める緋色は、点滅している。
 激しいことが起きる前兆に見えて、雄夜は正面玄関に飛び込む前に、財布の中の札を取りだした。
 守らねばならない存在は側にはいない。自分だけなら、怪我をしても別にかまわなかった。
 ――一人なら攻撃に専念できる。
「朱花っ!」
 気合をこめて鋭く呼ぶ。
 空中に放り投げられた札は一瞬で炎をまとい、大空をはばたく雄大な翼を広げた。
『ご命令を』
 真紅のルヴィーに似た瞳を朱花は主に向ける。動物の勘なのか、スイは一瞬足をとめて不思議そうな眼差しで式神が佇む付近を見上げた。
「邪気を牽制しろ。何か企んでいる」
『内部に二名の生命反応があるようです。いかが致しますか?』
「死ななければそれでいい」
 酷薄なことを言って、雄夜は正面玄関から中に飛び込んでいった。主の後ろ姿を見送り、朱花は命じられた通り三階を目指す。
 光は、強く、弱く、放つ光を変えながら脈打つ。翼を広げた朱花の瞳が室内を見やると、部屋の主である丹羽教授が本多里奈の体を大きく揺さぶっているのが見える。
「本多君っ!!」
 聞き取りにくい言葉を呟く里奈の目は虚ろで、肩を揺さぶる丹羽教授を認識していなかった。緋色の光が点滅する度に、里奈の髪が風もないのに持ちあがって揺れる。
 朱花は迷わずに、窓硝子目指して一気にスピードを上げた。窓に激突すると同時に、高い破壊音が響く。硝子が粉々に砕け散り、光を反射してきらきらと輝きながら散乱した。
「なにごとだっ!?」
 仰天したのは丹羽だ。
 式神が見えない丹羽は、飛びこんで来た朱花に気付いていない。彼には理由もなく突然窓ガラスが割れたように見えていた。
「本多君。外に出るぞ」
 突然のことに危機を感じ、丹羽はうずくまって動かない里奈の肩を抱いて立ちあがらせようとする。
 その手を里奈が強く振り払った。
『触るな。既に時によって朽ちた者よ』
「本多君?」
 冷たく、醒めた怒りを宿した眼差し。
 丹羽の知る里奈は、そんな目をする人間ではなかった。年齢だけは大人になったくせに、何故かいつも迷子の子供のように、途方にくれた目をしている娘だった。
「一体どうした?」
 里奈の変化をいぶかしむよりも、心配が募って丹羽はさらに手を伸ばそうとする。同時に、丹羽の目には映っていない朱花が、ぼっという音と共に炎の塊を吐きだした。
 逆巻く炎。
「離れろっ」
 鋭い声が背を打った。触発されて振り向いた丹羽に、素早く駆けこんできた影が飛びかかる。頭を守ろうとして手を上げて丹羽は腰を落とす。声をかけた本人である雄夜が、バランスを崩した教授の服をつかんで引きずり寄せた。
 丹羽の体勢を崩させた犬のスイは、床に着地したと同時に背後に飛びすさる。
 部屋に満ちた、物質を燃やさずに思念を滅する炎。
『愚かな』
 里奈の顔で、冷たい言葉を吐きだす。表情は動いていない。炎に向かって娘は手をあげた。
 炎が生まれる。これは物質を燃やす炎だ。
 ――浄化の炎と、物質を滅する炎が衝突する。
「スイ、走れっ!」
 雄夜は犬に声をかけ、声を失った丹羽を引きずって走り出した。二人と一匹が教授室を飛びだした所で、爆発音が響き渡る。
「部屋に残した資料は一体どうなる?」
 引きずられながら走る丹羽教授が、現実を理解しきれていない表情で声を出した。「知らない」と律儀に返答し雄夜は入り口を目指す。
 室内での争いは、静夜が結界によって被害をカモフラージュせねばならない範囲を広げることになる。出来れば外におびき寄せたかった。
 彼らが正面玄関から飛びだすのと、三階の窓から朱花が飛びだすのは同時だった。朱花を追って、窓枠から里奈が体を乗り出す。丹羽がそれを見付けて眉根を寄せた。
「本多君! 下がれ。窓ガラスが割れた枠に手をつくなど、何を考えているっ!」
 やけに迫力に満ちた、場違いな一喝。
 全く動きがなかった里奈の顔に、一瞬驚きの影がよぎる。唇が「教授」と呼ぶ形に動いたのを、雄夜は認めた。
 雄夜には詳しい事情は分からないが、女の中には邪気がいることは分かる。邪気が人の心に入り、侵略が出来るとは知らなかったが、完璧に支配したようには見えない。
 もし支配したのならば、里奈の唇は邪気の言葉を語り、里奈の顔は邪気の感情を宿したはずだ。
 女の体の中で、邪気と心が支配権を争っている。
