[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.03 桜花乱舞

 燐光のような結界の光を身にまとって、静夜が片割れの名を呼ぶ。雄夜は迅速な動きで三つの式神の札を空に放った。
 視界の透明度を妨害していた白煙がかき消され、視野が一気に広がる。切れ長の眼差しで目標を捕らえると、雄夜は呼んだ。
「蒼花、白花、橙花っ!!」
 再び天に閃光。
 空に投げ出された札が発した光が、天に流星の軌跡を描く。
 一つは青。蒼花の名を持つもの。雲を呼び寄せ竜の形になり、空中に佇む。
 一つは白。白花の名を持つもの。金色の瞳にて邪気を捕らえる猫型の式神は、空でくるりと回転し降り立つ。
 一つは橙。橙花の名を持つもの。鋭い四肢で大地に降り立つ狼型の式神は、威嚇の吠え声をあげた。
 最後に朱花が炎をまとう翼を広げる。
 姿を現した四体の式神は、東西南北に陣取って、邪気に操られた里奈を包囲した。
 邪気に完全支配されつつある里奈の顔に、初めて焦りの色が浮かぶ。
「雄夜が四つの式神を同時に呼ぶことは出来ないって、知っていたみたいだけどね」
 青い燐光をまとったまま、静夜が冷静に告げた。
 確かに大江雄夜は四つの式神を同時に呼ぶことは出来ない。もし呼べば、肩代わりしている破壊衝動にたちまち心を食われ、理性を失い破壊の化身となってしまうのだ。
 だが、破壊衝動を封じることが出来れば話しは別だ。
 静夜は今、結界を張ることで、雄夜の中にある邪気によってもたらされる破壊衝動を封じている。
 秦智帆は式神四体が現れたことで、双子が里奈に怪我を負わせてでも、邪気の力を削ぐ決意をした事に気付いた。
 式神四体が揃った際の攻撃能力はかなり高い。不測の事態に備えて、智帆は風を呼べる体勢に入る。
「静夜!」
 名前だけを呼んだ。静夜は振りかえらない。だが気付いたのだろう、ゆっくりと肯いた。それと同時に、雄夜の声が空を裂く。
「攻撃展開!!」
 寄生している状態で里奈が死ねば、邪気もまた滅ぶ。すぐに離脱できるわけでもなく、邪気は肉体を守るべく防御体勢を取った。
 火炎と突風、濁流と岩石が邪気に牙を剥く。
 これは、精神体も物質も滅する攻撃だ。
 少年たちが能力を操る光は見えない。だが突如里奈に襲いかかった異常現象は、丹羽教授にもはっきりと見えた。
「よせっ!!」
 久樹が突如声を上げる。フォローをいれようと見つめていた智帆が、眼を見開いた。
 丹羽教授が走りだしたのだ。
 彼は四十二歳で、運動が得意そうにも見えなかった。けれど今教授が見せた走りは、誰も止めれないほどに素早い。
「攻撃を弱めろ!! 智帆、飛びこんでいった奴の周りに、風の障壁を作れ!」
 久樹がダッと走りだしながら鋭い指示を飛ばす。少年たちは息を呑み、ついで指示の的確さを納得して動いた。
 式神が強制的に戻される。
 水の結界が、攻撃にさらされた二人の周りに移る。
 教授の周囲に、風の守りが入った。
 
 
『ねぇ、本当に出来ないの?』
 ――そうよ。だって、最後がなくなったから。
『でも、あんなに頑張ったじゃない』
 ――頑張ったからって、全部が上手くいくわけじゃないし。
『でも報われないよ』
 ――誰が?
