[第二話 灼熱を逃れて]

前頁 | 目次 | 後頁
No.04 陽炎立つ

 凄まじい音を響かせて、川中将斗は踏み台から転げ落ちた。
「将斗くんっ!」
 突然の出来事に仰天し、咄嗟に一歩下がった立花菊乃が悲鳴を上げる。
 転落の拍子に、踏み台は書棚に衝突していた。おかげで整列させ終わっていなかった棚上部の本が、ばらばらと転落してくる。それが落ちた将斗の上に積もるので、細い悲鳴を再度あげて、菊乃は駆け寄り、本をかきわけた。
「将斗くん、将斗くん、将斗くんっ!」
 菊乃の目には、早くも涙が浮かんでいる。
 虚空を睨んで微動だにしない将斗の肩を、小さな手で揺さぶる。なんだよーと言いだしても良さそうなのに、反応は一つもない。菊乃はわっと泣き出して、立ち上がって保健室へとむかおうとした。
「菊乃っ!」
 突然、将斗が声を張りあげる。
 菊乃の前で殆どあげたことのない将斗の大声に、驚きながら菊乃は振り向いた。
 よろよろと立ち上がりながら、将斗の瞳はある光景を目撃していた。
 瞳が結ぶ映像ではない映像。遠くで起きている、それは現実だ。
 今にも膨れ上がり、はじけそうになった教室内があった。見慣れた机も、椅子も、ぐにゃりと揺れてうつろっている。ゆらりと佇む奇妙な影があった。傍らに、恐怖の色に目を染めている従兄弟の巧の姿がある。
 ――危険だ。
 なにが起きてるのかは分からない。だが、危険であることは痛いほどに分かる。 
「お願いだ、菊乃、康太先生を六年C組まで連れてきてくれっ!」
「こーた先生を、菊乃が、呼んでくるの?」
「頼んだっ」
 不思議がる菊乃の肩を強く握り締めて、将斗はずれた眼鏡を治した。息を大きく吸い込み、脱兎のごとく走り出す。菊乃はぽかんと見送って、思いついたように誰もいない場所に「うん」と答えた。それから図書室を飛び出す。
 階段を飛び降りながら、将斗は走った。
 不可思議な能力を持つ一人である彼は、光を指す場所にいる知り合いの姿を見ることが出来る。能力を完全にコントールすることが出来ない為、何時でも出来るわけではなかった。だが、知り合いが危機に落ちたとき、能力は発動されることが多い。
「巧、巧ーーっ!」
 背筋を、ぞっとするような寒気が走り抜けていく。
 巧が佇む場所で起きている異変は、ひどく冷たい願いを予感させた。
 ”邪気”がおぞましい事には間違いない。だが、”死”により近いものを核とする邪気の冷たさは、他を遥かに超えている。
 巧が死んでしまうと将斗は焦った。
 階段を二段飛ばしで降りて廊下に滑り出る。両側の壁が、ゆらり、ゆらりと奇妙な形で揺れていた。「巧っ!」と声を嗄らして叫び、目的地の扉に手を伸ばす。刹那、将斗の耳はソレを捉えた。
 巧の悲鳴。『知らない?』と響く邪気の声。
 なんと恐ろしい声だろうか。
 耳にしただけで、とてつもない寒さが、聴覚から全身に広がり支配していく感覚。戦慄に息を呑んだ。ここで負けるわけにはいかない。
「うるせーっ! 負けるかっ!」
 気合をこめて叫ぶと、勢いよく将斗は教室の扉に手をかける。巧の状況を見ていたので、熱いのではと考えていた。だが暑さは感じられず、扉は簡単に開いた。
 どっと、倒れこんでくる体。
 壁にもたれる形で意識を失った巧が、支えを失って後ろに倒れたのだ。将斗は慌てて受け止めて、教室内を確認する。


 日差しを受けながら、少年が佇んでいた。
 どこかしら、時代がかった様相の子供。
