[第一話 サクラ咲く]

前頁 | 目次 | 次頁
No.04 桜花乱舞

「分かった。それで雄夜が納得するならいい。言っとくけど久樹さん、雄夜がどんな手段を使うかは分からないからね」
「――そ、それは一体どういう」
 緊張の面持ちの静夜に告げられて、久樹は返事に詰まる。一瞬、最悪の初対面の光景が頭によぎった。
「具体的には分からないよ。ただ雄夜はあれで人見知りするし、他人にあまり興味がないし。引き出せれば問題ないんだな、とか短絡的に考えるから、どんな手段を取るか分からない。まあ怪我をさせるようなことはしないと思うけど。それとも、久樹さんはすでに雄夜を怒らせてるとか?」
 だとしたら怖いよ、と言葉を続ける。久樹の背後で、保健室の一件を知っている少年たちが、声を殺して笑っていた。
 おのれガキ共と内心文句をたれつつ、久樹は乾いた笑みを顔に張り付かせる。
「いや、その、なぁ。あ、あははは」
「言ったんだ。――本当に、何があっても僕は責任取らないからね。さて、ここまでクリアしたら問題は後一つだ」
 すこしふざけていた表情を、厳しいものに切り替えて、静夜が腕を組んだ。青白い顔色に、久樹は彼の疲労がかなりのものである事を思い出す。だが、それをおくびにも出していない。
 静夜と智帆は、集中すると疲労を一時的に忘れるタイプなのかもしれなかった。
「智帆、久樹さんの持つ炎の能力を引き出せたと仮定して、邪気を滅殺出来る可能性はどれくらいあると思ってる?」
「そうだな。まあ、十パーセント程度ってところか?」
「十もあるかな?」
 静夜と智帆が、なにやら雲行きの怪しい会話を始める。不審に思って首を傾げた爽子を、子供たちが見上げた。爽子とは話しをしたいが、久樹とは会話をしたくない巧に変わって、将斗が口を開く。
「あのさー、爽子姉ちゃん。あの本多さんって人の中に入っちゃった邪気って、どんどん力が大きくなっているんだよ。それを滅ぼすってことは、もちろん、すっごく沢山の力がいる。静夜兄ちゃんと、智帆兄ちゃんとで、雄夜兄ちゃんの朱花の能力をフルに引き出せれば、滅殺も出来ると思うけど」
 口を一旦つぐむと、爽子と一緒に話しを聞いている久樹を見やった。
「今の爽子姉ちゃんの幼馴染君だと、俺たち以下だもんなー」
「……。あのな、俺は織田久樹っていう名前があるぞ」
「うん。知ってるー。でも名前呼ぶほど知りあいじゃないじゃん?」
 にこやかに笑って、将斗は肩をすくめた。がっくりと久樹が肩を落としたので、分かったよーと答える。
「んじゃあさあ。説明するけど、今の織田さんの能力って、能力をコントロール出来ない俺たち以下なわけ。たとえ雄夜兄ちゃんが織田さんの力を引き出しても、それは不安定な力に過ぎないから。だから強くなった邪気には、きかないわけ」
 レベルが足りないって感じー?と、ゲームでも楽しむような言葉を付け加えて、将斗がにやにやと笑う。
 久樹と爽子は顔を見合わせた。
「じゃあ、本多さんはどうなるの?」
「それを今智帆にぃと静夜にぃが考えてるよ」
 ぶすっと黙っていた巧が口を挟む。
「邪気っていうのはさ、前に静夜にぃが言ってたけど、人が抱え込んだ感情から生まれてるんだ。だから、邪気ってのは解決されていない何かを、持ってる場合が多いんだって」
「えっと、例えばどういう感じ?」
 腰を屈めた爽子が、巧の眼を見つめて尋ねる。すぐに頬を赤く染めた少年の反応に、我が幼馴染殿も罪作りな奴だと久樹は思った。 
「えっと、だから。怒ってる時って、怒る理由があるわけだし。憎んだ時だってその理由があるよな? これを少しでも解消してやれれば、邪気の力は弱まるんだよ」
「邪気が、弱まる」
 静夜は難しい顔で考え込んでいる。代わりに、智帆が彼らの会話に興味を示した。
