[最終話 閉鎖領域]

前頁 | 目次 | 次頁
それはまるで地鳴りのような
魔、来たりて No.02
とてつもない音を伴ってもたらされた、変化だった





 裏門から続く道を進み、寮生達の自宅である白梅館の前を抜け、大学部水鳳館が視界に入ったあたりで、久樹と爽子は喧騒を拾っていた。
 人と人の声が折り重なることで生み出された、耳障りな凄まじい音だった。
「なに、これ!?」
 爽子が繋いでいないほうの手で耳を押さえる。久樹は目を細め「なんか生徒達が集まって、もめてる? 違う、なにか取り囲んでるのか?」と返した。
 大学部水鳳館から、共同施設である白鳳館への道は、なにかを取り囲んだ群集のせいで完全に閉ざされている。
 先に走っていったはずの少年達はどうしたんだ?と思って、久樹はハッと息を呑んだ。
 ――囲まれているのは、彼らか?
 脳の隅、耳の奥から蘇って響いてくるものがある。
 それは儀式のように毎日繰り返されてきた、呪いに似た弾圧の声だ。
「ま、さか」
 声が震えた。
 その音に気づいたのだろう。誰かが「あ」と言って目を丸くした。
 噂があった。
 学園には異端があり、異端を呼ぶ存在がおり、それは織田久樹と斎藤爽子であるのだと。
 ――だから、人々は異端を呼ぶものを排除した。なのに今、学園は異端の中をたゆとっている。
「あ、んたたち、はっ」
 ぽかんと開いた口からこぼれ落ちた音は、決して大きくはなかった。
 けれど、それは、やけにはっきりと響いたのだ。
 え?と、誰かがいう。
 なんだ、と他の誰かが答えた。
 学園にある多くの者たちが目撃者となった事件の被害者と認定された秦智帆たちに群がって、まるで巨大生物のように固まっていた人々が、めいめいに反応していく。
 ざわ、ざわ、ざわ。
 吐息のように、ため息のように、呟やかれる小さな声が重なって、激しい潮騒に似た響きとなり広がっていく。
 くるり、と。
 塊ではない群れが、一つ、また一つと、振り向いては口を開く。
 ――こんなのは人間じゃない。
 久樹は不意に思った。
 一人一人が違う人間の集まりであるはずなのに、それらは同じ存在にしか見えない。
 違いがわからない。久樹にはすべてが同じで、だから空っぽで、色さえも同じにしか見えない!
 だからそれは、群集ではなく、たった一つの塊なのかもしれなかった。
 塊はもう聞きあきてしまった呪いをつむぐのか?
 それとも哀れなフリをして、助けてくれと叫ぶのか?
「なんなんだよ」
 腹の奥底で、ドロリとしたなにかがふつふつと沸きたっている。
 それはおそらく二人して傷つけてしまった智帆たちへの思いのあまりに、抱き忘れていた感情だった。
 憤りであり、怒りであり、憎しみである。
 ――なぜ、自分たちがこんな目にあうのか?
 ――なぜ、助けてきたというのに、何も知らないやつらに排除されなければいけないのか?
 久樹は昔から、争いごとを自ら好んだりしなかった。
 けれどもとより炎とは、浄化と再生をもたらすと同時に、恐ろしき破壊をもたらす”暴君”の性質を持つ。
 群集をなだめるべく苦心していた大江静夜は、水を波立たせる気配に眉を寄せる。
 慌てて顔をあげれば、同じ気配を察しとって目を細めた智帆と目があった。
 ――炎が暴発する。
 同時に危険だと認識して、少年たちは炎を抑え込むべくそれぞれの能力に意識を研ぎすませた。
 その時、だった。


 とてつもない、まるで聞いたこともないような、サイレンの音が響き渡ったのは!