 栄養状態が悪い。髪はつやを失い、肌はかさついている。何度洗い、そして何度継ぎ接いだのか分からない、ぼろぼろのシャツとズボンを着て、足は素足だった。
 虚ろな眼差しで、少年は外を見ている。
 周囲には赤がある。咲き狂う彼岸花のような赤が、少年の周囲を取り巻いて、散らばっているのだ。
「……お前?」
 意識のない巧を庇いながら、将斗がかすれた声をあげる。佇んでいる少年は初めて将斗に気づき、ゆっくりと振り向いた。
『知ってる?』
 冷たい、それは本当に冷たい声。
 再び背筋を駆け上がる冷たさに、将斗の体がびくりと震える。
 日差しを受けて佇む少年は、彼岸花の赤を従えながら、一歩、一歩、歩き始めた。
 将斗は巧の両脇に手を入れて、教室から引きずりだそうとする。けれど中々上手くいかず、進んでくる少年が接近する速度のほうが早かった。
「将斗くーんっ!! こーた先生に来て貰ったよっ」
 声が響く。共同施設である白鳳館から初等部炎鳳館まで、こんなにも早く往復できたとは思えない。途中で戻ってきたのかと考えた将斗の耳に、もう一つの足音が重なって響く。
 確かに康太も来ている。だが、今ここに菊乃を寄せてしまえば――。
「菊乃、こっち、来るなっ!」
『……きく?』
 少年がふわりと顔を上げた。
 将斗と巧にむかって伸ばしていた足を止め、将斗が見つめる先を見ようとする。
 嫌な予感がした。宿題を忘れた日に限って、当てられてしまう気がするあの瞬間に良く似ている。
「菊乃、ダメだ、こっちに来たらっ」
「え?」
 将斗の突然の拒絶に、心底傷ついた声で菊乃が足を止める。
 ケーキを買いに炎鳳館の前を横切った時に声をかけられて、共に駆けつけてきた康太は、いけないなぁと間延びした声を出した。
「まぁ君、ダメだよー、そんな女の子に冷たいことを言っちゃ。まったく男の子は子供だね。大丈夫だよ、菊乃ちゃん」
 大江康太は白鳳学園の統括保健医で、大江雄夜・静夜の双子の叔父であり、世界で一番能天気な男でもある。
「それにしても、なにがあったんだい? おや?」
 将斗が腕に倒れた巧を抱きこんでいるのに、康太が気づいた。
「たっ君、どうしたんだい!?」
 それなりに焦った声を康太が出す。巧のことは心配なのだが、菊乃を遠ざけねばという思いが募って将斗は返事が出来なかった。更に来るなと叫ぼうとした瞬間、少年に将斗は首を掴まれた。
 ――おぞましい熱。
 血脈から侵入してくる、あまりに激しすぎる熱量。人を焼く実際の炎ではないが、喉の器官は一瞬にて干上がり、将斗は一時的に声を失った。 
 康太と、菊乃が、将斗の目の前に辿り着いてしまう。
 教室の中に佇んだまま、彼岸花の赤を従える少年は菊乃を見た。
 劇的な変化が顔に走る。
 虚ろだった眼差しに、目的を見つけた意思がきらめき、続けて歓喜の色が宿った。
 将斗や巧が持つ不可思議な能力を、康太や菊乃が見ることはない。だが邪気は違う。
 かなりの力を持つ邪気は、一般の者の目にも自らの存在を映らしめるのだ。
「え?」
 菊乃が一瞬にして怯えた顔になる。
 佇む少年は笑顔になったが、その存在はあきらかに異常だった。菊乃は頼る人を求めて、声を出せずに苦しむ将斗の腕にすがる。
「将斗くんっ!」
『――見つけた』
 少年が手を伸ばした。
 伸ばした手が、立花菊乃の栗色の髪に触れる。
 世界一能天気な大江康太も、流石に緊急事態を悟った。