「弱くなってくれないと、あの邪気に対抗することなんて出来もしない。静夜の封印も、雄夜の朱花も使えない状態なんだ」
「そうなの。ところで静夜君はどうしたの?」
「いや、何かが引っかかる気がするのに、何が引っかかるのかが分からないんだってさ」
 うーんと、静夜は首をひねっている。智帆は肩をすくめて、理由を探るにも情報が少ないと息を付いた。
「邪気が姿を見せたポイントとか、桜を咲かせた事実とか。緋色の肌襦袢を着ていたこととか。ヒントはあるんだ。だから時間さえあれば、ちゃんと調べて原因を探すことも出来たと思うけど。今は時間がないし」
 智帆の背後には竜巻がある。風で隔離した本多里奈から、邪気が出てくる気配はない。けれど、多くの時間が保証されているわけでもないのだ。
 風は智帆に、盛んに警戒を促している。
 難しい顔の智帆と、首をひねっている静夜の前で、久樹がそうだと声を上げた。考え込んでいる静夜の肩を軽く叩く。
「智帆には話したんだけどな。俺は、意識を失っている間に夢を見てたんだよ。肌襦袢の女が現れて、殺すとか言っててな。地面には、生首がぎっしりと埋められていた。そして最後に、俺は刺されたんだ」
 思い出してもぞっとする。
 腹部に走った灼熱の衝撃と、痛み。
「刺された? それに生首の山があったって?」
 久樹の言葉に興味を示して、静夜が顔を上げる。何か気付くことがあったのだろう。瞳に鋭さが走った。
 緋色の肌襦袢の娘。周囲には満開の桜。
 彼女は銀色の凶器を手に、殺すと呟く。
 足元を埋め尽くすのは無数の生首だ。
「そんなの、現実感がなさすぎる――」
 人の心から邪気は生まれる。その為なのか、人が見ている現実から、かけ離れすぎる邪気は少ないのだ。
 式神を召喚する札を握りしめ、沈黙を守っていた雄夜が顔を上げた。必死に考え込んでいる片割れを確認して、低く「静夜」と呼ぶ。
 瞳を驚きにまたたかせて、静夜は振り向いた。
「俺が邪気を見た時には、普通の女だった。ただその後に、普通の奴と、肌襦袢の女が交互に現れては消えた」
「普通と、普通じゃないのが交互に? えっと……」
「最後は、攻撃を仕掛けてきた肌襦袢の女のほうになった」
 それだけ言うと、再び雄夜は黙りこむ。静夜はもどかしさに眉をしかめ、ヒントを求めて智帆の肩を強く揺さぶった。
「変なことが、普通の現実で起きるって何だと思う? 普通の人が、普通じゃないように見えるんだよ。変な状況も、そこにあって……」
 桜がいきなり散って、緋色の娘が立って、足元には生首。これが普通の状態であるわけがない。
 分かりそうなのに分からなかった。
 焦れて困惑する静夜の腕をいきなり智帆が掴み、引き寄せると間近で告げる。
「演じてる、だ」
「――演じてる?」
 現実で、非現実的なものを”見せる”もの。
「それじゃあ!」
 静夜が上げた声に呼応するかのように、竜巻の中で邪気の気配が膨張した。
 ――目覚める。
 智帆が風を操る体勢に入る。子供達は息を整えた。話しを聞いていた雄夜は、ごねることなく久樹の側に立つ。静夜は里奈の心を守る為に水の力を集めながら、声を張り上げた。
「爽子さん!」
「――え?」
 役目を与えられていなかった爽子は、名前を呼ばれて驚く。静夜は焦った表情で、学生課の方角を差した。
「学生課で、四年前の学校祭で本多里奈がどこのサークルに属していたかを調べて来て欲しいんだ。彼女の属していたサークルが何をしていたのか。何をやったのか。そのデータをプリントアウトして持ってきてっ!」
「え?」
「四年前に、本多里奈は舞姫に関わっているはず」
 静夜の声に打たれて、爽子が走りだす。
 ――そして、弾けた。
 竜巻の内部から走る緋色の閃光。
