[第二話 灼熱を逃れて]

前頁 | 目次 | 後頁
No.02 屍のない死

 立花菊乃の寝顔は、いたって穏やかに将斗には見えた。
 ペアガラスがぴたりと窓枠にはりついて、外界の音を遮断している。代わりにクーラーの稼動音が、子守唄のように低い唸り声をあげていた。
「幸恵姉ちゃん」
 極力声を落として将斗がかけると、幸恵はなんとか笑みと分かる程度に表情を動かす。
「将斗くん」
 名を呼び、幸恵は将斗に手招きした。
 おずおずと部屋に入っていく子供の姿を見守りながら、久樹は壁に背をつけて、低く息を吐き出す。傍らに佇んでいた爽子が振り向いて、幼馴染を見上げた。
「深刻そうな顔してるね」
「まぁなぁ」
 久樹は携帯電話を取り出すと、使用はせずに手の中で弄ぶ。
「将斗が言うには、やっぱ邪気が関連してるんだってよ。今回のも」
「また?」
「確実らしい。だけどな、見ることしか出来ないからな、将斗は。菊乃ちゃんが危ない目にあって、動揺してる」
「将斗くん、気にしてるんだ」
「そりゃそうだろ。しかも相手は自分を慕ってくれる年下の女の子だ。自分の力で守れなかったら、そりゃあ悔しいだろ」
 我が事のように、唇をへの字に曲げる。久樹の様子を見守っていた爽子が困ったように笑った。
「実感こもってるね、久樹」
「……まな」
「私ね、ちょっと考えることがあるんだ」
 幼馴染みとの間にあった僅かな距離をつめる。
「智帆くんとか、静夜くんが言ってたでしょ。ああいう力っていうのは、同じ能力者でなければ感知することもできないって。そして、久樹は炎だった。――じゃあね、私は?」
「あ?」
 突然の言葉にぎょっとして、久樹は傍らの爽子を見詰める。
 常に毅然としている爽子が、迷子の子供のように見えて久樹は更に困惑した。
「将斗くんは少なくとも視ることが出来る。久樹の能力は炎だって分かってる。じゃあ私は何だろう。そう考えるの。春先からずっとね。あの時全てを助けたくて、久樹の能力は一時的だったとはいえ顕現したわ。でも、私のはしなかった。その時はなんにも思わなかったんだけど、後々になって思ったのよ。なんで?って」
「……潜在的に力を持ってて、一生表に出ない奴もいるって智帆たち言ってたろ」
「うん。でも、潜在的に持ってる力って、逆に言えばきっかけがあれば表に出るものなんじゃないかな。あれって、よく考えなくったって、すごいきっかけだったよね。邪気に乗っ取られた形になった本多さんと一番の知り合いだったのは私。久樹よりも、もっともっと、彼女を助けたいって思ってなくちゃいけないはずだった」
 心の中にためこんだ、今だに形になりきっていない気持ちを、どう言葉にすればよいのか。うまい方法を見つけることが出来ず、焦れて爽子は両手を組んだり開いたりを繰り返す。
「力ってね、あれば凄いよね。で、あればもっともっとって思う。大切な人の危機を見ることが出来る。それだけでも凄いって私は思うけど、将斗くんはそれだけじゃ足りないって思ってるよね。久樹はこんな状態になった時、みんなと一緒になにかを解決する手段を探せるように、力を自在に操れるようになりたいって考えてる。そういうのを望む気持ちって、底がない」
「爽子?」
「ごめん、それが悪いっていってるんじゃないのよ。誰かを守りたくて、だから力が欲しいって思えるってことはね。誰かに解決してほしいって思ってるんじゃなくて、自分で解決したいって思ってるからじゃないかな。だからね、優しいと思う。でもだからこそ怖い」
 言葉を切り、ぎゅっと手を握りしめる。顔をあげ、真摯な眼差しを久樹に向けた。
「力があるってことは、普通の人よりも誰かを守れる力を多く持っているってことよね。でもね、力は力なのよ。守るためだけに存在する力ってあると思う?」
「力を自在に操ってる、智帆だとかの力がそうじゃないのか?」
「でも、破壊も出来るよね」
「え?」
「力そのものに、守りも攻めもないんだよ。ようは使い手の気持ち次第。なにかを守るときには、かわりになにかを壊していることが沢山ある。智帆くんが突風を吹かせれば、それによって手折られる花があるわ。静夜くんが水を呼べば、流される虫たちがいるかもしれない。雄夜くんの式神は、攻撃手段を多く持つの。あのね、久樹」
 眉をぎゅっと寄せ、苦痛を耐えるような表情を爽子は浮かべる。
「覚悟が居るの。普通の人が持ってない力で、何かを守るには覚悟が。それによって傷つくものがあっても、その事実に打ちのめされたら駄目なのよ。ある意味、凄く非情にならなくちゃいけない。私には、将斗くんたちが完璧な攻撃能力をまだコントロール出来なくて良かったって思う気持ちもあるの。だってあの子たちは凄く優しいから。守ることが、他を傷つけることにもなりうるなんて知ったら、打ちのめされちゃうんじゃないかって思う。智帆くんたちが、あえて力を自在に操る方法を教えないのって、そういう事じゃないかな。きっと……特別な力を使って何かを守ることのを怖さを、もう知ってしまっているだろうから……」
「そういう考え方も、確かにあるか」 
 低く答えると、久樹は視線を将斗が消えていった部屋に向ける。
 力が使えず、守りたい相手も満足に守れない。
 そんな状態の将斗がどんなにか辛いだろうと思っていたのだが、力が使えれば使えたで、別の問題も発生してくるとは考えていなかった。
「なんか爽子の考え方ってさ……」
「なによ」
 声に突然におどけた色が入ったので、爽子が警戒して久樹を睨む。
「お母さんみたいだな」
「……産めないわっ!!」
「分かってるって」
「――久樹」
 また、爽子の声に真剣さがこめられる。久樹は表情を切り替えた。
「……私の力が目覚めなかったのがね。自分で解決しようって考えてなくて、誰かに解決してほしいって思ってるからだったらどうする?」
「爽子?」
「あんなに大きなきっかけがあったのに、私は何も出来なかった。――何故って考えていたら、足元がぞっと冷たくなったのよ。私は卑怯な人間だったの? 誰かに守ってもらって、自分が傷つかなければ、誰かが傷ついても良いって考えているのだとしたら?」
「そんなことを考えてるのかよ、爽子」
 久樹は穏やかな笑みを浮かべ、問いかける。
 子供のように強く、爽子は首を振った。
「思ってないわ。思ってないと思う。私だって力があるのなら、守りたいの。誰かが傷ついてるのに、自分だけが守られてるなんて嫌よ」
「俺が知ってる爽子は、そういう奴だよ」
「そう……思ってくれる?」
 珍しく吐き出された、幼馴染の弱い言葉。
 真剣に答えずに逃げれば、一生後悔する羽目になる気がして、久樹は表情を改めた。
「勿論」
「ありがと」
「しっかし難しいよな。力があったほうがいいのか。力がないほうがいいのか」
「そう思う。本当、難しいわ。でも、とにかく――守りたい人のことは守れた方が良いのよ。それがどんな手段でもね」
 目を細めて囁いて、爽子は視線を久樹が手の中で弄んでいた携帯電話に落とした。
「それでどうするつもり? 答えは出た?」
「なんだ、ばれてたのか」
 突然の言葉に驚く様子もなく、久樹は苦い笑みを浮かべる。
 邪気による障害が発生すれば、対応手段をもたぬ久樹は相談するしかない。だが、常に年下の高校生たちに頼る現実は、ひどく惨めで、すぐに連絡を取ろうとは思えなかったのだ。
「このまま取り返しのつかないことが起きたら、あいつらはあいつらなりに守れなかったって悩むだろうからな。しばらくは面倒かけるしかないってことだよな」
「うん。そう思うよ」
「了解。俺はあいつら呼ぶからさ、メシを完成させておいてやってくれ」
「まかせてっ」
 明るく笑って、爽子はキッチンへときびすを返す。久樹は迷いなく、秦智帆の携帯番号を呼び出して掛けた。