「あの女に話しかけていろ」 
 雄夜は高等部の教師は知っていても、大学部の教授は一人も知らない。それを差し引いたとしても、普通の大人に対する口の聞き方ではない乱暴さに、丹羽はぎょっとした表情を浮かべた。
 雄夜は鋭い瞳で、丹羽の元教え子を睨んでいる。触れれば切れそうな緊張感は、少年が真剣であることを訴えていた。
 一つ咳払いをする。出来れば煙草を一服して落ち着きたいところだが、その暇もないらしい。背広のポケットの中の箱をもてあそぶ。
「何を話しかければ良い」
「なんでもいい。あの女の気を引くようなことだ」
「あの女ではなくて、本多里奈くんだ。以後は名前を呼ぶように」
 到って真面目に丹羽が訂正する。不思議そうな顔で振り向いた雄夜の顔に、あどけない子供っぽさを見付けて、丹羽は少し落ち着いた。
 どんな子供でも、生徒と思えば許容できる。
「気を引くようにか」
 改めて考えて、部屋の窓枠から冷たい顔で見下ろしている元教え子を見上げる。
「本多君。早くそこから離れなさい。離れなければ、改めてレポートを書いてもらうぞ。ないしは、卒論は受け取ってやったが、最低ラインそのものだったからな。機会があれば書きなおさせたいと思っていた。丁度良い、書きなおすか?」
 気を引くことを話せと言ったにも関わらず、レポートの話しを始めた丹羽に雄夜が面食らう。それでは駄目だろうと口に仕掛けて、雄夜はさらに驚いた。
 頭上の里奈がさっと顔色を変えたのだ。
「教授っ! それはこまります!」
 慌てて叫んだ里奈の顔には、焦りがはっきりと浮かんでいた。緩慢に丹羽は首を振る。
 これなら時間が稼げると、雄夜は即座に判断した。
「朱花。静夜にここを知らせろ」
 小さく声をあげて命じた雄夜に、朱花は『仰せのままに』と答えると再び空を羽ばたいた。
 邪気が他人の体に入っているのでは、強行排除に踏み切ることは出来ない。相手を傷つけ、殺害してしまう可能性もあるのだ。
 本多里奈から邪気を引きずり出し、叩く必要が生じた。これは一人では無理だ。
 雄夜は応援が来る前に、再び里奈の中の邪気が力を盛り返す事態を想定して、水の蒼花を呼ぶ札を手の中に握りこんだ。
 
 
 体を大きくのけぞらせる。
「わぁっ」
 内藤医院の扉の前。康太が調子の外れた声をあげた。
 扉を開けようと力を込めた瞬間に、扉が開いたのだ。力を込めていたことも手伝って、大袈裟に体を反らせる。その横を、静夜と智帆が飛びだして行った。
「静夜兄ちゃんに智帆兄ちゃん!?」
 将斗が驚く。走っていく二人から緊張を感じ取った巧は、即座に走りだした。
「朱花が呼んでるっ。――邪気がなにかをしてるんだ」
 子供達に気付いて、静夜が声を張り上げる。それで将斗も走りだした。一連の動きに呆気に取られた爽子と久樹は、互いの間抜けな顔を確認しあう。
「久樹、どうする?」
「さあなぁ」
 少年たちの足はかなり早い。
 なんとなく見送っていて、先頭の静夜の前に影が落ちていることに気付いた。不思議に思って目を凝らす。
 息を呑んだ。
 鳥が大空を舞う。見たこともない鮮やかな真紅の鳥。
 空を彩る翼は一メートル以上あった。優美な翼が羽ばたく度に、空に火の粉が散る。
「なに……あれ……」
 常軌を逸した光景。声を上ずらせる爽子を久樹は無意識にかばって、一歩下がる。
 鳥が振り向いた。その瞳が、僅かに久樹のそれとぶつかる。なにか、訴えかけられた気がした。
「な……ん……」
 言葉にならない。爽子が心配して久樹の腕を掴む。一人暢気な顔をしていた康太が、二人が見つめている空を見やって首を傾げた。
「二人とも、空が珍しいのかい? たしかに綺麗な青空だねぇ。それにしても、しーちゃんが元気そうでよかったよ。これで兄さんに怒られないですむ」
 のんびりとした康太に、久樹が眼差しを向ける。
「先生。何も見えないんですか?」
「何もって――何をだい? ああ、あのシブーストみたいな形をした雲のことだね。美味しそうだね、あの雲」
「……。爽子、智帆の話し覚えてるか?」
 ケーキの魅力について語り始めた康太を久樹は無視する。爽子は緊張の面持ちで肯いた。
「覚えてる。たしか雄夜君が式神を持っていて、それは普通の人には見えないって言っていたわよね。……私には蒼花っていうのが見えた。智帆君は、多分久樹にも見えるはずだって言ったわ」