 まさに、天を赤く焦がす邪気の色だった。
 
 
 どくん、と。
 爽子の心臓が高鳴った。背後に置き去りにした友人達のいる場所で生じた激しい音に、胸を強打された気持ちになる。
「早く――」
 戻らなくちゃと、唇の中で呟いた。
 もっともっと早く走れればと願いつつ、爽子は必死に白鳳館の学生課を目指す。
 静夜は学生課で四年前の出来事を調べろと言った。
 それは可能なことだ。四年前から、学園長の命令で、生徒達の実績をデジタル化して残す作業が行われている。特に各サークルの活動内容は、重視されていた。
 爽子は息を切って館内に飛びこみ、目的地を目指した。人気の少ない館内は、しんと静まり返っていて、彼女が走る音だけがやけに高く響く。
 学生課で、中年の女性が眼を丸くして爽子に視線を投げた。説明をする暇も惜しまれて、端末を貸りますとだけ告げると、自分の学生カードを急いで取りだす。
 生徒達が自由に使える端末は三台。
 学生カードを端末に接続しているカードリーダーに読ませた。ピッという音と共に、ブラックアウトしていた画面が生き帰り、パスワード入力画面が現れる。
 冷静にパスワードを打ちこみ、爽子は四年前の学園祭のデータが入力されているデータベースを選択した。
「検索単語は……えっと、所属サークルと、本多里奈で大丈夫かな」
 滑らかな指の動きでキーボードを叩く。すぐに結果が表示された。本文の一部が表示されている一覧をざっと確認し一つを開く。
 ――本多里奈。サークルには所属せず。
「え?」
 自分が見た文字の意味を一瞬理解できず、爽子は唖然とした声を出した。里奈はサークルに入っていない?
「嘘。それじゃあ」
 冷や汗が額に伝う。
 他に四年前の学園祭に関わっている可能性はないだろうか。試しに名前だけで検索をかけたが、検索結果が多く出過ぎて、情報を拾うには適さない。
『本多里奈は舞姫に関わっているはず』
「舞姫」
 思い出した静夜の言葉を呟く。必死の面持ちの爽子を見つめていた中年の女性が、あら、と笑った。
「舞姫について調べているの? 大学の演劇サークルの子?」
 突然の言葉に驚いて振り向くと、学生課の中から中年の女性が出て来ていた。
「演劇に関係しているんですか? 舞姫って」
 どきりとして尋ねる。女性課員は爽子の隣に来ると、手を伸ばしてキーボードに触れた。
「舞姫って、オリジナルの台本でやるはずだった演劇サークルの芝居の題名なのよ」
「演劇?」
「そう。……えっと、これよ」
 慣れた手つきで、演劇サークルのデータを呼び出す。画面に現れた写真の中で、十人前後の男女が笑っていた。日付は四年前だ。
「個性的な子たちが集まってる時だったのよ。白鳳の演劇サークルはいつでも良い演技をするんだけど、あの時が一番役者が揃っていたと思うわ」
 思い出話を聞きながら、写真を見つめ続ける。日本人形のような髪型の、派手な顔立ちの美人に目を止めた。
「綺麗な人」
「その子は榊原さんよ。準主役の舞姫役だったのよ」
「舞姫役?」
「緋色の肌襦袢に、扇子を持ってね。練習を見たこと有るけれど、そりゃあ似合っていたのよ」
「緋色の肌襦袢に、扇子」
 ぞくりと、肌が粟立った。
 ――同じだ。
「邪気と、同じ? でも、静夜君は本多さんが舞姫に関わってるって言ったわ」
 里奈はサークルに属していない。
 ヒントはないものかと、食い入るように写真を見つめた。映っている人物を数え、横にある名前も数える。それで数が違うことに気付いた。写真に映る人物の方が、名前の数より多いのだ。
「――あれ?」
 再び写真に目を止める。
 榊原という娘の隣に、曖昧に笑っている童顔の娘がいた。長い髪に、眼鏡をかけている。特別目を引くような顔立ちではない。
 だが、誰かに似ていた。――だが、誰に?