『誰がって……』


 ――私が。
 
 
 瞳が輪郭を掴めずにいる。
 眼の中にある違和感が、痛みを訴えていた。眼から意識していないのに涙が溢れてくる。コンタクトがずれたのだ。治さねばと手を動かそうとして、彼女は体中に痛みがあることに気付いた。
「本多君。怪我をしたのか?」
 ――声。
 心の中に自然に入って来て、染み渡ってくる音。怪我は?と再び問われて、首を振った。
 顔の形が分からなくとも、丹羽教授だと分かる。
 頬に風が触れ、自分の髪がたわんで持ちあがっていた。ぼやけて輪郭が掴めないが、丹羽教授の髪も同じように風に煽られているのが分かる。
 あちこちに走る痛みを我慢して起きあがり、鏡を取りだしてコンタクトを手早く治す。はっきりとした視界を取り戻して、彼女はぐるりと周囲を見やった。
 奇妙だ。
 ごうごうと響く風が二人を取り巻いている。その奥の光景は良く見えないが、屋外のようだ。
「教授、ここは? 私、部屋に伺ったのではないでしょうか?」
 教授室に居た記憶が彼女にはある。
「覚えていないのか?」
「覚えていないって、なにをです?」
 丹羽教授の物言いに疑問を覚えて、彼女は首を傾げる。矯正された視力で教授を見て、息を呑んだ。
「教授っ! どうされたんですか!?」
 丹羽は別におしゃれな方ではないが、だらしない格好をする人間でもない。にも関わらず、今の教授の髪は乱れ、背広が随分とよれている。
 一番気になったのは、到る個所が墨で汚されたようになっていた事だった。
 やれやれと教授が息を付く。
 まるで、単位を落とす生徒を決定した時のような声だった。
「どうやら、いつもの本多君のようだ」
「いつものって、あの?」
「覚えてないのなら今は聞かん。あとで思い出せ」
 ぶっきらぼうに命令すると、丹羽は里奈の隣に座り込んだ。二人を取り巻いている風はかなり激しく、触れると手が切れそうな気がする程だ。
「これ、待っていたら静まるんでしょうか? 竜巻ですよね。私、そろそろ戻らないと呆られてしまいます」
 風の壁を見つめながらぼやく里奈の横顔に、丹羽はひそかに混乱していた。元教え子の変わり様と、何も覚えていない様子が理解できなかった。
 
 
 織田久樹が少年たちの側に辿りついた時、彼らは揃って苦しげな息をしていた。二人の背後にある竜巻の奥には、男女が座り込んでいる影が見える。
 邪気の気配はあまり感じられなかった。
「感じない?」
 邪気の存在さえ知らなかったというのに、能力を自覚した途端、それを察知出来るようになる自分がおかしい。
 攻撃を中止する前、邪気は莫大な力を発動させて身を守っていた。その反動で、今は力を弱めていることも分かる。
「さてどうするかな?」
 能力は理解したが、自在に操れるわけではない。これから何をすべきかを決めるには、やはり相談が必要だった。
 相談できる相手を求めて、視線を投げる。
 智帆は中腰の姿勢で、膝小僧に両手を乗せていた。静夜は気管支炎にかかったような咳をしている。
 能力を酷使しすぎて、極端に疲労しているのだ。
 久樹の視線に智帆は気付いていた。だが声を掛けず、まず静夜を見やる。呆然とした顔で、一点を見つめていた。
「駄目かもしれない」
 いきなり静夜が呟く。その声はやけに暗い。
 怪訝に思って静夜の眼線を追うと、雄夜が何かを拾い上げるのが見えた。
 攻撃命令を受けて活動中だったというのに、強制的に札の中に戻された式神召喚の札だ。骨ばった手が、鮮やな色に染められている。
 真紅。
「雄夜っ!?」
 驚いた智帆を、静夜が制した。
「怪我を雄夜がしたんじゃない。――式神が……」
 声が震えている。
「静夜?」
 見掛けが少女のような静夜は、はかない印象を他人に与える。だが彼はとても強い心を持っている事を、智帆は知っていた。
 今の静夜は怯えている。それが智帆を不安にさせた。衝動的に肩を強く揺さぶる。