 続けて、学生課の課員と思われる女性の声が響く。
『全校生徒に連絡します! 炎鳳館、風鳳館にて火災が発生しました! パニックは起こさないでください! この放送を聞いた教職員たちは、校舎外にいる生徒たちを誘導し、火災が発生した校舎に近寄らせないようにしてください!!! 繰り返します、教職員たちは生徒たちの誘導を! 連絡が取れるように、白鳳館前に集まってください!!』
 パニックを起こすなと訴える女性自身が、おそらく一番パニックに襲われている。
 声に落ち着きがない。震えて、掠れて、ひどい状態だ。
 小康状態をたもっていた邪気たちが、織田久樹の”炎”をトリガーとして、一気に活動を開始しただろうから、当然の反応といえばそうかもしれないが。
 不安は伝染する。
 生徒たちが無意識に抱いている、学校が守ってくれるから大丈夫だという、根拠などない安心感を打ち砕きかねない。
「逆効果だ」
 いつの間に久樹の側にいたのか。
 黒ずくめの衣装をまとう大江雄夜の、低い懸念の声が聞こえた。
 暴発しかけた気勢をそがれてぽかんとしていた久樹は、雄夜の低いささやきにうまく反応できなかった。
 心配そうな顔の爽子を見やり、浅く早い呼吸を繰り返しながら、なんとか冷静を手繰り寄せていく。
「逆、効果?」
 雄夜の言葉を復唱した。
 たしかにパニックは連鎖するものだ。引き起こす人の数が多ければ多いほど、生み出される反応は大きくなり、最終形態が惨劇になることだってありえる。
 たしかに周囲の気配はすでにどこかおかしかった。
 毛穴をすぼませ、逆立てさせてくるこの異様な空気は、邪気がのそりとうごめくソレにひどく似てさえいる。
「パニックに引かれて、邪気がくるのか?」
 情けないほどにかすれきった声で尋ねれば、漆黒の少年でなく爽子が首を振った。
「この場には活性化した邪気はいないわ」
 斎藤爽子の能力は、能力を利用するも奪い去るも自由に行う支配の能力であり、その対象は”人間”に限定されない。
 爽子の能力の強さと、許容できる能力の質量、距離の問題はあるが、”邪気”の支配さえ可能なのだ。支配できるということは、支配対象の有無がわかるということでもある。
「なら、これは」
「知識は与えられたきたものにすぎなかったけれど、今までのことで確信してることもある」
 透明な声が、突然に横を通り過ぎる。
 驚いて視線をめぐらせば、久樹と爽子の横を駆け抜けた静夜と智帆が、立ち止まって目を伏せたのが見えた。
「二人の力が織物のようにあわさっていくわ」
 綺麗、と吐息のような呟きを爽子が落とす。
 風と水の異能力が合わさる光景は見えないが、久樹もはっきりと感じていた。
 大江静夜は同調する能力が高いので、他者の異能力に合わせることは今までもあった。けれどこれは違う。水が風に同調するのではなく、水と風が完全に対等な状態であわさっていくのだ。
 特徴的なココアブラウンの髪が風になぶられている。智帆は風の中で伏せた目をゆっくりと持ち上げた。
 翠色がそこに宿っていた。
 爽子が息を呑む。久樹は恋人の手を強く握り、皮肉屋の友人をじっと見つめた。
「違う」
 命の限界を突破するときに見せた、魂をもやしつくす激しさで発光していた、あれではない。これはもっと穏やかな変化だ。
「限界が突破されてるんじゃない。爽子が干渉している結果でもない。この変化は」
「……うん。わかるわ、能力があがっているんだと思うの。きっと本当の意味で能力を受け入れたんだわ。今の智帆くんを支配するなんて、私には無理。ううん、きっと智帆くんだけじゃない」
 視線を移せば、翠の眼差しに見守られているもう一人も、落としたまぶたをあげていくところだった。現れるのは、どこまでも穏やかな青。
「邪気を作り出すのは、人が産み落とす激しい感情であることに間違いない」
「そしてここは閉鎖領域。人が異端となり、邪気が正常となる世界。正常は常に、異端を排除しようとする」
 だから、と二人の声が合わさると同時に、織り成された力が一気に解放された。
 パニックの連鎖によって、学園を走り回るモノ以上の”邪気”を生み出そうとしていた生徒たちの目に冷静が戻っていく。
 智帆と静夜の視線が、久樹に向けられた。
 その動きに触発されたのか、パニックを鎮められたばかりの生徒たちも身体を向けてきて、視線が久樹に集中する。
 視線は、形を持たないけれど。
 意思を持ち、熱を伝える。――感じとったのは、どこまでも深い不安と恐怖だった。


 彼らに排除されそうになった。
 だから憤り、憎悪した瞬間が、先ほどあったのは確かに事実。
 けれど思い出すこともあった。
 久樹が白鳳学園に戻ってきたばかりの、保持する能力に気づいてもいなかった頃。当然事件を招いた当事者の自覚などなく、能力を自覚する年下の友人たちに八つ当たりをして、迷惑をかけずっとかばわれてきた。
 守られてきたのは自分達。
 異端から守られなかったのは、異端ではない普通の人々。


「俺は」
 気持ちを固めるために呟いた。
 排除されたから、排除し返したかったのではないと、今ははっきりと言える。
「守るんだ」
 目の前にたたずむ少年二人が、少し笑ったように見えた。
 右手と左手がやわらかい子供の手の感触に包まれる。
 見れば、左右に中島巧と川中将斗がいた。
「久樹」
 爽子の声がする。
 どん、と強く背を押してきたのは、いつも言葉少ない大江雄夜なのだろう。
「助けてみせる!」
 腹の底から大声を出した。
 集まっていた生徒たちがぎょっとしたのが分かった。
 異端を呼ぶ者だと思われた久樹と爽子がいない場所で、学園は閉鎖領域となった。異端を呼ぶ者ではなく対処する者だと考えだしたというなら、むしろ好都合だ。
 ここでは一般人も邪気や異能力を見ることが出来る。ならば目撃し自分達を特別な存在だと思えばいいのだ。救世主だと、思いたいなら思えばいい。
 炎を呼び、一気に周囲にめぐらせる。
 静夜の水の結界とはまた異なる、浄化をもたらす炎。それが周囲を取り囲み、この場にある人々をまもる篝火となる。
「この炎がある間は、誰も襲ってはこれない。大丈夫だ。だから」
 両手を取っていた子供たちが、心得たように走り出した。
 久樹もつられて走り出す、爽子と雄夜がついてきているか、確認もしなかった。
「助けるんだ! 俺たちが持つ”異端”である”力”で! すべてを助けるんだ!」
 胸のつかえが取れていく。
 ただ助けたいと願っていた自分の心が、ようやく分かった。
 噂を恐れ排除を怖れていた少年たちが、なぜ自分達を見捨てようとしなかったのかも。


 助けたかったのだ。
 ただ、それだけ。

 
 これだけを理解するのに、こんなにも時間がかかってしまったことが悔しい。
 
 
 前頁 | 目次 | 次頁
竹原湊 湖底廃園
Copyright Minato Takehara All Rights Reserved.