「こういう感じの友達はいないし」
 ――本多里奈は舞姫に……。
「あっ!」
 里奈だ。
 眼鏡と長い髪のせい分からなかったが、この顔は確かに本多里奈だ。
「本多さんっ」
「あら、本多さんの知り合いなの? 今年彼女が学生課に配属になるでしょう。だから、最近この舞姫の話題になったのよ。それで私も、貴方が呟いた時にすぐ分かったんだけど。実はね、本多さんが舞姫の元になった小説を書いたそうよ」
「本多さんが?」
 繋がった。
 確かに本多里奈は舞姫に関係している。
「本多さんの小説でやりたいって榊原さんが言ったらしいわね」
「榊原さんと、本多さんは友達だったんですか?」
「姉妹のようだったらしいわよ。四つ年が離れていたらしいし」
「そうですか。それで、舞姫の舞台はどうなったんですか?」
「中止になったわ」
「え?」
 爽子の驚いた声に、女性課員は再びキーボードを叩いた。二つのテキストが画面に表示される。一つはシナリオ形式で、一つは小説形式だ。
「見て。小説の方には最後が消えてるの。舞姫の台本は、最後まであるでしょう」
 おかしいと思わない?と女性課員は言う。
「未完の小説だったのと聞いたら、本多さんは”本当は終っていたけれど”って呟いたのよ。驚いて聞き返したら、はぐらかされちゃってね。真相は分からなかった。でも私は思うけど、多分誰かに小説の最後を消されちゃったんじゃないかしらね」
「なんで消すんです?」
「だから、内容が芝居に相応しくなかったの。きっと。で、芝居のためのシナリオが優先されたんじゃない? だから小説は消されてしまった」
 うんうんと大袈裟に呟きながら、絶対そうよ、本多さんが可哀想ね、と女性課員は言葉を閉める。
 爽子はなんとなく納得できずに、首を傾げた。
 芝居の為にラストが変えられるのは、珍しいことではないと思う。わざわざ小説の最後を消す必要があるだろうか?
「それでね」
 力のこめられた女性課員の声に、考え事を中断させられて、爽子は視線を向けた。
「変なことが起こり始めたのよ。練習中、奇妙な声が聞こえて来たり、誰かが居るって騒ぎ立てる生徒が出たり。舞台を怖がって、大学に出てこなくなった生徒もいたらしいわ。それでも練習は続けられて。最後に、怪我人が出たらしいの」
 奇妙な声。
 そして居ないはずの誰かが見える。
「――似てる……」
 それで中止になったのよと女性課員は告げると、立ち上がって学生課の中に戻って行った。目眩を感じながら、爽子はラスト付近のシナリオと小説、そして荒筋をプリントアウトする。
「本多さんが書いた小説。なくなったラスト。そして中止になった舞台」
 出てきた十枚ほどの紙を掴んで、爽子は走りだした。
 あの邪気は、一体誰が残した感情から生まれたのだ?
 分からない。分からないが、これを持っていけば全てが解決するような気がして、爽子は急ぐ。
 爽子がプリントアウトしたシナリオの最後には、舞台は野外ステージ――大学部水鳳館前に予定と記してあった。
 
 
 強烈な熱が周囲を走る。
「巧っ!!」
 将斗の声が響いて、巧は勢い良く地面に両手を付けた。邪気の力を削ぐ方法がわからない以上、まだ反撃に出ることは出来ない。
「盾になれっ!」
 望む効果を、具体的に命じる。将斗は巧の肩に手を置き、持っている力を従兄弟に注ぎこむようにした。
 邪気の目覚めと共に、里奈の心は今にも食いつぶされようとしている。それを止めるべく、静夜は残る力を振り絞って彼女の心に水の守りを注いだ。
 里奈の隣では、普段と変わりない様子から、再び激変した元教え子に丹羽教授が唖然としている。
 里奈の心を戻す時に助力が必要になるが、今は丹羽は邪魔な存在だった。
 静夜が智帆に目配せをする。
 丹羽教授に現状を説明する時間はないし、説明しても納得させられるとは思えない。
「了解。ちょっと荒業だけどな」