「――智帆?」
 怪訝そうな声。そこには、智帆を不安がらせた怯えはない。我に返って手を離し、まじまじと静夜を観察する。
 やはり普段と変わった様子はなかった。
「いや。……雄夜が怪我をしたんじゃないなら、あれは何だ?」 
 意味もなく肩を揺すったと思われるのは癪だ。
 冷静な問いを投げて、改めて雄夜を見やる。手をじっとりと濡らしているのは、やはり血に見えた。
 静夜は眼を細め、続けて伏せた。
「式神が味わった苦痛の証かな。式神を無理矢理戻したことで、彼らは発生させた自分自身の力によって傷つけられたんだよ。あれは血じゃないけど、血みたいなものだから。式神がどれほどの苦痛を受けたのを示してる」
 会話が聞こえているのか、いないのか。雄夜は淡々と札を拾っている。側にぴったりと、シベリアンハスキー犬のスイが従っていた。
「智帆、邪気を封じる方法と、炎で滅殺する手段はなくなったよ」
「――あん?」
 封じる術がなくなったのは、静夜がもう封印能力を使えなくなったからだ。だが滅ぼす方法までなくなったというのは、理解出来ない。
「雄夜の式神は、一ヶ月は機能しない。力が回復するまで、形を取ることも出来なくなるから」
「そうなのか?」
「まさか人が飛びだしてきて、攻撃を中止しなくちゃいけなくなるなんて考えてなかった」
 低く呟いて、静夜が雄夜を見やる。
 聞き耳を立てていた久樹が、つられて顔の向きを変えた。智帆は静夜の横顔を盗み見て、先程感じた怯えの正体に気付く。
 静夜は確かに怯えているのだ。しかも無意識に。雄夜が大切にしている何かを、傷つけてしまう事態が起きやしないかと。そして今、恐れる事態は起きてしまった。
「なぁ静夜。今回の一件には関係ないけどな。お前が水の能力を自在に操れるようになったのって、死にかけた前か? 後か?」
「は?」
「いいから。答えろよ」
「後だよ」
 質問の意味を計れずにいる静夜に手を振り、智帆は息を付く。
 雄夜は静夜が傷つかないように守り、静夜は雄夜が心に傷を負わずに済むように守っている。
 揃いも揃って、過保護とは嫌な双子だ。根が深い。
「……不気味だな」
 顔をしかめ、気分を切り替えるべく首を振った。拍子に、駆けよって来た爽子に久樹が事情を説明する姿と、子供たちが側に立ったのが眼に入る。
「なあなあ。俺らになんか出来なること、ない?」
 真剣な表情の巧の頭を、ポンッと智帆は叩いた。
「次に邪気が攻撃を仕掛けてきたら、防御出来るのはお前の能力だけになったからな。出来ないどころか、出来まくりだ」
 大地を操る巧の能力は、水の結界ほどの効果はないが、邪気の力を弱めることが出来る。遠くの光景を視ることが可能な将斗の能力は光属性で、これも本来は邪気を弱めることが出来るのだ。
 冗談めかしているが、実際に子供たちの能力を当てにする必要が生じるかもしれない。
「好みじゃないなぁ」
 嫌そうな智帆の呟きに、静夜が同意する。
 説明を聞いた後、爽子が手を打った。
「ねぇ久樹。さっき炎を作り出したでしょう? あれって意識していたの?」 
 さっきとは、邪気によって炎の能力を引きずり出されかけた時のことだ。
「いいや。全く。なんかこう、体の奥にある何かを無理矢理浮上させられた気がしたな。俺は何もしてないよ」
「だったら。ねえ、智帆君、静夜君。二人は能力に精通してるでしょ? だったら邪気がしたように、久樹の能力を貴方たちが引き出せるんじゃない?」
 聡明そうな瞳をくるりと動かして提案する。
 鳩が豆鉄砲をくらったような顔をして、少年たちは顔を見合わせた。しばらくして、巧が智帆の顔を覗きこむ。
「なあなあ、出来るんじゃねぇ? だってさ、俺が大地を呼ぶ時に智帆にぃ制御を手伝ってくれたじゃん。あれだって、外から力に影響を与えたことになるわけだよな」
 巧の言葉尻に従兄弟の将斗が乗る。