 丹羽教授と本多理奈と別れ、閉ざされた炎鳳館の内部を探る方法はないかと、智帆、静夜、巧の三人は思案していた。
 それを白梅館に向かっていた大江康太が見つけて、足をとめる。
「しーちゃんたち、ここで何してるんだい?」
 まだ寝ていないと駄目だよという含みが、声にこめられていた。
 静夜はゆっくりと振り向き、叔父の康太を確認する。簡単な診療具の入った鞄に気づき、尋ねようと声を出すより早く、横手で間抜けな音が上がった。
 携帯の着信音だ。
 気勢をそがれた静夜が隣をみやる。智帆はごそごそと携帯を取り出した。
「智帆、なんで三分クッキング?」
「久樹さん専用着メロ」
 聞くか?と、智帆は携帯を静夜の耳元へと伸ばす。大げさに静夜は眉をひそめた。
「……それより、早く出なよ」
「それもそうか」
 ようやく着信ボタンを押す智帆を見やりながら、少しだけ怒っている康太の前に巧が走り出す。普段は暢気な保健医である康太だが、生徒が無理をすると怒ることを、巧は良く知っていた。
「元気になったから、帰ろうと思ったんだ。将斗の奴さ、一人にしたら外からお化けがっ!! とかいって寝れなくなりそうだしさ」
「んー? 本当に元気になったのかい?」
「うん。ほら、顔色いいでしょう?」
「そうだねぇ。確かに顔色はいいみたいだ。仕方ないなぁ、町子さんには後で言っておくよ。まーくんがねぇ、幽霊が怖いんじゃ仕方ないかぁ」
 どうもずれている返事をしつつ、康太はうんうんと顎を引く。
「内緒だけど、あいつ、心霊番組見ると夜トイレに一人でいけなくなるんだよ」
「そうだね。そういうテレビを見ると、夜に一人でトイレにいくのはちょっと嫌になるよ」
「大人なのに……?」
「ダメだよ、たっくん。大人と子供を区別しちゃ。怖いものは、大人になったって怖いんだ。むしろ怖いものって、大人になると増えていくよ」
「ふ、ふーん」
 本当はよく分かっていないのだが、康太の奇妙な説得力に巧は首を引く。その後で少し考え込んで、くるりと大きな瞳を動かした。
「こーた先生、まさかそういう時、トイレ誰かに一緒にいってもらうの?」
「やだなぁ、僕は一人暮らしだよ。誰も一緒にきてはくれないんだよね。だから、歌いながら行くことにしてるよ」
「近所迷惑な気が……」
「そうかなぁ? 別に怒られたことはないよ。ちょっと壁をたたく音が聞こえるだけだよ」
「それ、むっちゃ怒ってるんだと思うよ。こーた先生」
「あれ? そうだった? じゃあ今度、ケーキでも持ってお詫びに行くとしようかな」
 どんなケーキが良いだろうねと、うきうきとした表情になった康太の前で、智帆の顔色が変わる。
 前頁 | 目次 | 後頁

竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.