 不敵に笑うと、智帆は爆発的な突風を掌に呼んだ。何秒か後に、突風が丹羽教授を後方に吹き飛ばす。
「無茶苦茶だな、あいつら」
 結構可愛い顔してる癖にと呟き、久樹は目を剥く。里奈の身体を完全に乗っ取った邪気の力は、強烈な熱を放つと共に、とぐろを巻く炎を放った。
 身体が焼かれる、と思った瞬間、隆起した地面が盾となって目の前に立ちふさがる。
 中島巧が呼び出した大地の盾だ。だが、炎は防ぎ切っているものの、熱までは防いでいない。
 今の巧の力では、それが限界なのだろう。
 子供達二人の必死な様子を見て、続けて静夜と智帆の様子を見て久樹は息を呑んだ。
 久樹自身は暑さに強いが、逆に静夜と智帆は暑さに弱いらしい。苦しげな様子が、見ていてひどく辛かった。
「何時まで、こうやって耐えていればいいんだ!?」
 とにかくこの強烈な温度から解放してやりたくて、久樹が切羽詰った声をあげる。それは丁度側に居た雄夜に訴える形になった。
「知らん」
 久樹の問いを、一言で雄夜は退ける。
 驚いて視線を投げると、雄夜は眉をしかめ、ぐっと唇を真一文字に結んでいた。まるで、静夜と智帆以上に、痛みを堪えるような顔だ。
 ――いや、実際に耐えているのか?
「聞けば答えが手に入るわけじゃない」
 雄夜の低い呟きに、ひどく苦しげな色を見つけて、久樹は胸が抉られる思いがした。
 少年達は特別な能力を持っているが、彼らが特別な人間というわけではない。彼らは普通の少年達だ。普通に笑うし、怒るし、怖がるし、恐れもする。それを久樹は実際に見ている。
 今、双子の片割れと友人達が苦痛に晒されている現状に、雄夜は苦しんでいるのだ。
「悪い」
 久樹に突然謝られて、雄夜が驚く。肩をポンッと叩いて、久樹は鋭い眼差しを土壁の奥にいるはずの邪気に向けた。
 邪気に力を与えたのは、炎。
 それは紛れもなく、久樹自身の力だ。
 久樹は気合を入れる為に、自分自身の頬を手で叩く。
「分かったら教えてくれ。俺の力を、俺が引き出すにはどうしたらいいと思う?」
「……知らない。俺は、気づいたら使えた」
 今度の返事は、ぶっきらぼうではあるが、突き放した返答ではなかった。
 雄夜も、話しが通じない相手ではない。
 突き放していたのは――。
「俺なんだ」
 自覚した瞬間、何か暖かなものを自分の中に見つけた。激しいものではない。静夜に無理矢理封じられた時、失われて行く感触に寂しさを覚えた、あの温もりだ。
「これが炎?」
 初めて、自分の中の炎に出会った気がした。
 暖かな気持ちが漣のように胸に満ちていく。さらに自分の中の炎を感じようと意識を澄ませようとして、久樹はハッと息を飲んだ。
 背筋に走った恐ろしげな予感。
 何が起きたのかと確認する前に、額に冷や汗が伝う。
 視界の端に、何かがあった。
 黒い。黒いもの。
 巧が大地を呼び寄せて作り上げた、土壁の上に。
 ――黒。
「……か…み?」
 人の髪。ずるずると動いて、移動している。
 誰もソレに気づいていない。
 背筋に走る悪寒が強烈なものになっていく。ダメだ。あれはダメな存在なのだ。
『殺すの』
 響いた声。久樹はそれを目撃する。
 土壁の上に現れていた人の顔。二つの目玉がきょとりと動き、久樹を捕らえている。赤い唇がニヤリと笑った。
 炎が急激に引き出されていく。久樹の意思ではない。間違いない、邪気が自分の中の炎を奪おうとしているのだ。
 炎は邪気に力を与える。だから邪気は力を増し、少年達をこんなにも追い詰めている。
 駄目だ。
 自分自身の力が、再び邪気を増幅させる手伝いをするなど許すことは出来ない。
「駄目だっ!!」
 恐怖を跳ね除け、久樹は里奈の中の邪気を睨んで叫んだ。――彼の中で、炎が弾けた。
 
 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.