「押さるのが出来んなら、爆発させんのも出来るって感じだよなー」
 子供たちは同時にニヤリと笑った。爽子は嬉しそうに、そうよと手を打つ。
「今のままじゃ駄目だね」
 邪気を滅するのに最も適するのは炎。光明が見えて喜びかけた一同に、静夜が水を挿した。爽子が眉をしかめて首を傾げる。
「どうして?」
「邪気は力を失ったわけじゃないんだ。今はただ、攻撃に転じる機会を伺っているにすぎないよ。その時に最も大きな力を発動できるように、成りを潜めてる」
 ちょっと待て、と久樹が口を挟む。
「なら成りをひそめている間に、邪気を引きずり出せばいいんじゃないのか?」
「無理だよ。人の中から邪気を引きずり出す能力を持ってる奴なんて、僕は聞いたこともない」
 それに本当のことを言えば、邪気が人の体に入っていること事態が奇妙すぎる。何故里奈の中に邪気は入ることが出来たのか。
「あれ?」
 一瞬、何かが分かった気がした。確か先程も、何かに気付いたような気になったのを覚えている。
「えっと……」
 考え込もうとした静夜の肩を、久樹が叩いた。距離が近くてのけぞった少年に、早口で告げる。
「だったら、邪気が目覚めて表に出てきた瞬間に消せば良いんじゃないか?」
「悪いけど、それも駄目だよ」
「また駄目か」
 心底嫌そうな表情を久樹に浮かべられて、静夜は呆気に取られた顔になる。けれどそれをすぐに納めて、澄ました仕草で肩をすくめた。
「邪気を完全に目覚めさせたら、体を奪われている女性の心は食らい尽くされて元に戻らなくなるよ」
「は?」
 間抜けな声を久樹が声を上げる。爽子が体を前に乗り出して、静夜の目を見つめた。
「ちょっと待って。それってどういうこと?」
「言葉通り。二度と彼女の意識は戻らないな」
 自分の存在もアピールするように、はずした眼鏡のレンズを拭きながら智帆が言う。軽い口調だが、内容は重い。衝撃によろめいた爽子を、久樹が支えた。
 子供たちも神妙な顔つきになっている。
「絶対にあの女を助けたいんだよな。爽子さんは」
 智帆がさりげなく重要なことを確認する。こくこくと爽子は何度も肯いた。
「当たり前。だって本多さんとは友達だもの」
「だったら。俺と静夜は久樹さんの能力を制御する役目は負えない」
「どうして?」
「静夜は消去されそうな心を、結界で守る。俺はこちらが仕掛ける炎が、彼女の肉体を壊さないように風で防ぐ」
 爽子が肯く。久樹は振り分けられていく人数を、指折り数えていた。
「巧は、邪気が仕掛けてくる攻撃から俺たち自身を守る。一人じゃ力が暴走するから、しないように将斗が助ける。出来るよな?」
 子供たちは顔を見合わせてから、うん、と元気良く返事をした。
「久樹さんは炎の能力を解放して――と言いたいところだけど、これは一人じゃ出来ない。でも手伝ってやれる順当な奴が居ないんだ。一人、手が開いてるのがいないことはないけど」
 智帆の眼が、ちらりと雄夜を見やった。静夜が心底困った顔で首を横に振る。
「無理だよ。あの協調性のない雄夜が、久樹さんの力をどうやって制御するのさ。それに、式神を行動不能に陥らせたことで、雄夜はあれでも悲しんでる。今は何もしたくな……」
 静夜の言葉を、智帆は手を上げて切らせた。
「拒否するなら代理案を出す。どうだ?」
「……ちょっと、考えつかない」
「だろ? じゃあそれで行くしかない。爽子さんが拝み倒せばいい。あれで雄夜は律儀なんだ、ご飯を作ってあげたでしょう? とでも言えば折れるさ」
 私が?と尋ねる爽子に智帆が肯く。静夜は眉根を寄せて友人に詰めよった。
「智ー帆ーっ! そこまで雄夜は単純じゃあ」
「ないか?」
「うっ」
 見事な切り返しに、静夜は言葉をつまらせた。分が悪い。しばらく押し黙ってから、こほんと咳をした。
 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.