 見かけによらぬ敏捷さを見せて、少年と子供達の間に割って入る。舞姫の時とは異なり、実態は得ていない少年の姿をした邪気は、なぜか一歩後ずさった。変わりに、凄まじい眼差しで康太を睨む。
 康太は少年の眼光を意に関した様子もなく、急いで巧を抱えあげた。将斗と菊乃を促し、教室の外に押し出す。
 少年の瞳は、更なる怒りに燃え上がる。
 つ、と。彼の足が扉の下にある桟を踏んだ。教室から出れないことはないのだ。
「まぁ君、菊乃ちゃん、もっと下がるんだ」
 康太の緊張した声が響くと同時に、少年が教室から飛び出す。あたかも翼を広げた怪鳥のようなシルエットが、廊下を支配した。
 将斗は激しい危機感を覚えて、隣の菊乃を抱き寄せる。
 切羽詰った危機に落とされているのだが、邪気の恐ろしさというものを身にしみて理解しきっていない菊乃は、好きな男の子に抱き寄せられたことで、きゃっと可愛い声を出す。
『――きくえちゃん』
 声。
 影が広がり、闇の濃度が増し、そしてまさに全てが食い尽くされる一瞬手前。
「将斗、巧っ!!」
 駆け上がってくる足音と、耳に心地よく響く柔らかなテノールの声が響いた。
 ざぁ、という波音が、覆い被さってきていたシルエットを駆逐する。広がる水色の世界は何処までも美しく、まるで水族館の中に迷い込んだような気持ちにさせた。
 もう大丈夫だと安堵すると、将斗の目には涙が込み上げてきた。ぐっと奥歯を噛み締める。
 邪気である存在は後退した。
 熱に関連する能力を持つ邪気は、水に弱い。だから水から離れたのだ。だが、水が舞い降りてくる光景に、なぜか少年の顔にはほっとしたような色が浮かんでいた。何故だ思う疑問を発展させる前に、邪気は完全に姿を消す。
 変わりに、階段から紅茶色の髪と瞳の持ち主が姿を現す。
 将斗は抱きしめた菊乃を離すのを忘れたまま、涙の浮かんだ目で、ぎっと睨んだ。
 喉の渇きは失せている。失った声は戻ってきていた。
「静夜兄ちゃんっ! 遅いよっ! 巧、倒れちゃったんだからなー。巧、なんかマズイこと起きてるって思ったんだったら、絶対、静夜兄ちゃん達に言ったろ? なんで、巧、一人で危ないことしてたんだよーっ!」
 堰を切ったように飛び出す声が、次第に鼻声になっていく。
 巧と将斗は二人で組めば超強気のお子様たちだが、単体だと意外に繊細になる。
 意識を失ってしまった巧と、菊乃に危害が及びそうだったことで、今の将斗は完全に混乱してしまっていた。
「ごめんっ。頭がどうにも働かなくって、巧が言ってること、十のうち二つくらいしか理解してなくてっさ! 巧の言ってたことが、イコール危険がくる可能性になるっていうのが分からなかった」
「なんでー? なんで分からないんだよー! 静夜兄ちゃん、頭いいじゃんかっ」
「ごめん! 本当にごめんっ」
 両手を顔の前で拝むようにして、膝を折って視線を合わせながら静夜は謝った。
 なんだか分からないけれど、変なのは見えなくなったねと康太が言って、将斗の腕の中から巧を引きずりだす。
「ああ、完全に熱中症になってる。私はたっ君をつれて、内藤医院に行っているから、落ち着いたらくるんだよ」
「分かった。ああ、昇降口に、熱中症患者第二号が転がってると思うから、それも連れて行ってよ。康太兄さん」
「第二号?」
「智帆。あいつね、ここまで持たなかったんだ。という僕もちょっとさ……」
 肩をすくめてみせてから、静夜はさらに泣き出した将斗の頭を、珍しく甘い表情をして撫でた。将斗と巧は、弟のようなものだという認識が静夜の中にはある。甘やかしても良いときに、とことん甘やかしてしまうのが静夜だった。