 一旦言葉を切る。緊張しているのだろう。ぎゅっと幼馴染の腕を爽子は掴んだ。落ち着いていることを示すために、久樹は肯く。
「あの保健医に、火の粉をまきちらす鳥は見えていないよな」
「静夜君は、朱花が呼んでるって言ったわ」
「朱花は大江雄夜の式神の一つ」
 ごくりと、二人同時に息を呑む。
「俺は持ってるのか? 炎の能力を」
 久樹はついに炎を認める言葉を呟いた。爽子を見やり、今までは見せなかった意思の強さを瞳に浮かべる。
 目を見合わせる。そして二人は走りだした。
「ケーキはね、生クリームとスポンジが作る絶妙なハーモニーと言えると思うんだよね。だから作るときは……」
 などと一人語る康太のことは、もう誰の念頭にもなかった。
 
 
 とにかく外に引きずり出したい。
 蒼花の札を手に握り、捧げるように額に付けて、雄夜は切れ長の眼差しを細めた。ぽう、と青い光が生まれ、そして札の中に吸い込まれていく。
 論文の書き方に話しが飛んでいる丹羽教授の目の前に、雄夜は札を付きつけた。
「なんだね?」
 こんな時だというのに、論じる言葉を遮られて丹羽はやけに不機嫌そうだ。だが教授以上に不機嫌な顔をした雄夜は、札を無理に握らせる。
「あの女――いや本多っていう奴の様子が変になったら、これを天に掲げて叫べ」
 女といった瞬間に睨まれて、雄夜は言いなおす。窓辺に立つ里奈は、まだ丹羽の言葉に聞き入っていた。
「何だね、これは」
「お守りだ」
「困ったときの神頼みというわけかね? 神頼みなど、あらゆる努力をした者が、最後に心を落ち着かせるためにするものに過ぎん。効果などは――」
「うるさい。いいから掲げて叫べ。神様助けてだ」
「神様助けて?」
 怪訝に復唱して、丹羽は伺う目で雄夜を見やる。難しい年齢の少年であるので、いかがわしい宗教に染まってしまっているのではと心配したのだ。
 雄夜は教授の視線を無視し、地面を蹴って走りだす。
 女が落ち着いている間に、外に引きずり出す。それが雄夜の作戦だった。
 身を守る式神はない。攻撃も出来ない。良い手には程遠いが、何もせずに静夜が来るのを待つよりは良い。
 息一つ切らさず、三階まで駆けあがる。無残に黒く焦げた扉はノブが落ちていて役に立たず、雄夜は蹴破って内部に侵入した。
 身を乗り出すようにして、女が外を見ている。
 室内は惨澹たる有様だった。本が並んでいた棚は単なる黒墨となり、机は炭化して崩れてしまっている。丹羽の声に意識を集中している女は、一度も部屋の中を見ていないのかもしれない。
 大学部に入ったらこなすことになるレポートや卒論とは、それ程までに人の興味をかきたてるものなのかと、雄夜はふと考える。だが行うべきことは忘れていないので、即座に女の肩に手を置いた。
 一瞬女――里奈の体が奮える。
 その隙に雄夜は女を抱き上げた。里奈が自らの身に起きたことを理解する前に、来た道を逆走する。
「え、え!?」
 里奈の声は裏返っている。
 驚きは恐怖を呼び、恐怖は恐怖を与える現状への怒りを呼ぶ。一旦は支配権を奪われた邪気が、表に出てくるのは間違いなかった。
 三階から二階に駆け降りた地点で、里奈の声が消えた。
 二階から一階の階段途中の踊り場で、雄夜は熱さを感じる。
 女を抱える雄夜の手を包む、衣服が煙をあげた。
 ――熱い。
 正面玄関が見えて、驚愕の眼差しを浮かべている丹羽も見えた。
 腕の中の女が、ついと、うつむく顔を上げる。
 完全な無表情。
「叫べっ!」
 雄夜の声の真剣さに打たれて、丹羽は手渡された札を持ち上げた。小さな声で、けれどはっきりと雄夜が指示した言葉を叫ぶ。
 轟音と共に、女――邪気が丹羽めがけて炎を投げた。天に掲げた札は閃光を発し、水の蒼花の力がきらめく水のヴェールを丹羽の回りに作り出す。
 邪気が支配権を取り戻せば、かならず”里奈”の心を活性化させる丹羽の排除に動くと、雄夜は読んでいた。
 すぐにでも女を降ろし離れなくては、身を守る術を持たぬ雄夜は危険すぎる。手短な場所に降ろし、蒼花を実際に呼ぼうと口を開いた瞬間。
 邪気の周囲で、炎が膨張して弾けた。
 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.