 康太は目を細め、ここは大丈夫なようだねと呟く。「しーちゃんも、水を沢山取るんだよ」と言って、巧を背負って廊下を後にした。
「さてと。将斗、頼むから落ち着いてくれ。それに、彼女そろそろ苦しいんじゃないか?」
「……だって。だってさ、静夜兄ちゃんが。……彼女?」
 涙でぬれてしまった将斗の眼鏡をハンカチで拭い、返してやりながら静夜は頷く。
「うん。彼女」
 ふっと、将斗は視線をさげた。見慣れた栗色の髪が、ふわふわと腕の中で飛び跳ねている。
「――うわっ! ごめん、菊乃っ!」
 ばっと離して、将斗は大げさに一メートルほど後退した。
 菊乃は俯いたまま「大丈夫」とか細い声を出す。あまりに声が細いので、問題があったのかと心配になった静夜が顔を寄せた。
「なにかあった? あ、僕は高等部二年の大江静夜。将斗のまぁ……友達なのかな」
「私、立花菊乃です。三年C組です」
 俯いたまま、声も小さいままだが、はっきりと菊乃は答える。
 将斗は菊乃を抱きしめていた動揺から抜け出せずに、壁に張り付いて、口をぱくぱくさせていた。
「それで、大丈夫?」
「うん。大丈夫です。菊乃、別に何もないです」
「本当?」
「あの、ただちょっと吃驚したの。それでね、あのね、お兄ちゃん」
「ん?」
 初めて顔を上げた菊乃に、静夜は柔らかく笑みを向ける。少女のようにしか見えない彼の容姿は、異性に対する警戒心を忘れさせてしまう効果がある。菊乃は顔を赤くしたままにっこりと笑った。
「将人君に、抱きしめられてね。菊乃、とってもドキドキしたの」
「……そうなんだ」
「うん。あとね、お兄ちゃん。ナイショだけどね」
 手招きする。耳を寄せろといわれているのが分かったので、静夜は素直にかがみこんだ。
「泣いてる将斗くんって、可愛いなぁって思っちゃったの」
「……。……そ、そうなんだぁ」
「うんっ!」
 真っ赤に頬を染めたまま幸せそうに笑う菊乃を見て、女の子はませてると静夜は心の中だけで呟いた。とりあえず、そろそろ移動出来るだろうと判断して、立ち上がる。左手を菊乃に差し出し、動揺したままの将斗に右手を向けて手招いた。
「ほら、行こう。とにかく手を打たないと」
「う、う、うん」
 壁からようやく将斗が離れた。手を伸ばしてきて、静夜の二の腕あたりの半袖のシャツをぎゅっと握り締める。
「将斗」
「な、なんだよー、静夜兄ちゃん」
「可愛い彼女でよかったな」
 なんでもないことのように、さらりと言う。からかっているつもりは静夜にはないのだが、将斗を絶句させるには充分だった。しかも菊乃が静夜に話し掛けたので、反論するタイミングがない。
 焦るやら恥ずかしいやらで無口になった将斗を連れて、三人は校舎を出る。
 内藤医院までの距離は遠くはない。ゆっくりと歩きながら、落ち着こうと将斗は考える。
「それにしても、さっきのって……」
 静夜とはしゃいで喋る菊乃を見つめながら、将斗はふと、振り向いた。
 昼を過ぎているが、太陽の威力は全く衰えていない。激しい光に照らし出されながら、初等部炎鳳館は佇んでいる。
「きくえ、って」
 言ってたと呟こうとした瞬間、将斗は驚愕に目を見開く。
 視界に入る全てが、今、まさに陽炎の中に取り込まれていこうとしていた。

竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.